ANA「果物だらけ」の機内食。深夜出発便で断然オススメ!

機内食をもっと楽しみたい!

旅先へと向かう高揚感を引き上げるのに、いかに空の上の食事を満喫するかも重要なファクター。では? 有名シェフとのコラボにご当地メニューなど、百花繚乱の機内食ですが、あえて推すのは航空会社ごとに用意された特別機内食。

たとえばこんな使い方。機内食をデザート感覚で楽しむ。

メインも副菜もデザートも
すべてフルーツの特別食

©ANA

深夜時間帯に日本を出発する際、すでに地上で晩ごはんを済ませていることの方が多いですよね。ちょっと小腹を満たしてあとはぐっすり眠りたい。こういうケースでがっつり系の料理が出てきても、結果的に手をつけられず残してしまったり。

ならばここはもう決め打って、機内食はデザートと位置付けるが正解。

そんなケースでこその特別機内食がこの「フルーツプラッターミール」です。見ての通り、すべてが果物。本来はフルーツ中心の生活を送るフルータリアンのための特別食。ですがもちろんオーダー可能です。ひと眠りした後で、コーヒーと一緒にライトな朝ごはんなんてチョイスでもいいかも。

機内食にも進むグローバル対応

ここ数年、増加する訪日外国人旅行客の多様なニーズに合わせるように、空の上の食事もグローバル対応やヘルシー志向が進んでいます。ここでは、ANAの特別機内食の中より、宗教的な理由からお肉を食べない人に配慮したメニューを紹介します。

普段あまり口にする機会の少ないハラール食をはじめ、厳しい戒律のうえに作られた料理に触れてみてはいかがでしょう?

©ANA

たとえば牛肉を食べない「ヒンズー教徒用ミール」(写真上)は、スパイスが効いたカレーが中心。

写真は一例ですが、ジャスミンライスを真ん中にトマトのチキンカレー、レンズ豆のカレーのハーフ&ハーフ。もちろん、調理の際にアルコールを使わないところも、きちんと宗教上の約束事に準じています。カレーに目がない人はぜひ。

©ANA

さらに、非日常空間だからこその食体験もできる!

宗教対応の食事はまだまだ他にも。ハラール認証を受けた「イスラム教徒用 / モスレムミール 」(写真上)や、動物性の食材に加え根菜も使用しない「ジャイナ教徒用ベジタリアンミール」(写真下)など、普段あまり口にしない異郷の料理にチャレンジするのもいいかも。

©ANA

ちなみに「ユダヤ教徒用ミール」(写真下)は、ユダヤの掟によって調理され、祈りを捧げられた食事で、その証明となるシールを切らずに提供されています。中身は……機内でのおたのしみ!

©ANA

※特別食はどれも事前申し込みが必須。利用便が日本発の利用便は出発の24時間前まで、海外発の場合は48時間前までのオーダーを忘れずに。
※写真はすべてイメージです。

Top image: © ANA

おすすめ記事

他の記事を見る
インスタ映えをとるか、VIP待遇をとるか……。
今年、カリフォルニアとフロリダでオープンする、『スター・ウォーズ』をテーマにしたエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」。ここに誕生予定...
僕が生まれた国のイメージを日本人に聞いてみると「英国紳士」「エリザベス女王」といった回答のほかに、しばしば「ご飯がまずい」と返ってきます。正直、これには毎...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
オーストラリアでもっとも古い大学である、シドニー大学。ここに今、中国人観光客が殺到しています。
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
ジェットブルー航空が開催したキャンペーンの紹介です。内容はInstagramの投稿をすべて削除(もしくはアーカイブ)したら、ジェットブルー航空が1年間使い...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
飛行機という限られた空間を快適にしてくれる便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?ロールヘッドを手首や耳の裏などにひと塗りするだけでリラックスタイムになる「...
4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。
ファーストクラスのアメニティを集めました。第二回はANAです。
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。有名和菓子ですが、「とらや...
目的地までの空の上。飛行機という限られた空間を快適にしてくれる、見栄えからスマートな便利グッズは旅のお供にいかがでしょう?旅のアイテムとして便利なのはもう...
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
キャビンアテンダントが機内食や飲み物を運んでくる際に使用する、あの「機内用トロリー」が、意外に使い勝手がいいらしい。タフな外見をオシャレにカスタマイズでき...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。ジャンキーなスナックより...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
アメリカ国内線LCC「JetBlue」が、搭乗客には内緒のあるサプライジングな企画を実施しました。30,000フィートの上空、機内に自分がいるつもりになっ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。