「スコーン」と「ビスケット」の本当の違い、知ってた?

見た目は激似なのに、なぜやら呼称がちがう。たとえばホットケーキとパンケーキ、ウィンナーとソーセージ、しらたきと糸こんにゃく…。

一体どこに境界線が引かれているのだろうと気になっている最中、「Food52」のEmma Laperruqueさんが、自身のエピソードも交えて、「ビスケット」と「スコーン」の違いを紐解いてくれました!

調理法も材料もほぼ同じなのに?

私が20代前半のころ、ベーグル、スコーン、そしてビスケットにハマっていました。なぜベーグルが好きになったのかはさておき、今回は『スコーン」と「ビスケット」についてお話します!

①私のスコーン時代

5372871144636416
Photo by James Ransom

スコットランドのエディンバラに3ヶ月間留学中、私はスコーンを見かけない瞬間がありませんでした(私がつねにスコーンを嗅ぎつけていたのかもしれませんが)。

私的に、イギリスのスコーンは背が高く、サクサクしていて、ハンサム。そして、何よりもサイズが大きい。ふわっふわの柔らかい生地には、噛みごたえのあるフルーツや、クセのあるチーズが隠れていて、それにジャムやクリームを塗りたくります。

②私のビスケット時代

ノースカロライナ州に3年半滞在中、私はベーカリーで働いていました。アメリカの南部では、ミモザが出されるブランチや深夜のドライブスルーなど、どこにでもビスケットがあるんです。まさにスコットランドのスコーンと同じ立ち位置。

ビスケットの生地には何も練りこまれておらず、どちらかといえばサンドイッチのよう。とは言え、サクサク、ふわふわ感はスコーンと一緒。固さと柔らかさの両方を持ち合わせているのも、たっぷりのバターが使われているのも同じ。でも、なぜか南部地方の人は、みんなスコーンをことごとく嫌うんです。じゃあそもそも、この2つの違いってなんなの?と私は疑問を抱くように。

レシピ本『The Joy of Cooking(料理をする喜び)』で調べてみると、ビスケットの項目には、なんとスコーンを参照せよという文字が。この本の著者ですらスコーンをスイートでリッチなビスケットと描写しているんです! さらには、『How to Cook Everything(すべての調理法)でも、スコーンは非常に濃厚なビスケットという記述が。

スコーンとビスケットは名前が違うだけで、じつは同じなのだろうか。

私は、その真相に迫りました。

5027696568434688
Photo by Posie Harwood

〜本題〜
ビスケット vs スコーン

スコーンもビスケットも、実は調理法はまったく一緒。違いは"分量"ではないかと思い、『The Joy of Cooking』のレシピで比較してみました。

【小麦粉】
ビスケットもスコーンも同じ。1と3/4カップ。

【ベーキングパウダー&重曹】
ビスケット:ベーキングパウダー小さじ2と、重曹小さじ1/2。
スコーン:ベーキングパウダー小さじ2と1/4。重曹はなし。
→この違いは、混ぜ込む"液"の種類にあるようです。

【液】
ビスケット:ベーキングパウダーを活性化する酸性のバターミルクを1と3/4カップ。
スコーン:酸性ではなく、脂肪分が多いクリームを1/3カップ。
つまりスコーンはビスケットに比べて"液"の量が少ないようです。
ですが、卵(大)はちゃっかり2個(1/3カップ相当)使用。

【バターと砂糖】
ビスケット:バターもしくはショートニングを大さじ4〜6杯。砂糖なし。
スコーン:バター大さじ8杯(ビスケットの約2倍)。砂糖は大さじ1。

【仕上げ】
ビスケット:溶かしたバターもしくはミルクを表面に塗る。
スコーン:卵に浸けてから、砂糖もしくは塩を振る。

【形】
ビスケット:「ビスケットカッター」で円状に。
スコーン:クラシックウエッジシェイプ(三角)、もしくは棒状(丸や四角を型どるスコーンもある)。

5233986263580672
Photo by James Ransom

〜おさらい〜

ビスケットは脂肪分の種類や分量を調整できますが、スコーンはあまり調整がきかない模様。それから使われる"液"がそもそも違いましたね。さらには、スコーンはビスケットとは違って「砂糖と卵」を使用していました。加えて、スコーンは割とどんな形でもいけますが、ビスケットは円状のみ。最終的な仕上げの仕方も異なります。

この違いを知ると何が得か?このルールを知っていれば、型破りなことを試せちゃう!

ということで、早速応用編です。

〈応用編の6レシピ〉
01.

