ボストンで「おいしい」と評判のクッキー屋さん。店長はダウン症の女性だった

障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。

途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の特技である「クッキー作り」を仕事に生かしてみてはどうか、と考えました。そこでコレットさんは、家族の協力のもと、街のクッキー屋さん「Collettey's Cookies」をオープンすることにしたのです。

地元ボストンで評判の
「クッキー屋さん」

もともと、お菓子をつくるのが好きだったというコレットさん。家族だけではなく、就職活動の面接に行った先でもお菓子を配っているほどでした。

「みんなが私の作ったクッキーを食べておいしいと言ってくれるので、じゃあ実際に売ってみるのはどうかな、と思ったんです」

彼女が開業したクッキー屋さんをCBSボストンが取り上げたところ、瞬く間に評判になり、彼女のFacebookは10日で950万viewを集め、5万枚を超える注文が入ったそうです。

さらに、彼女の活動に感銘を受けた人々から手紙が届き、その数は65,000通以上。

仕事としてやってる以上
大変なときもあります

おいしいと評判で、多くの人が太鼓判を押すほどのクッキーを作るコレットさんですが、障害があるということで、偏見を持たれることもしばしばあるんだそう。

「いらない、って言われるのが一番つらいですね。断られることも乗り越えていかなきゃいけないんですが、街ゆく人々は私のことを『おいしいクッキーが焼ける人』というより『障害がある人』という風に見るんです」

ですが、彼女はこれを逆手に取って、自分のモチベーションにしていました。

「私がおいしいクッキーを焼けるということに、最初はみんなビックリするんです。でも、そのギャップは良いことだと思います。なぜならみんなが、障害のある人でもこんな風に多くの人に愛されるクッキーを焼くことができるんだ、ということに気づいてくれたわけですから」

障害を持っている人が
愛せるような仕事場を

現在コレットさんは「go fund me」で、ある目的のためにクラウドファンディングを行なっています。

「世界中の障害を持つ人が働けるような生産設備を整えたいんです。彼らにとって、愛せるような仕事ができるチャンスを与えたい。アメリカだけではなく、他の国でもそういった場所をつくりたいし、起業するスキルを伝えていきたいとも思っています」

自分の仕事をつくっただけではなく、世界中に雇用まで生み出そうとしているコレットさんの熱意には、驚かされるばかりです。

Licensed material used with permission by Collettey's Cookies
ダウン症でありながらもモデルとなった17歳のJackの言葉が心に響く。決して容易ではない夢を叶えた彼は、ファッション業界に“新たなヒカリ”を見せる存在にな...
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
自信を持って推せる台湾雑貨のお土産を選びたい。行ってみたいのが『物外設計』という文具ブランドのお店。なかでも「Y STUDIO」シリーズは、女性の手にも映...
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
ボストン・レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークで食べるべきグルメです。
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
ニューヨークにある古いキャンピングトレーラーを改装してつくられた女性専用のタトゥースタジオ「Ink Minx」。運営者は、パキスタン出身でイスラム教徒のS...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
起業家大国とも言われているイスラエル。会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、日本においての女性起業家10名のうちの1人として選ばれ、イ...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、女性の先輩との人間関係の築き方。先輩を観察しながら試行錯誤を繰り返して発見した3つのポイ...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
「燻製が好きすぎて起業する人がいる」と聞き、興味を覚えた。雪が降り続ける秋田県鹿角市。起業を目前に控え、溢れんばかりの希望を抱えた松村 託磨(まつむら た...
ダブルワーク、要するに副業・兼業が珍しくない世の中になったとはいえ、“ミュージシャン×かき氷屋さん”という掛け合わせは、日本広しといえどこの方くらいなので...
ショートフィルム『パン屋のビリー』を観ていると、今すぐにこのパン屋に行きたくなる!
小さな八百屋「ミコト屋」が扱う果物は、1年中手に入るわけではありません。そんな旬の時期にしか出会えない、とびきりおいしい果物を使ってケーキをつくる「MER...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れ...
作ってみようかな。と本気で思わせるかどうかはさておき、明らかに男性に向けて、甘くスパイシーな「ジンジャークッキー」のレシピ動画が登場。ちょっとでも誘惑に負...