「ビスケット」「クッキー」「サブレ」の違いとは?

昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明確に説明できる人は少ないのではないはずです。

1.日本での定義

cookie-biscuits-sable151225-05

日本では、ビスケットは、広い意味では焼き菓子全般に対して使われます。
狭い意味では、焼き菓子のなかで、主に固めの焼き菓子に対して使われます。

全国ビスケット公正取引協議会は、クッキーをビスケットの中でも「手作り風の外観を持ち、原材料の中の糖分と脂肪分の合計が40%以上含まれるもの」と定めています。

味や製法での違いではなく、手作り風の外観と、糖分と脂肪分の合計によって、ビスケットとクッキーに分類されます。
サブレという名称で通常販売されるものは、ビスケットやクッキーを作るときよりも、材料のバターとショートニングの比率が、2倍程度多くして作られています。
このような方法で作られるサブレは、ビスケットやクッキーに対して、バターの風味が増し、サックリとした食感になります。

2.ビスケット、クッキーの本場での違いは?

cookie-biscuits-sable151225-03

アメリカやイギリスなどでの定義を見てみることにしましょう。
アメリカで、ビスケットというとスコーンのようなものを意味し、日本の定義とは異なります。日本でいうビスケット、クッキーに近いものは、すべてまとめてクッキーと呼ぶようです。

イギリスでは、アメリカとは異なります。
ビスケットという名称は、クッキーも含めて使用されており、区別する場合は、特に固くてサクサクした触感があるものに対して、ビスケットと呼ぶようです。また、クッキーというときは、軟らかくてもちもちとした触感があるものに対して使っています。

アメリカとイギリスの例のみですが、海外では日本ほど区別がないというのが傾向のようです。

3.ビスケットとクッキー、サブレの語源

cookie-biscuits-sable151225-04

語源から区別できないかを見てみることにします。ビスケットは、ラテン語で「2度焼いたパン」という意味を持つ「bis coctus」からきています。
一方、クッキーは、オランダ語で「ケーキや焼き菓子」という意味を持つ「koek」からきています。

サブレはフランスのノルマンディー地方の都市の名前からとする説。サブレ侯爵夫人が、バターをたっぷり使ったクッキー風のお菓子を作ったことからという説やフランス語の砂で覆われたという意味の語からきているなど諸説あります。

4.ビスケット、クッキー、サブレはどこの国から日本に伝わったのか

ビスケット、クッキー、サブレはそれぞれ違う国から日本に伝わりました。ビスケットはアメリカから、クッキーはイギリスから、サブレはフランスから伝わったとされています。

このほかにも海外から伝わったスコーンやクラッカー等も日本では別々の呼び方をしていますね。

調理法はほとんど同じ…。そもそも、この2つの違いってなんなの?!
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
クリスマスへのカウントダウンが始まっている。日本ではクリスマスといえば、お馴染みのチキンとケーキ。欧米では、家庭でジンジャークッキーを作ることが多いみたい...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
ミレニアル世代をターゲットにしている航空会社「Joon」。年々増える子持ちのミレニアルズを考慮してか、Cosy Joonという新サービスを開始です。
キャビアやトリュフなど、味は全部で12種類銀座で話題の大人のクレープ専門店PÄRLA〒104-0061 東京都中央区銀座5-2-1http://par.la/
普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナ...
みんなで料理を持ち寄るホームパーティー。何を持って行こうか迷ったら、ワインによく合うしょっぱいクッキーはいかが?
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
サクラ気分を演出するピンク色は、ラズベリーとヨーグルト。
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
指先サイズの天津飯やカツカレー、うな丼などなど。これがすべて「アイシングクッキー」だなんて信じられます?アイシングクッキーといえば、インスタジェニックなア...
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
熊本出身の私が、東京の友人への熊本みやげで必ず買っていくのが、「阿蘇の草原とぶ牛クッキー仔うしビン入り」。“いわゆる熊本銘菓”などもおみやげの選択肢にあが...
パティシエが作るお菓子はとても美味しそうですが、デザインのプロが手がけたクッキーは…キュート&カラフル!パントーンを選ぶところがさすがプロ!細かいアイシン...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
障害を持つ人にとって、就職は大きな壁のひとつ。ダウン症のコレットさんもその問題に悩んでいるうちのひとりでした。途方に暮れていたコレットさんはある日、自分の...
クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志...
みなさんもきっと食べたことのあるフランスパンとバゲット。どちらもさくさくとした食感の縦長のパンで同じように思われますが、両者は微妙に違うのです。でもその違...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
どこへ旅をしようとも、必ず訪れる場所がある。それは、地元の人に「このあたりでおすすめの場所はありませんか?」と尋ねて教えてもらったグローサリーやカフェなど...
世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...