ビスケットを作るときの"脂肪分"を置き換えてみましょう。たとえば、バターをショートニング、ラード、もしくはベーコン脂肪に置き換えるなど。

02.

ビスケットがバターミルクを好むのは、酸性の乳製品だから。ならば類似の仲間も混ぜ込んじゃいましょう。たとえばプレーンのヨーグルトやクレーム・フレーシュなどがおすすめ。脂肪分の高いバターミルクを使ってみるのもいいでしょう。きっと味の違いがわかります。

03.

スコーンは、より濃厚なクリームを好みますよね。ならば、脂肪分の高いヨーグルトやクレーム・フレーシュを代用してみては?
(Claire Ptakさんも『The Violet Bakery Cookbook(ザ・ヴァイオレット・ベーカリー・クックブック)に掲載されている「プルーンとオーツのスコーン」で試していますよ)

04.

はちみつやバターを添えて、お菓子としてビスケットを出す場合は、スコーンからインスピレーションを盗みましょう。砂糖を小さじ何杯か混ぜ込んで、上にはクリームを塗ってあげて(黄味とクリームを混ぜたものならなお◎)。それから砂糖を振りかけて、焼きましょう。

05.

ビスケットを偽ショートケーキに変身させたい場合は、既存のレシピに黄味を2つ追加して。

06.

ビスケットサンドイッチの具材を、スコーンの生地に混ぜ込んじゃいましょう。たとえばサイコロ状に切った燻製のハムにチェダーチーズ。もしくは、小さく砕いたソーセージにピメントチーズでも。

 

いろいろ試行錯誤して、自己流のレシピを見つけてみてくださいね。

Top Photo by James Ransom
Written byEmma Laperruque
Licensed material used with permission by Food52
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
ケーキを作りたいけれど、手間がかかりすぎるし、失敗がこわい……。そんなふうに感じたことはありませんか? いま流行りのビスケットケーキなら、超カンタンで、オ...
世界中にデザートは数あれど、これほどシンプルで素朴な味わいなものは、そう多くないはずです。「ナティーヤス・ピウラナス」という名のアルゼンチンのプリン。黒砂...
溶かしたチョコレートにナッツやビスケットを入れて固めるだけ。
みんな大好きな、いちごのショートケーキ。いつもの食卓も、このコが出てくるとぱっと華やぎますよね。でもスポンジを焼いて、クリームを泡立てて、と作るのは一苦労...
多少大げさかもしれないけど、いまや新たな「国民食」になりつつあるパンケーキ。でも、アメリカンスタイルのふわふわばかりがパンケーキではありません。たとえば、...
シャンパンとマシュマロを使った大人スイーツです。春色がとってもステキですよ。
ぜんざいとおしるこ。普段はその違いを気にしていない方が多いかもしれません。しかし、そこには微妙な差異があるのです!
ここ数年若者の間で人気の「ターメリックラテ」。スイーツにアレンジしてみたら、美への探究心が強めな方向けの一品ができました。
普段、何気なく使っている「食材」にまつわる言葉も、明確に何が違うのかと言われると答えられないことがあります。例えば、ハムとベーコン、唐揚げと竜田揚げ、ツナ...
おしゃれなカフェに食べに行くのもいいけれど、ホットプレートを囲んでみんなでわいわい焼くのも楽しいパンケーキ。そこにこのキッチン家電「PancakeBot」...
見ているだけでうっとりしてしまう、美しいスイーツの数々。でも実はこれ、食べられないんです。本物そっくりに作られたガラス細工のスイーツ、そこにはちょっと切な...
とろける甘〜いマシュマロが、スプレッドになった商品があるのを知っていますか? 「フラフ」という商品名で発売されているもので、今“塗るマシュマロ”としてジワ...
「お菓子を作ってちょうだい。まずはチェリーをたくさん使ってね、それから...」なんてオーダーすると、自分のためだけのスイーツをこしらえてくれる「お抱えお菓...
「なんとなく」は知っていても、いざその違いを言葉で説明しようとすると難しいことってありますよね。例えば「シャンパンとスパークリングワインの違い」や「カプチ...
かぼちゃは、ぜひペーストにしておきましょう。小分けにして冷凍庫で保管すれば1ヶ月程度は日持ちがするので、使いたい時にさっと取り出して使えます。今回はさらに...
えっ、写真なのに一部だけが不自然に動いてる。誰もが「美味しい!」と思える料理写真の表現方法が、新しい時代に突入していることをその目で体感してみませんか?画...
来たるバレンタイン。今年は何を作ろうかと考え始めている人も多いのでは?手作りしたいけど、お菓子作りはあまり得意じゃない...って人に朗報。先日ご紹介した、...
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...