未来のSEXは「距離・相手・容姿」に囚われなくなる。

アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。

主には、バーチャルリアリティの世界で、誰かと現実に性交渉しているのと変わらない感覚を体験する、もしくは共有し合うーー。「Future Sex」にはそういった予想がいくつか。

セックスはこうなる!

これは、性体験をより安全で楽しくするための調査を元に作成された2045年までの予想です。その頃までには、10人に1人がヒト型ロボットとの擬似セックスを経験するようになるとか。ただ、そこに至るまでの経過を見ても、ビックリするようなことがたくさんあります。

まずは、VRと触覚センサーによって没入感のある疑似体験が可能に。つまり遠距離でもパートナーと疑似的に愛し合えるようになるわけです。その延長線上で、2022年にもなれば、初デートはモーションキャプチャーを使って仮想空間で行われるようになると言われています。

さらに2年間、時間を進めてみましょう。もうちょっと大きな違いが現れてきます。

2024年、
容姿は気にしなくていい。

遠隔でパートナーと擬似的に触れ合えるようになるということは、ネットがあれば世界の誰とでも疑似セックスが可能になるということ。そう考えれば、出会い系サイトでの体験も変わりそうです。知り合った相手とそのまま行為に至るなんてことが十分ありえるわけです。

その際に、バーチャルのクオリティが上がるとどうなるでしょうか。より写実的なアバターが制作できる様になれば、誰もが美男美女になれる時代がやってきます。つまり、生身の体に感じているコンプレックスや、プライバシーを考える必要がなくなるのです。それに、実際に触れるのはトイ。性に対する認識が、より開放的になるかもしれません。

距離や相手、
容姿に囚われない。

この頃には、現実に不可能な体験まで再現できるようになるとも。具体例はわかりませんが、視覚的な制約はVRによって概ねクリアできるのでしょう。

2025年になるとハイクオリティなトイもずっと身近な存在に。3Dプリンターでつくった恋人のボディパーツにタッチフィードバック機能をつけるようになるそうです。そうしたら離れ離れになっても恋しくなくなるの?なんて疑問は浮かびますが、それくらい気軽なものになる可能性があるんですって。

さらに、2027年には脳と脳を繋ぐインターフェースを使い、相手を直接刺激して絶頂を迎えさせるという話も。もう想像が及ばない領域ですね。そうして2028年には、若者の4人にひとりが“疑似セックス”を経験し、2033年には著名人やアダルト業界のアイドルが、自分の体を基にしてデザインしたロボットを発売するようになるのだとか。

Bondara report」には、「2050年には、ロボット相手とするほうが一般的になるのでは」という未来予想もありました。研究者のピアソン博士は、生身の相手との関係がなくなることはないと見解を述べていますが、2015年頃には、体内にウイルスを放ち、細胞に働きかけ、愛撫されている感覚を誘発させるナノロボットや、電気信号で脳内の神経を活発化させるなんていうアイデアの存在を紹介した「The Wall Street Journal」の記事もあり、個人で快楽を得るための方法はますます増えていきそうです。

今後20年で、性的な体験への認識はガラッと変わってしまうかもしれませんね。

「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテ...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
使い勝手はどれもフツー。めちゃくちゃフツーです。
静岡県浜松市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、愛知県瀬戸市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
感覚の差をお互いに理解するのは難しいもの。とくに、男女でSEXの捉え方が全然違うというのはよく耳にする話ですが、どう感じているかにはそれぞれちょっとした特...
ショートフィルム『未来の自分』が教えてくれるのは、“未来の自分は今の自分でできている”ってこと。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
「VRメガネ」をつけてゲームや動画を楽しむ人が増えました。ここで紹介する動画作品は、VRメガネがレンズ型へと進化した未来を描いたSF作品。最後に待っている...
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
女の子から新しいプレイを勉強したり、誘ったりするのって結構恥ずかしいと思う。そこで、「Thought Catalog」のHolly Riordanさんが紹...
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
そこは、バーチャルとリアルの境界線が曖昧になった世界。デザイナー兼映像制作者のKeiichi Matsuda氏が手がけた『HYPER-REALITY』は、...
ロンドンの企業がつくったVRゲーム専用のシュミレーター。対応しているゲームは80種類以上。ぐるぐる回って新次元のVRを体験できます。
ピンときたのはSFファンだけでしょうか?これは結構衝撃的なニュースです!Googleが2012年に申請したある特許が、今年3月31日に受理されたようですが...
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
The Journal of Sex Researchの研究によれば、女性のオーガズムにこだわるのは「満足させたいから」というのは表面的な理由であって、「...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...