10年間、友達なのにセックスしてた

 

あかりとはじめてセックスをしたのは、中学校を卒業した日。

物心ついたときから、お互いの家を行き来していた幼なじみ。小さいころは一緒にお風呂も入っていたし、家族ぐるみで仲が良くて、もうほとんどキョウダイのような存在だった。

 

「…なんか変な感じ、ずっと一緒に登校してたのに、もう同じ学校に通えないんだね」

卒業式を終えて一緒に帰り、そのまま僕の部屋にきた彼女はベッドに寝転びながらそう呟く。

「…なにお前、さみしいの?(笑)」

「べつに。むしろ、お前ら付き合ってる〜って冷やかされる人生から解放されると思うと清々しい」

 

多分あの瞬間、僕たちのなかにあったのは小さな苛立ちと、開放感と、もの哀しさで。

卒業と同時に生まれた虚無感を、ぴったりと埋めあわせられる相手が、隣にいることをわかっていた。

 

©Emi Ozaki

 

──下手くそなセックスだったと思う。僕はそれが初めてだったし、きっと彼女にとってもそうだった。

でも気持ちがよかったことだけは、鮮明に覚えている。

誰よりも自分を理解している、口に出さない感情まで共有できる相手とのセックスは、僕らを体で結びつける関係に塗り替えるには容易かった。

思春期の僕らにとっては、あまりにも。

 

ただの幼なじみからセフレになって、
僕らの関係は25歳になるまでつづいた

 

僕らは心の中に生まれる虚無を、埋めあいつづけられる唯一の存在だった。家族も親友も誰も知らない、口に出したことすらない体の奥の深い欲求まで、手に取るようにわかってくれる。

 

カラダの相性だけじゃ足りない。記憶にないほど昔から一緒に生きてきた僕らの相性は、すべてが、パーフェクトだった。だから10年もつづいたんだ。もう今更、離れられるはずもなかった。

 

25歳になった僕らにはそれぞれ恋人がいて、金曜日の夜から土曜日の昼までは恋人と過ごす時間。それが終わったら、土曜日の夕方から合流するのがルーティーン。

 

我ながら、最低だと思う。

恋人を抱いて、「好きだ」なんて散々愛情を振りまいたあとに、平気な顔してあかりを抱いている。この10年の間に、僕もあかりも恋人がいることは何度もあった。セフレの存在に気付かれて、別れを切り出されたことも数回ある。

 

恋人のことが、好きじゃないわけじゃない。大事に思ってないわけでもない。

泣かれれば後悔するし、セフレのせいで振られれば自己嫌悪にもなる。

 

ただ、それらすべての感情と「あかりとのセックス」を秤にかけたとき、寸分の迷いもなく、後者を選んでしまうだけ。

 

「離れられない関係」の終着が、
どこにあるのかなんて考えたくもない

©Emi Ozaki

 

その日は雨で、残業つづきの水曜日だった。「疲れてるから」と恋人の誘いを断り、家にあかりを呼び出す。

インターホンが鳴ってドアを開けると、想像どおり無愛想な顔であかりが立っていて「あんたね、雨の日の夜に女の子呼び出さないでよ」と開口一番にクレームを僕にぶつける。

実家を出た後も、僕らはすぐ近くに住んでいた。離れる選択肢を考えたことはない。自然と、そうなった。

 

「ごめん、あかりとセックスしたくてさー」

「彼女いるのに懲りないね」

「自分だって彼氏いるだろ」

「いるけど」

 

あかりは勝手に冷蔵庫から缶ビールを出し、蓋を開けながらベッドに腰掛ける。

風呂上がりらしく髪は少しまだ濡れていて、ダボっとしたTシャツにショートパンツを履いていた。肌の露出が多くても、あかりは色気をムンムンとさせるタイプではない。僕と会うときは高確率でスッピンだし、気取った下着をつけてきたりもしない。おまけに貧乳。

それでも僕は、姿を見るたびに何度でも欲情した。抱くようになって、10年経っても。

 

手元のビールを奪って、あかりが顔を上げきる前に押し倒す。

 

「ちょっと、まだ飲んでる」

「あとで」

 

Tシャツを脱がせて、暗い部屋でもわかるくらいに綺麗な白い肌に吸いつく。昔からスポーツ嫌いだったあかりの体に傷はほとんどなく、筋肉もなくて柔らかい。隅々まで撫でるように触っていくうちに、残業で蓄積された疲労感は溶けるように消えていった。

 

ドキドキはしない、緊張もしない。甘い言葉を吐いたりもしない。愛情だとか執着だとか共依存だとか、そんなものは最初からどうでもよかった。

 

荒々しく唇をふさいで息を奪って、あかりが腕をのばして僕の体を引き寄せたら、もう余裕がない証拠。その瞬間が、幸福度の頂点だった。

 

©Emi Ozaki

 

 

「…わたし結婚するっぽいんだよね」

事情のあと、炭酸の弱くなったビールを飲み干したあかりは、予想もしなかったセリフを口にした。

 

「……え、まじ!?」

「まじ。こないだプロポーズされた」

「OKしたん?」

「うん」

「お前が結婚…!?まじか……いや、おめでとう!」

 

ってかそういう報告するなら、もうちょっと顔色変えろよ!淡々としすぎだろ!と心のなかでツッコミながらも、あかりが結婚をしたい相手と結ばれるなら良いことだ。

 

「声大きいよ(笑)ありがと。……てことで、こーゆうのは今日で最後ね」

 

………え?

