これは欲しい!フィンエアーのビジネスクラスでもらえる「マリメッコのポーチ」

ファーストクラスはエアラインの顔!

食事やシートのゴージャスさばかりに目が向けられがちだけど、アメニティキットにだって各航空会社のプライドが垣間見えます。

実際にお目にかかる機会はなかなかない。でも、調べてみるとどれもこれも相当イケてる。たとえば、フィンエアーのポーチはこんな感じ!

©フィンエアー

とはいったものの、フィンエアーにファーストクラスは存在しません。ここで紹介するのは、ビジネスクラスで配られるアメニティポーチ。〝特別枠”を設けてまで取り上げたかったわけは、記事を読み進めてもらえばわかる!

フィンエアーのアメニティといえば、ご存知「マリメッコ」です。が、このポーチは見たことがないはず。日本路線に6月末までに導入される予定の新作ですから。

ポーチとアイマスクには、マリメッコのもっとも象徴的なデザイナーの一人であるマイヤ・イソラが1960年代に創作した4つの柄を新たに採用。これまでよりもシックな色使いで、ユニセックス色が高まった印象。男性にとっては使いやすいデザインになったから、旅行後もパートナーとシェアできる!

©フィンエアー

それぞれ配色は2種類、計8パターンもあるわけですが、今後も半年ごとに新しいデザイン2種類ずつを導入し、入れ替えを図っていく予定。乗客としても常に新鮮な気持ちで搭乗できるし、なにより収集欲をくすぐられます(笑)。

ポーチと同柄のアイマスクは、ソフトタッチのファブリックと高品質のストラップを採用することで、装着時の負担をこれまでよりも軽減。耳栓も遮音性が向上されているそうですよ。

これだけでもう大満足ですが、スウェーデンの天然オーガニックスキンケアブランド「ラ・ブルケット」のリップクリームとフェイシャル・ハイドレーターでダメ押しです。

Top image: © フィンエアー
ファーストクラスのアメニティを集めました。第一回はルフトハンザドイツ航空です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
オーストラリア出身のAlex Jacquot君は、10歳ですでに「Oceania Express」という名の航空会社設立の構想を練っているそう。いろいろ試...
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
機能的でタフなバックパックに定評のある「Aer(エアー)」ですが、こんなプロダクトも出してます。
『ムーミン』の故郷であり、神秘的なオーロラも観測できることから、観光において根強い人気を誇る国、フィンランド。そのフラッグ・キャリアであるフィンエアーおよ...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
イギリスのトーマス・クック航空が「Sleeper Seat」を販売します。5月13日から、エコノミークラスでも横になって寝れるようになるんです。3席を贅沢...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?