甘党じゃなくても食べたい「ブルーチーズのクッキー」。

みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったらこんなおやつはいかが?

料理家の若山曜子さんによる『フライパンで作れる クッキーとタルトとケーキ』(ワニブックス)に紹介されているブルーチーズとはちみつのクッキーは、ワインによく合うしょっぱいクッキー。甘さが控えめなので、甘いものがあまり得意ではない人でも食べられそう。切らずに、丸いままホームパーティーに持って行ってみて。

ブルーチーズとはちみつのクッキー

Photo by 福尾美雪

〈材料:底の直径約16cmのフライパン1台分〉

松の実:大さじ1〜2
バター:30g
はちみつ:大さじ1
卵液:1/2個分
薄力粉:90g
ベーキングパウダー:小さじ1/2(2g)
塩:少々
ブルーチーズ:30g
はちみつ(仕上げ用) :適量

〈作り方〉

1.松の実はから煎りする。

2.フライパンにバターを入れ、中火にかける。溶けはじめたら早めに火を止め、余熱で全体を溶かす。

3.バターが人肌まで冷めたら、はちみつを加え、均一になるようにゴムべらで混ぜる。卵液を加えてさらに混ぜる。

4.薄力粉、ベーキングパウダー、塩をざるなどでふるい入れ、さっくりと混ぜる。

5.全体がなじんだら、指で平らにのばし、中央はやや薄くする。1を散らし、ふたをしてごく弱火で10分ほど焼く。

6.ふたをとってフォークで数カ所穴を開け、ブルーチーズをちぎって散らし、ふたをせずに10分ほど焼く。

7.そのままフライパンで冷ます。仕上げ用のはちみつをかける。

クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
平日の朝食はいつも10分で用意したコーヒーとパンだけ。そんな人も、週末はもう少しパンとコーヒーをグレードアップさせてみない?
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
美味しいうえに、太りにくく、体にもやさしいお茶受け。フライパンで気軽に作れちゃいますよ。
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
約50年前、ドイツ人のシェフとともに日本人好みのチーズケーキを開発したパティシエのお店「ガトーフリアン」は、異国情緒ただよう長崎県は南島原市にありました。
作ってみようかな。と本気で思わせるかどうかはさておき、明らかに男性に向けて、甘くスパイシーな「ジンジャークッキー」のレシピ動画が登場。ちょっとでも誘惑に負...
コバトパン工場のスペキュロス缶。スペキュロスは、スパイスがきいたクッキーのことで、コーヒーや紅茶だけでなく、ミルクにも合う、食べごたえ満点のお菓子。じつは...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
今さらですけど、オレオを牛乳に浸して食べるのに何秒がベストなのか?それを米ユタ州立大学の研究チームが解明しました。流体力学から導き出したベストタイミングは……?
子どもの頃、オレオと言えば「おやつ」ですよね。でも大人になると、どうやら違う楽しみ方があるみたい。「レコード」の代わりに曲を流して音楽を楽しむことができる...
濃厚チーズをふんだんにかけたマカロニを、とにかく食べたい。
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
モッツァレラ、チェダー、リコッタ……。このチーズの順番はというと? チーズ料理で失敗した経験がある人も、これからチーズ料理に挑戦する人も、読み終わったころ...