「ルフトハンザのアメニティポーチ」が、旅行後も活躍する理由

ファーストクラスはエアラインの顔!

食事やシートのゴージャスさばかりに目が向けられがちだけど、アメニティキットにだって各航空会社のプライドが垣間見えます。

実際にお目にかかる機会はなかなかない。でも、調べてみるとどれもこれも相当イケてる。たとえば、ルフトハンザのポーチはこんな感じ!

©ルフトハンザドイツ航空

これまでルフトハンザのファーストクラスといえば、「リモワ」とのダブルネームポーチが代名詞でした。でも、昨年5月以降は新しいアメニティが配られています。

その名も「ウィンザーアメニティーキット」。右が男性用、左が女性用です。

じつはこれ、英・業界専門誌『オンボード・ホスピタリティー』の読者1000人が選ぶ「オンボード・ホスピタリティー・アワード2018」のベスト・フォー・ファースト部門で1位に選ばれたという輝かしい実績の持ち主。

モダンかつエレガントな作りもさることながら、注目してほしいのは写真中央。

女性用にはストラップが付いてます。取り付ければ、ハンドバッグやクラッチバッグとして利用可能。ちゃんと旅行後の使用が想定されているのは、ユーザーとしてもありがたい!

ケア製品はスイスの高級ブランド「ラ・プレリー」です。

Top image: © ルフトハンザドイツ航空
他の記事を見る
電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
ファラーズのトフィー&ファッジは、1840年に生まれた歴史のある味で、甘みと独特な風味が特徴。エリザベス女王にも長年親しまれていたというお菓子です。
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
「こんなオイシイ仕事あるの?」と思うような求人情報が話題となっています。採用された人は、仕事始めと終わりにスウェーデン・ヨーテボリの駅「Korsvägen...
1854年創業のフランス流紅茶専門店マリアージュ フレールのウェディングコレクションにある、紅茶と、紅茶のジャムがセットになった贈りものです。
NASAとESA(欧州宇宙機)が研究目的である募集をかけています。これ、金額だけ見ると割がよすぎて話題となっているんですが、約2ヵ月の間、ずっとベッドの上...
「LORINZA(ロリンザ)」のトラベルポーチは、朝の時短に役立ちます。
外国に行って複数の都市を豪華客船で巡る「海外クルーズ」をオーストラリアでしてきたんですが、思い出としては「ロイヤルな英国旅!?」をしてきたって感じ。
ここは、カクテルを飲む習慣がない人にこそ行って欲しいお店。恵比寿の名店「Bar TRENCH」です。このお店のメニューには、ジントニックやモヒート、マンハ...
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第三回はエミレーツ航空です。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第五回はエールフランスです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第四回はスイス インターナショナル エアラインズです。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第六回はフィンエアーです。
現在ルフトハンザグループで利用できる電子タグ「BAGTAG」。これをスーツケースに付けるだけで、自宅で手荷物のチェックインができるようになるんです。
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
香港にある「TUVE HOTEL」のアメニティが、LE LABOのものなんです。
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...