毎日大量に余るファーストクラスの「機内食」を空腹の人のもとへ

日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量のおよそ1/3にもあたるそうです。

そんななか、オーストラリアの「OzHarvest」という団体の活動が注目されています。

手つかずの「機内食」を
無料で配布

その活動の秘密は、飛行機の「機内食」にありました。フライトのキャンセルや変更などで手つかずとなった食事を慈善団体へ寄付するというもので、活動は2004年から続き、これまで200以上の団体へ支援してるのだとか。

食事の中身はファーストクラスに提供されていたもので、サンドイッチやリンゴ、ミューズリーバー、ビスケットなど。

「OzHarvest」のクイーンズランド州マネージャー、Cameron Hickey氏はABCニュースのインタビューにこう答えています。

「私たちが集めているのは、開封すらされていない食事です。それらは十分食べることができ、再配布が可能なもの。ファーストクラスには手つかずの美味しい食事がたくさん余っていて、それはサプライチェーンに沿って過剰な食事が提供されていることも意味しています」

この活動により、ブリスベン空港では1日200kg〜400kgもの食料が廃棄されずに済んでいるそうです。また、食料のピックアップには2台の車を使っていて、2時間以内には慈善団体のもとへと届く仕組み。

大切なのは
気づいてもらうこと

また「OzHarvest」は、自分たちの活動はあまり長く続かないほうがいい、とも言います。なぜなら自分たちは「過剰なムダがあることを示し、航空会社がそれに気づき効率的になるならば、それでいい」と。「そうなったら、また他の業界に移ります」というのが彼らのスタンスなのです。

また今後は機内食だけでなく、空港全体の食料廃棄削減も展開していく予定だとか。

Licensed material used with permission by OzHarvest
Reference:ABC News
フィジー航空ではビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上で提供するサービスを始めた。このサービスの背景には意外な事実が......。時代と共に変化するニー...
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
テクノロジー企業「AŌ AIR」によって開発された空気洗浄マスク型ガジェット「ATMŌS」は、通常のマスクの50倍の効果があるという高性能フィルターを通さ...
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
グッドデザイン賞も受賞したフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」が「東京農業大学」の「学食」に導入される。国内初の試み。「フードロス削減」は...
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
渋谷区神南1丁目に1月18日ソフトオープンをしたのは、食事やアートを楽しみながらゆっくりとお茶の魅力を堪能できるミニマル複合施設「JINNAN HOUSE...
マレーシアに本部を置くLCC「エアアジア」は、人気の機内食を誰でも手頃な価格で食べられるレストラン「Santan Restaurant and T&CO ...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
名鉄の電車の音より「1/fゆらぎ」を詰め込んだリラックスミュージック「Rail Yell」。がんばる受験生に向けた鉄道会社からのエールです。
「Impossible Foods」が開発した偽の豚挽肉は、100%植物性であるうえにハラールやコーシャにも対応。実際に食べた人のレポートでは「驚くほど本...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
全国のパンをお取り寄せするサービスを展開する「rebake」は、パンのフードロスを減らすべく活動。rebakeで廃棄前のパンを購入するとフードロス削減に貢...
未来のタンパク源「昆虫食」を、アフリカ伝統食をヒントに再構築した「いもむしゴロゴロカレー」の紹介です。
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。