「僕は僕でありたい」。10歳の哲学少年バオくんが今、考えていること

生きてるうちに何度も訪れる、選択。「自分がどうしたいのか?」「進むべき道はどちらなのか?」。今まさに立ち止まって行動ができずにいる人、足踏みをしている人に送りたいのが、10歳の哲学者、中島芭旺(ばお)くんの著書『見てる、知ってる、考えてる』に掲載されている言葉たち。

小学校へは通わず、自宅学習を選んでいる彼の言葉は、10歳とは思えないほど哲学的で思わず考えさせられてしまいます。そして、その答えは意外とシンプルなのかもしれません。

Bea723436ab6491d8913f671460f21c6e8cacf42

01.

迷うということは、どちらでもいいということ。

02.

何かをどうにかしようと考えている時は
その時ではないのかもしれない。
考えている間もないくらいに
ちょうどのタイミングですべてがまわる。
その時がその時なのだと思う。

とにかくやりたくない事をやめる。
そしてやりたい事をやる。
それだけ。

03.

本当のチャンスはどこにでもあって、
開かれている。
やるときめて、やるだけ。

ひとつ開かれると
そのさきがどんどん広がって、
文字通り世界が広がる。

いろんな知らない事を
知るという事。
その中で自分がどう生きるのか。

その中で自分がどう生かされるのか。
ワクワクする旅は始まったばかり。

自分が諦めるまでは、その旅は終わらない。

04.

「こわい」は、やりたいということ。

やりたくなかったら「やりたくない」って思う。
「こわい」ということは、やりたくないわけではない。

05.

どうなりたいかという質問に僕は、
「僕は僕でありたい」と答えている。

世界中みんなが自分であるということは
正解がないということ。

正解のない世界で生きていく僕たちは、
好きなことをやる勇気が必要だ。

自分の勘を大切に。
自分に正直に。
自分の好きなことをやる勇気。

「子供だから」できないこともあれば、「子供だから」できることも。10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くんは、持ち前の行動力で出版社に直接「本を出したい!」...
小学校へ通学せず、自宅学習という方法を選んだ、10歳の哲学少年こと中島芭旺(ばお)くん。学校でいじめにあっても負けることなく、その小さいカラダからは想像で...
初めて書いた本がベストセラーとなり、「言葉が深すぎる…」と話題になっている10歳の男の子、中島芭旺(ばお)くん。小学校へは通わず自宅学習を選んでいる彼のモ...
さくら剛さん著『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』は、青年ひろが、とっつきにくくて分...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
あなたは「哲学」と聞いてどんなイメージを浮かべますか?堅苦しくて、役に立たない、頭の良い人たちが勉強しているもの…様々な意見があると思いますが、共通して言...
さくら剛さんによるエンタメ小説『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』(ライツ社)は、冴...
一生懸命仕事をして、お金を稼いで、生活するだけでいっぱいいっぱい。そんな時、ふと「自分の人生はこれでいいのだろうか」と思うことはありませんか?好きなことを...
哲学、教育、政治、アインシュタインは何を感じながら生きていたのか。人生論というよりは、社会をみていた彼の観点から、ハッとさせられる名言を「I Heart ...
渋谷・道玄坂のクラブ「VISION」で初秋の夜を満喫するパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「生きるために食べよ、食べるために生きるな」これは、古代ギリシャの哲学者ソクラテスの有名な言葉。忙しい毎日を過ごしている、現代人に響くものではないでしょう...
アインシュタインは物理学者としてだけではなく、哲学者としてもその才能を十分に発揮していて、彼が残した数々の言葉は、今なお語り継がれています。ここでは「I ...
シンプルで潔ぎよい。東京・浅草にある老舗パン屋「ペリカン」には、たった2種類のパンだけ。食パンとロールパン。それは、ずっと変わらない。それでも、焼きあがっ...
人生の難しい選択をしなくてはいけないときに、盲目的にならず、後悔しない道を選ぶ方法を、哲学者であるルース・チャンさんがTEDでプレゼンしています。悩んでし...
プレミアム焼酎のなかでも圧倒的な人気を誇る「森伊蔵」から、この秋、135本限定で販売される「超プレミアム」な一本のお値段は、なんと......
人生についていろいろ考えはじめちゃう、20代後半。確かに何歳のときでも悩みは尽きないんですが、とくに30歳になる前に知っておいてもらいたいことが「Elit...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
「人間はたまねぎであるーー」。こう定義するのは、パリ発祥の市民の哲学討論の場である「哲学カフェ」を国内で主宰し、市民のための開かれた哲学を実践している、小...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...