彼女ができて、初めてセックスが「気持ちいい」と思えた【Sex&Life #1】

この「Sex&Life」は、実話に基づくセックスの物語を紹介する企画です。

わたしは28歳独身。すこし前までは、男性とばかり付き合ってカラダを重ねていた。だけど「気持ちいい」と思ったことは一度もなかった。

最近、初めて彼女ができた。そのセックスライフがとても充実している。

どの彼のことも好きじゃない。求めていたのは“異性の恋人がいる”というステータス

©Akari Kuramoto

自分のセクシャリティに気付いたのは10代の頃。だけど、なかなか受け入れられず、矯正しようと頑張っていた。

同調意識が強い性格もあり、「異性を好きにならなきゃ……」という想いがとても強かった。

ただ顔がタイプなだけ。恋愛感情があるとは決して言えない男性5人と付き合う。今思えば、どの彼のことも好きじゃなかった。求めていたのは彼ではない。異性の恋人がいるというステータスだったように思う。

ままならない気持ちでするセックスを楽しめるはずはなく、挿入はもってのほか、前戯すら心地悪く、キスが精一杯だった。

それでも彼らは求めてくる。

「性欲おばけだ」「早く終わんないかな〜」「わたしはヤるだけの相手?」

いつの間にか、恋人なのにベッドで一緒に寝ることも、夜を一緒に過ごすことすら億劫に。

期待に応えられない自分の不甲斐なさとともに、男性に対するネガティブな気持ちがどんどん募っていった。

日本から出て、自分のセクシャリティを愛せるようになった

©Akari Kuramoto

「好きだと思うから、行ってみてほしい」

ある時、同僚からすすめられて訪れたのはオーストラリア・メルボルン。3年前には同性婚が合法化されるなど、同性愛に寛容な街として有名だ。

実際、街中ではレインボーフラッグが掲げられていたり、当たり前に手をつないで歩く同性カップルがいたり、はたまた、宿泊先のホストが同性婚をしていたり……日本のセンシティブなそれとはまったく違うオープンな雰囲気が本当に心地よかった。

それからというもの、“自分探しの旅”じゃないけれど、ニューヨークやポートランド、デンマーク……おなじく同性愛に寛容な街へ度々旅にでかけた。

各地でふつうに暮らす素敵なレズビアンに出会い、「自分はそのままでいいんだ」と思えた。

日本から出て、自分のセクシャリティを愛せるようになった。

彼女ができた!人生もセックスも、いまがいちばん楽しい

©Akari Kuramoto

最近、友だちの紹介で知り合った女性と付き合いはじめた。はじめての彼女だ。「女性と付き合うってどんな感じ?」「どうやってセックスするの?」などと、最初はいろんな不安があった。

だけど、そんなことは無用なようだった。

相手にとってわたしは数人目の彼女。何もかもリードしてくれる。

ことセックスについては、「今日何食べる?」のような日常会話のひとつとして何気なく話し合っているし、そのうえで一緒に試行錯誤できるのが楽しい。

この間、はじめてセックスグッズを使った。それでわたしがオーガズムに達した時、「自分の舌とか指で気持ちよくなってくれる方がうれしい」と言ってふてくされていた姿を見て「かわいいな」と思った。

同性というのもあって、お互いのツボの理解が早い。

彼女と出会って、セックスをして、はじめてイクことの気持ちよさがわかった。

人生もセックスも、いまがいちばん楽しい。

Top image: © Akari Kuramoto
恋人よりも、友達とのセックスが好きだった。なにもかもを理解してくれる人、言葉にしなくてもわかってくれる人。僕らは最高のパートナーだと思ってた。恋愛なんかじ...
セックスのよくある悩み「恐怖」「痛み」「セックスレス」に悩んでいる全ての女性に伝えたい対処法をまとめました。
セックスしちゃった友達とは……その後どうなる?
女の子から新しいプレイを勉強したり、誘ったりするのって結構恥ずかしいと思う。そこで、「Thought Catalog」のHolly Riordanさんが紹...
見つけるとラッキーな気持ちになる「猫のひげ」。コレクションしている人も多いこの猫のひげを「雑貨」にしてしまったのが、「フェリシモ猫部」の発売した「猫のひげ...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
記憶力UP・仕事が捗る・前立腺がんのリスク低下・気持ちがポジティブに。セックスと健康にまつわる意外な研究結果まとめ
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
NY生まれの「Thinx」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
イギリス政府は地球温暖化対策を強化するため、ガソリン車やディーゼル車の新車販売を2030年までに禁止すると発表。今後は電気自動車などの普及を後押ししていく...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
海外だからこそ成立する(?)あの企画の続編が、1ヶ月ぶりに公開されました。そう、親子で話す「SEXについて」。日本人からすると驚いてしまうくらいに、毎回赤...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
2021年1月16日まで、カナダ・オンタリオ州トロントの地下鉄車両内で「心の健康」に関するプロジェクト「Life on the Line」がおこなわれてい...
毎年話題の「Australian Firefighters Calendar(オーストラリアの消防士カレンダー)」から、2021年版が登場。28年目を迎え...
彼女がまとめたのは、「星座別セックススタイル」。当たっていようとそうでなかろうと、クスッと笑える内容です。星座でわかるわけない、なんてごもっともなツッコミ...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
ドキドキしちゃうくらい甘いキス、ほっぺを手で包まれながらの優しいキス、高校生みたいな下手っぴなキス、映画みたいなドラマチックなキス。相手はどんなタイプ?
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
オーストラリアのコンドームメーカー「Four Season Condoms」が、ミレニアルズ向けに「SEXセット」を無料配布した。コンドームやジェル、マッ...