 

「じゃ、明日も仕事だし帰るから」

「えっ、いやいやちょっと待って……今日で終わりって本気で言ってる?」

「うん」

「なん…、今まで彼氏いても変わらなかったじゃん」

「え…彼氏と旦那は違うでしょ?わたし、不倫なんてしたくないし」

 

動揺する僕とは正反対に、相変わらずあかりは淡々と言葉を並べて「なんでそんな驚いてるの?」と言わんばかりに首を傾げた。

 

ちょっと待てよ……なんで?

この関係って、特別だったじゃん。誰にも邪魔できない、唯一無二だったじゃん、僕ら。

 

「…10年もつづけたのに?」

渦巻く不安と緊張のなかで、やっと絞り出した言葉がこれ。
あぁくそ、なんでこんな重い女みたいなこと言わなきゃいけないんだよ。

 

「…どういう意味?」

「わかってんだろ、あかりは僕の感情なんてぜんぶ」

「…なにそれ。言わなきゃわかんないよ気持ちなんて」

 

その言葉を聞いた瞬間、頭を殴られたみたいに視界がグニャリと歪んだ。

嘘だよ、わかりあってたじゃん僕ら。口になんて出さなくても、人生で一番理解しあってたじゃん。恋人なんかより、代わりのきかない存在だっただろ。

 

「…もう会わないってこと?」

「そうじゃなくて、ただの幼なじみに戻るだけだって」

 

なんだよこれ。なんでこんなこと言わなきゃいけないんだよ。触れあえない幼なじみに戻るのに、なんであかりはそんな普通なんだよ。

 

「変わらない関係なんてないよ。あんたもそろそろ、彼女のこと大事にしな?」

 

放心する僕の横をすり抜けて、「じゃあね」といつもの声色で去っていく。10年間の終止符を打ったとは思えないくらい、彼女は普通だった。

 

「最初から、いてもいなくてもよかった」と、言われた気がした。

 

僕はきっと、体を重ねたぶんだけ
「ただのセフレ」になったんだ、君にとって

©Emi Ozaki

 

──それから半年と少し経ったころ、僕のもとに結婚式の招待状が届いた。

家族ぐるみの付き合いだ、気は進まなかったけど欠席できるわけもなく、日に日に大きくなっていった重い虚無感を抱えながら、結婚式の日を迎えた。

 

久しぶりに顔をあわせた“僕と10年間セフレだった彼女”は、そんな事実を微塵も気づかせない、完璧な純白に包まれていて、幸せそうに微笑んでいる。

 

最初から、僕の妄想だったようにすら感じる。真っ白なウェディングドレスに、僕らの時間は跡形もなく飲み込まれて消えた。

 

「あかりは僕の一番だから、僕もあかりの一番だよね」

当然のようにそう思いつづけていた自分が、滑稽で、恥ずかしくて消えてしまいたい。

 

好きだ、なんて思ったことはない。
彼女になってほしいなんて考えたこともない。

でも他の男と腕を組んで一生の愛を誓ってみせるあかりを見て、「なんで隣にいるのは僕じゃないんだろう」なんて

……クソみたいな思いが押し寄せてきてほんと嫌になるよ。

 

 

誰よりも君を抱いたのは、僕だと思う。

そのすべてのセックスが、理想とエゴの押し付けでしかないことを知りながら、君は許してくれていたんだね。

 

(取材協力:H.Tさん)

 

 

 

TABI LABOでは、みなさんの「友達なのにセックスしちゃった。」体験談を物語にしています。

どこかに残しておきたい、友達との忘れられないできごとがあれば、こちらのフォームに、ペンネームと内容(箇条書きなど簡単なものでも可)をお送りください。
※記事にさせていただく際には、取材のご連絡を致します。

セックスしちゃった友達とは……その後どうなる?
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
セックスをする夢を見ると欲求不満なのかと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、夢占いにおいては必ずしもそうではありません。セックスの相手によっては、才能...
自分自身が悩みを抱え込む時、友達との関係を、必要としています。もちろん、他者である友達も大事ですが、中でも大事なのは、“自分自身”という友達。人気動画シリ...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
無農薬、無化学肥料のお米で作られた「宮内舎(miyauchiya)」のグルテンフリー玄米麺。
米・パデュー大学が発表している2つの研究を「I Heart Intelligence」が紹介しています。カップルの関係がうまくいかない理由ってなんだろう?...
より良いセックスのための、相性の合う人、時間帯、頻度、6つの法則などを紹介。大学の研究結果や恋愛アドバイザー、ライターによる「最高のセックスにするための方...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
和歌山県の電動バイクベンチャー「glafit」が開発した、立ち乗りタイプの電動スクーター「X-SCOOTER LOM」。発売開始から5日ですでに5000万...
石油でできたプラスチックを撤廃し、完全植物性の材料でできたプラスチックを開発する「Paper Bottle Project」。このボトルは1年以内に自然腐...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
女の子から新しいプレイを勉強したり、誘ったりするのって結構恥ずかしいと思う。そこで、「Thought Catalog」のHolly Riordanさんが紹...
ドキドキしちゃうくらい甘いキス、ほっぺを手で包まれながらの優しいキス、高校生みたいな下手っぴなキス、映画みたいなドラマチックなキス。相手はどんなタイプ?
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
一般的に、人間関係で何かトラブルが起きたとき、女性のほうが感情的になりやすく、ほとぼりが冷めるのにも時間がかかる。だから、男友達と一緒にいるほうがラクだと...