フィジー航空が「機内食」を「地上」で提供するサービスを開始

2019年7月、フィジー航空は一部の便で、ビジネスクラスの乗客向けに、機内食を地上ラウンジで提供するサービスを開始した。

このサービスの背景には、ビジネスクラスの乗客の31%が機内食をスキップしているという事実があるから。航空会社の調べでは、用意した機内食の38%は廃棄されている状況だという。

離陸前にラウンジでゆったりと機内食を食べられるとなると、ビジネスクラスの機内食(地上食だが)の利用者は増えそうだ。

じつは、フィジー航空のように地上で機内食が食べられるシステムを採用している航空会社はほかにもある。

これまで、機内食は座席のランクや他社との差別化に重要な役割を担っていたわけだが、さて、これからはどんなサービスやアイデアが登場してくるのかも併せて注目したいところだ。

Top image: © 2019 Fiji Airways
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
エミレーツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ユナイテッド航空が、ビジネスクラスで提供する機内食を作り続けたシェフによる、40種類の料理のレシピ本を販売開始。
ルフトハンザドイツ航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ANAの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
ニュージーランド航空の特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
4月28日、エティハド航空が機内のモニターの設置を廃止すると発表しました。
ニュージーランド航空の機内安全ビデオの新作。今回のビデオには地元のミュージシャンが出演し、ラップを披露。アップテンポなノリにつられてついつい最後まで見ちゃ...
世界中の航空会社が趣向を凝らした機内安全ビデオを製作しているが、なかでも「大韓航空」が11月3日にYouTubeで公開したビデオは、早くも450万回再生を...
スカンジナビア航空は、気候変動対策として「免税品の機内販売廃止」を発表。2030年までに、排ガスの少なくとも25%を目指します。
スイスエアの特別機内食。たまにはこんなスペシャルなミールはいかがでしょう?
再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。
8月中旬、「British Airways(ブリティッシュ・エアウェイズ)」は、新たな機内エンターテイメントサービスを開始。乗客がVRヘッドセットを装着し...
空の旅、万一の際に備えてちゃんと見ておきたいところなのが「機内安全ビデオ」。だけど、あまりに単調な内容にほとんどの人が画面から目が離れてしまっているのが現...
地球に暮らす人々が抱える社会問題に手を打つべく、「Hi Fly Airline(ハイフライ航空)」というポルトガルの航空会社は、使い捨てプラスチックの節約...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
今や日本でもお馴染みのオクトーバーフェスト。本場であるミュンヘンでは9月22日から10月7日にかけて開催されています。
2019年8月28日、米ユナイテッド航空がマイレージの有効期限を取り払うと発表。この決定により、ユーザーは貯めたマイルを一生涯使えることになり、ユナイテッ...
日本トランスオーシャン航空は、10月1日から「那覇・福岡間」の一部便でプラスチック製ストローの代替品として「木のストロー」の提供を始めた。
カリフォルニア州へ行ったら、旅行目的のひとつとして楽しむことができるのが、「Pan Am Experience」のディナーサービス。パンアメリカン航空のボ...