私の朝は、セックスからはじまる。はじめる。

ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?

大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。睡眠欲が満たされて、かつ心も朝から満たされているから、あんなに甘い時間になるのかもしれない。

なかには、朝は日が差し込んでムーディじゃないなんて思う人もいるようだけれど、「Elite Daily」のKimmy Foskettさんは、目を覚ましてすぐに愛を確かめ合うことが、心にも体にもいいということを教えてくれている。

01.
朝のほうが絶頂を迎えやすい

4790369828995072

私は朝は不機嫌なほうですが、セックスに関しては開放的になれるから好き。脳の半分がまだ眠っているからか、抑制が鈍り、最高の快感が得られるんです。

セックスセラピストのStefani Threadgillが、この主張を裏付けてくれています。

「多くの女性は、朝のほうが絶頂を迎えやすいと話します。リラックスモードの朝は、抑制が解かれるため、オーガズムしやすいのです」 

もちろんお酒で心を落ち着かせることもできるけど、7〜8時間の睡眠から得る安らぎにはなかなか敵いません。

Sex That Worksの著者であり恋愛専門家であるWendy Strgarはこう言います。

「お酒や薬抜きのセックスは、質も別格です。そしてそれ以上に二人の関係性に響くでしょう」

ならば少し早くアラームをセットして、セックスの時間を確保してみては?朝のイライラも解消できるかもしれませんよ。

02.
心も体も健康になれちゃう

月曜の朝にアラームが鳴ると、軽度なパニック発作を起こして気だるさに襲われてしまう、というのが朝弱い人の特徴。

だるい気持ちで朝を迎えてしまうと、1日中気分が晴れないこともしばしば。そんなときはコーヒーを飲むのもありですが、朝にセックスをすることで、カフェインに頼らず健康的にだるさを吹き飛ばせちゃうのだとか。

ここでは前述のStrgar氏の言葉を借りましょう。

「朝にセックスをしている人のほうが、健康的で幸せであるという研究結果が出ています。それに最高のセックスからなるエストロゲンの放出量の増加は、肌質と髪質の改善にも効果的なんです」

ハッピーになれる、かつ髪質もよくなるならアラームを早めにセットする価値がありますね。

心身共に健康になれるのももちろん大きなメリットですが、モーニングセックスはパートナーとの関係にも磨きをかけてくれるんです。

臨床性科学者である、Dawn Michael医師によると、

「ワークアウトをしたときと同様に、セックスをするとエンドルフィンが放出されます。そうするとセックスから生まれた喜びがパートナーとリンクし、仕事に出掛けたあとも相手を思うだけでハッピーな気持ちになれちゃいます。このようにパートナーに対するポジティブな想いが関係を深めてくれます」

どんなに朝が弱くても、関係を深めたいなら朝のセックスがおすすめ。それに大概の男性は、喜んでモーニングセックスに付き合ってくれるもの。

1日を通してハッピーな気持ちを持続させるコツは、気だるい気持ちで行くジムをセックスに置き換えることだったなんて思いもしなかったでしょう?

03.
仕事の生産性が上がる

5947934113792000

これは、最高な心づけ。

「生産性アップはセックスのおかげ」だなんて上司には口が裂けても言えないけど、周りに「何があったの?」なんて声を掛けられるほど成果が出せてしまうかも。

Michael医師はこう言います。

「女性が絶頂を迎える時に放出するドーパミンは、集中力に働きかけてくれる上、エネルギッシュにもしてくれます。(セックスのあとなかなか眠りにつけないのも、これが理由)」

セックスの場合、エネルギーを発散することでエネルギーチャージができるみたい。これだけで集中力がアップするなら、明日からでも効果を試したいところ。

朝目覚めたベッドですぐに出来てしまうと思えば、精神的負担も少ないですよね。

04.
「疲れてるから…」って
愛情が後回しにならない

セックスをしたいタイミングがなかなか噛み合わず、逆に関係がギクシャクしてしまうこともあるでしょう。例えばある日は彼が仕事でぐったりで、出来ずじまい。今度は彼が元気だけど、あなたがくたくた…など。それならセックスする時間帯を平日の朝に変えるのもありですよね。

Threadgill氏はこう語ります。

「私はまず最初に朝型か夜型かを尋ねます。どうでもいいように感じるかもしれませんが、じつはその答えがセックスや真剣な話し合いなどを好む時間帯なのです」

セックスでは、新しい挑戦が長続きする秘訣。お互いの「セックスがしたくなる時間帯」を把握しておけば、より早くその効果が生み出せるでしょう。

私も最初は半信半疑でしたが、エキスパートが口を揃えて「仕事の生産性がアップする」と言うから、いつしかやる気になってしまいました。

それに、時折新しいことを試みるのはどんな関係にも大切なこと。毎日がルーティンのようと感じているのなら、モーニングセックスをスパイス代わりにしてみるのも良き手段です。きっと生活にメリハリが出てくるはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily


【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
ふと思ったんです。「年老いたら私のセックスライフ、どうなっちゃうんだろう」って。
クールなパッケージに甘い香り。ギャップが魅力の「GROWN ALCHEMIST(グロウン アルケミスト)」のハンドクリームの紹介です。
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
持ち運び専用の剃刀「Sphynx」は、手の平ほどのコンパクトサイズで、ショルダーバッグにも入ります。ムダ毛処理をしたはずなのに、デート前や旅行中に剃り残し...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
お互い好きで、告白して、付き合ってからセックスするのが正しい道筋。世間一般の意見で言えば、そうかもしれない。けれど、順番通りになんて行かないのもまた「恋愛...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...