「ルフトハンザのアメニティポーチ」が、旅行後も活躍する理由

ファーストクラスはエアラインの顔!

食事やシートのゴージャスさばかりに目が向けられがちだけど、アメニティキットにだって各航空会社のプライドが垣間見えます。

実際にお目にかかる機会はなかなかない。でも、調べてみるとどれもこれも相当イケてる。たとえば、ルフトハンザのポーチはこんな感じ!

©ルフトハンザドイツ航空

これまでルフトハンザのファーストクラスといえば、「リモワ」とのダブルネームポーチが代名詞でした。でも、昨年5月以降は新しいアメニティが配られています。

その名も「ウィンザーアメニティーキット」。右が男性用、左が女性用です。

じつはこれ、英・業界専門誌『オンボード・ホスピタリティー』の読者1000人が選ぶ「オンボード・ホスピタリティー・アワード2018」のベスト・フォー・ファースト部門で1位に選ばれたという輝かしい実績の持ち主。

モダンかつエレガントな作りもさることながら、注目してほしいのは写真中央。

女性用にはストラップが付いてます。取り付ければ、ハンドバッグやクラッチバッグとして利用可能。ちゃんと旅行後の使用が想定されているのは、ユーザーとしてもありがたい!

ケア製品はスイスの高級ブランド「ラ・プレリー」です。

Top image: © ルフトハンザドイツ航空
旅のフライトが快適になるヒント!
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
先日、ニューヨーク市マンハッタンにある「グランド・セントラル駅」に“世界でもっとも高価なインスタレーション”が設置。一見、ただの紙切れが渦巻いているように...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
米「CIA」がUFOに関する機密情報を公開した。このたび公開された700を超える文書は、機密ファイルがまとめられているサイト「The Black Vaul...
ドイツを拠点とする航空会社「Lufthansa(ルフトハンザ)」が、アップグレードプラン「Sleeper’s Row(スリーパーズ・ロー)」を導入した。エ...
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
「YSL Beauty(イヴ・サンローラン・ボーテ)」が今月発表したのは、1本でどんな色の口紅でも作り出すことのできるスマートデバイス「Rouge Sur...
イスラエル発、元軍人が開発したソロテント「RhinoWolf2.0」。
食用に適さない古米や砕米を配合したホテルアメニティ商品が発売。SDGsの観点からも、既存の製品では世界の潮流にそぐわないと考えた「山陽物産株式会社」が、生...
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
ドイツ航空会社大手「ルフトハンザ」は、より多くの人に選挙への関心を高めてもらうため「#SayYesToEurope 」というキャンペーンを開始。キャンペー...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
アメリカ、フランス、中国など世界の12の国と地域の人々の間では、終息後に訪れたい旅行先として日本がもっとも人気だという。