「缶ワイン」の勢いがスゴい!「ジェットブルー」の機内で提供開始

以前、記事で紹介したようにアメリカでは「缶ワイン」が流行中。飲みきりサイズであることやコスパがいいこと、リサイクル率が高いことなどが評価されている。

そんな缶ワインが、1月1日から「ジェットブルー」の機内で提供されるようになった。パートナーシップ契約を結んだのは、ボストンを拠点にするメーカー「Archer Roose」だ。

両者は、サステイナビリティを意識したうえで顧客体験を充実させるという点で意気投合したとのこと。確かに機内で缶ワインが頼めるとなったら、ちょっとワクワクしそうだ。

アメリカでの流行りや環境問題に対する向き合い方を考えると、ほかの航空会社が同じように缶ワインを提供する未来も、そう遠くはないだろう。

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
昨年の12月、米セブンイレブンが缶入りワイン「Roamer」を発売しました。これはひとつのトレンドを象徴するような出来事だと思います。アメリカでは今、缶ワ...
7月24日、カリフォルニア州ブーンビルで世界初となる缶ワインの国際コンペ「2019 International Canned Wine Competiti...
ジェットブルー航空が開催したキャンペーンの紹介です。内容はInstagramの投稿をすべて削除(もしくはアーカイブ)したら、ジェットブルー航空が1年間使い...
コバトパン工場のスペキュロス缶。スペキュロスは、スパイスがきいたクッキーのことで、コーヒーや紅茶だけでなく、ミルクにも合う、食べごたえ満点のお菓子。じつは...
廃墟のもつ“美しさ”に注目し、見ているだけで廃墟のイメージが180度“変わる”写真展「変わる廃墟展 2020」が、3月6日より東京・浅草橋のギャラリー「T...