米人気ライターのお悩み相談室「彼のことが好きなのに、セックスするのが怖いんです」

赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介したいと思います。

それは、読者から寄せられた悩みに彼女が答える「Ask Auntie Gigi(ギギおばさんに聞いてみよう)」というもの。ではさっそく見てみましょう!

【お悩み】
彼のことが好きなのに
関係が進められないの…

ギギへ

私にはとっても好きな人がいます。まだ友人関係ですが、近いうちに深い関係になってしまいそうです。そして、そうなることを望んでいるのに、どこか怖いと思ってしまう自分がいます。

今まで一夜だけの関係とか、セフレばかりしてきました。だから愛のあるセックスってどんな感じだったのか思い出せないんです。自分のカラダにも自信がないし、彼がそのことで去っていってしまったらと思うと…。

考えれば考えるほど不安になってきます。どうしたらいいのでしょうか?

アッシュより

大丈夫、きっとあなたは
自分でもわかってる

アッシュへ

わかるわ、アッシュ。それはとても大変よね。

本当に大好きな人と、気持ちがこもった本物のセックスをすることほど怖いことはないかもしれない。カジュアルなセックスに慣れてしまっていると特に、ね。

あなたが一夜限りの関係にしてしまうのは、きっと誰かと深い関係になりすぎないようにしているから。でも、あなたはそのことをちゃんと自分でわかっている。自分で「セフレ」って言ってるものね。

でも残念だけど、そういう女の子は多いものよ。どれだけ自信があってもなくても、一度は悪い男につらい思いをさせられるものなの。同じ悩みを抱えているのは、あなただけじゃない。そして、みんな自分を守りたい、と思うものなの。

でも、怖いからって
逃げちゃダメ

いい?アッシュ。今からあなたに残酷な真実を伝えるわ。あなたが大好きな彼は、もしかしたらどうしようもない男かもしれない。いつだってそういう可能性はあるの。でも、そうじゃないってことを祈るしかないわ。

私も今のパートナーと出会うまでは、あなたと似たような感じだった。愛のないセックスばかりしていたの。でも、今のパートナーとしたセックスは、今までで最高だった。本当に自分でも驚いたの。

だから、怖いからって逃げちゃダメ。この世の中には、まともな男もいる。たとえ怖くても、心を開かないとそういう人に出会うことすらできないから。

カラダのことなんて
気にしないで

そうそう、カラダに自信がないって話もしていたわね。それは気にしなくていいわ。だいたいの男は、そんなこと気づきもしないわ。というよりも、気にしているのはあなただけかもしれない。私も内腿に変なたるみがあって自分では気にしているんだけど、これまで一緒に寝た、どの男性も気づかなかったもの。

誰だって、自分のカラダを完璧だなんて思ってない。自信がないところのひとつやふたつは、あるほうが自然。誰だってみんな不安なの。だから、それでいいの。

最後に。あなたはとっても魅力的な女性よ。彼だって、こんな素敵なあなたとセックスができるなんて感謝するべきだわ。

私のアドバイス、少しは役に立ったかな?

ギギより

Licensed material used with permission by Elite Daily
自身の恋愛経験を元にアドバイスを送るのは、女性ライターのギギ・アングル。モヤモヤグルグルしたときには、サッパリした彼女の意見が心にスッと入ってくるかも。以...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
よく聞くセックスの話って、キレイなものが多いけど、自分のセックスって「ふつう」じゃなくて、「理想的」でもなくて、人にはとても言えない……。「The Sch...
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
男性も、いろいろあるんですね。
過去のトラウマが忘れられない、痛い思いをしたくない、妊娠したらどうしよう…など「セックスが怖くてできない」という悩みは、独身既婚を問わずによく聞かれます。...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
「Elite Daily」に母親と喧嘩することなく、恋愛相談をする方法が掲載されていた。読んでみると自分よりもずっと愛を知っている、一人の女性としてのアド...
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
どういうわけか、パートナーとセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?付き合いたてや新婚の頃の気持ちのままで一生燃え上がれたらいい...
Tayi Sanusiさんがこの記事で紹介しているのは、ヨーク大学の心理学教授の意見を参考にした、心理学的な視点から紐解く「セックスライフ」。彼女曰く、マ...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
本当のところ、いいセックスってなんだろう?どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケー...