エコノミークラスで、ファーストクラスよりも映画を満喫するアイデア

「飛行機の中で映画を見ていたら、目が痛くなってしまった」なんて経験をしたことがあるのは、僕だけではないはず。画面の近さが関係しているのだろうだけど、離れて見ることはほとんど不可能といっても、過言ではないでしょう。

ここで紹介するモノは、新しいかたちのホームシアターとして主に紹介されていますが、機能を考えたら、飛行機の中での“悩み”を解決してくれる予感がします。

飛行機の中でも
400インチの大画面を楽しめる

46063842345615366214633329262592

ホームシアターのような大画面を映し出してくれる「Cinego」は、ヘッドセットタイプのデバイス。ディスプレイが現れるのは、20m先で、そのサイズは400インチなんだとか。これを使えば、映画館さながらの体験ができることでしょう。

加えて、映画やドラマを本体に32GBまで保存することができるので、オフラインでも利用できるようです。そして、最高で4時間半も稼働してくれるとのこと。

これらのスペックがあるからこそ、飛行機の座席で活躍してくれると思ってしまうのです。だって、画面も近すぎることはないし、ネットがなくても動いてくれるし、2本分の映画が観れるし。

さらに、目の保護のために、ある程度のブルーライトをカットしてくれるとのこと。エコノミークラスだとしても、ファーストクラスに乗っている人以上に、映画を楽しむことができそうです。

ちなみに、視力を調節する機能もあるので、目が悪い人でも大丈夫みたいですよ。

Licensed material used with permission byCinego
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
どれだけ胸が高鳴る海外旅行とはいえ、エコノミークラスの座席で10時間を超えるフライトは、やっぱりしんどい。でも、ビジネスクラスの金額は出せないけれど、横に...
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
今イギリスを中心に注目されている映画『The Moment』。内容が、というよりも表現方法が全く新しいからなんです。
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
飛行機で長時間眠れない子どものために開発された「Fly Tot」。ふかふかのクッションですが、背もたれに使うわけでも、抱いて使うわけでもありません。
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
私はANAの客室乗務員として、ファーストクラスを含めたさまざまなお客様の接遇を担当してきました。お目にかかってきたたくさんの一流の方々を見ていると、不思議...
「もう、死んでもいい…」もしかしたら、本当にそんな気分になっちゃうかもしれません。ファーストクラスよりも、はるかにこっちに乗ってみたい!そう思わせる極上ス...
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
逗子海岸映画祭に込められたメッセージ ~ Why we play with earth ~ 「逗子海岸映画祭」とは、国内外の優れた映画を、海岸という絶好の...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
パーソナルスペースを作ってくれて、風避けとしても活躍してくれるパーカーのフード。頭が覆われるので安心感を得られるメリットも。「HoodiePillow」は...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
ネットフリックスが、10月31日、オンライン配信をする前に、オリジナルの新作映画を劇場で上映すると発表しました。
野外映画祭やレストラン併設シアター、動く映画館など、今いろんな形で映画を楽しむ機会が増えています。ここテキサス州・オースティンにも、少し変わったムービーシ...
デヴィッド・リンチ。映画を愛する人なら、誰でも彼の作品を観たことがあるはずだ。本作品『デヴィッド・リンチ:アートライフ』では、彼のインタビューや家族の写真...
今回紹介するのは、会場ではなく上映する「作品」に、あるテーマを持たせたもの。なんでも、「食」にまつわる作品ばかりを、世界中からセレクトしているのだとか!
TABI LABOライターのJeff Kidoが、古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。1分で読める記...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.57
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
ジャケット写真も、出演者の情報もない。たったひとつのセリフだけをみて、心に刺さった作品を選んでみる。