毎日大量に余るファーストクラスの「機内食」を空腹の人のもとへ

日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量のおよそ1/3にもあたるそうです。

そんななか、オーストラリアの「OzHarvest」という団体の活動が注目されています。

手つかずの「機内食」を
無料で配布

その活動の秘密は、飛行機の「機内食」にありました。フライトのキャンセルや変更などで手つかずとなった食事を慈善団体へ寄付するというもので、活動は2004年から続き、これまで200以上の団体へ支援してるのだとか。

食事の中身はファーストクラスに提供されていたもので、サンドイッチやリンゴ、ミューズリーバー、ビスケットなど。

「OzHarvest」のクイーンズランド州マネージャー、Cameron Hickey氏はABCニュースのインタビューにこう答えています。

「私たちが集めているのは、開封すらされていない食事です。それらは十分食べることができ、再配布が可能なもの。ファーストクラスには手つかずの美味しい食事がたくさん余っていて、それはサプライチェーンに沿って過剰な食事が提供されていることも意味しています」

この活動により、ブリスベン空港では1日200kg〜400kgもの食料が廃棄されずに済んでいるそうです。また、食料のピックアップには2台の車を使っていて、2時間以内には慈善団体のもとへと届く仕組み。

大切なのは
気づいてもらうこと

また「OzHarvest」は、自分たちの活動はあまり長く続かないほうがいい、とも言います。なぜなら自分たちは「過剰なムダがあることを示し、航空会社がそれに気づき効率的になるならば、それでいい」と。「そうなったら、また他の業界に移ります」というのが彼らのスタンスなのです。

また今後は機内食だけでなく、空港全体の食料廃棄削減も展開していく予定だとか。

Licensed material used with permission by OzHarvest
Reference:ABC News
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれは...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
2017年の「fake news(フェイクニュース)」につづき、イギリスのコリンズ英語辞典が選んだ2018年のワード・オブ・ザ・イヤーは「single-u...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
ファーストクラスに一度で良いから乗ってみたい!と思うのは、誰でもあるはず。そんな願いを叶えてくれるのがGod Save the Pointsというブログを...
世界的な課題とも言える大量の廃棄物は、さまざまな形の「リサイクル」となって、解決の一歩を踏み出そうとしています。ここでは、ファッショナブルなものから斬新な...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
シェルターやその他の不幸な環境から救助された子犬・子猫を自宅やオフィスへ派遣してもらえるサービス『Rescue Time』の是非を巡って、ここ数日、アメリ...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
アメリカ国内線LCC「JetBlue」が、搭乗客には内緒のあるサプライジングな企画を実施しました。30,000フィートの上空、機内に自分がいるつもりになっ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...