2050年までに「ロボットとのセックス」が人間相手のセックスより多くなる!?

「VR元年」とも言われる2016年。そこには「Oculus Rift」や「PlayStation VR」の存在が大きく影響していますが、こういった新しいテクノロジーがブレイクスルーする時に欠かせないのが「エロ」のちから。

初の“オトナ”向けイベントとして話題を呼んだ「アダルトVRフェスタ」も、人が集まりすぎて中止になったことは記憶に新しいはず。

そんな未来技術を使ったセックス産業に関して、イギリスの未来学者、イアン・ピアソン博士の見解がとても面白かったので紹介します。

「2030年までにはほとんどの人が
バーチャルセックスを体験する」

Breitbart」のインタビューによれば、ピアソン博士曰く

「2030年までには、VRコンタクレンズが一般的になるでしょう。大掛かりなヘッドセットではなく、網膜上に直接、高解像度のグラフィックを映し出すことができるのです。(中略)

また、神経との相互リンクも2030年あたりの実現を期待しています。例えばあなたが最高のセックスを経験した場合、その感覚を記録し、肌感覚なども含めて再生できるようになるのです」

なんだか簡単にはピンときませんが、例えば遠距離恋愛をしているカップルを想像してみてください。まるで一緒に過ごした時間と同じような「バーチャルセックス」が、遠方でも実現できるということを示唆しているのではないでしょうか。

またパートナーが「最高!」と感じたセックスを共有することで、ある種の「テクニック向上」につながり、より満足させられる可能性さえあるのだとか。

「2050年にはロボットとのセックスが
対人間とのセックスを上回る」

さらに、ピアソン博士はこう語ります。

「人々はすでにセックスドールを使い始めていますし、音声認識も行うことができます」

「人工知能が発達して人間のレベルに近づけば近づくほど、感情的にものになるでしょう。ロボットの外観はカスタマイズ可能なので、自分の好みの異性と一致させることだって可能です。多くの場合、セックスへと発展していくでしょう」

Bondara report」によれば「2050年には、ロボットとのセックスのほうが一般的になるのでは」という未来予想も。

「それでも人間とのセックスを
求め続けるだろう」

しかし、見解はさらに一歩先へ進んでいきます。

博士によれば、恋人がいるにもかかわらずカジュアルなセックス関係を求める人は今でもいるし、バイブレーターを使う女性だっている。将来的にはそれと同じような関係で「ロボットとのセックス」が位置付けられるのではないか、という趣旨のコメントも。

それはまるで「ポルノ」を見るような感覚なのかもしれません。

「ときには感情的なものに発展するかもしれないが、あくまでも性欲を和らげるものとして、機械的な行為として扱うことができるのではないか。つまり愛とセックスがさらに別々の存在になるだろう」と。

これらを踏まえた上で、博士はこうまとめています。「セックスの対象がロボットだけになるとは思っていないし、人々はこれからも人間とのセックスを好むだろう」。

本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
アダルトサービスがテクノロジーによってどう変わるのか。VRやセックストイの進化を見ると、どんな未来が待っているのかがある程度イメージできます。主には、バー...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
オランダの子供服ブランド「adam & aoki」が、さらされた紫外線量に応じて袖の色が変わるTシャツを開発!
スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をして...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
NY生まれの「THINX」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
バーチャルリアリティ(VR)も、さまざまなところで体験できる様になりました。実際にヘッドセットを装着してみた人も多いでしょう。そんなVRの研究は、次のステ...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
こんな人と出会えたら、あなたのセックスライフは燃え上がる。そのために覚えておくべきポイントを「Elite Daily」より紹介します。
アメリカのケーブルテレビ局「HBO」は、“Intimacy Coordinator”というポジションを創設しました。主な業務は、セックスシーンなどのアドバ...