おばあちゃん直伝!セックスに関する「9つのアドバイス」

米メディア「Mic」に、掲載されたこの記事。かなり際どい内容です。なんせ、さまざまな人が各々のおばあちゃんから聞いた「セックスに関するアドバイス」をまとめたというから驚きです。
おばあちゃんからセックスの話を聞くのはちょっと…と思ったそこのアナタ、侮ってはいけませんよ。その内容は参考にしたいことばかりです。

Sweet anticipation


普段、セックスに関する意見って誰から聞いていますか?友人?それとも海外ドラマを見直す?もしくはポルノを見る?
まさか、おばあちゃんからセックスの手ほどきを受けるとは考えてもみなかったのではないでしょうか。血の繋がった人からセックスの話を聞くなんて、生々しいし、出来れば避けたいところですよね。風邪をひいた時に、お粥を作って食べさせてくれた優しいおばあちゃんの姿だけを思い出したいものです。
でも、よく考えてみると、おばあちゃんはとても物知り。質問すると何でも答えてくれるイメージがあります。愛やセックスに関しても実は詳しいおばあちゃん。恋愛に関しても、過去のあらゆる経験から的確にアドバイスしてくれます。

01.
どんな境遇にあろうと
セックスを楽しみなさい!

Sweet anticipation

調査の結果、おばあちゃんたちは以前よりもセックスをしていることが判明。National Opinion Research Centerの最近の調査で、57歳から64歳のうちの73%、75歳から85歳のうち26%が昨年セックスをしたことが明らかになったそうです。おばあちゃんたちは、セックスレスになることもなく、長い期間セックスライフを楽しんでおり、より充実した人生を送っています。結婚している、していないに関係なく、セックスは人生に重要なものと考えているようです。

「私はキリスト教の学校に通っていたので、形式的なものが重要であると考えていました。しかし、私のおばあちゃんは言いました。『シスターだからってセックスをしていないわけがないでしょ』」-年齢不詳・女性「車を買う前に、試し乗りするでしょう?それと一緒よ!」-20歳・女性

02.
生理中のセックスも
“捉え方次第”

誰しもが、生理中にセックスをすることを好むわけではないでしょうが、普段とは違う状態でのセックスを楽しむおばあちゃんもいるようです。

「私のおばあちゃんは生理中のセックスが大好きでした。いつだったか、再利用できるスポンジタンポン(天然海綿)をプレゼントしてくれたの。でも、その理由に驚愕。生理中にはスポンジタンポンを使用しつつセックスをする方法がベストとのこと。ちなみに母にもプレゼント済」-22歳・女性

03.
子どもを産む気がなければ
避妊するのは当たり前

Sweet anticipation

「まだ子どもはいいかな」と思っているあなた。おばあちゃんたちも、同じように親になる準備はできていなかったのですよ。

「コンドームを使いなさい」-年齢不詳・女性「旅行に行くときには、あまるくらい多めにコンドームを持っていきなさい」-年齢不詳・男性

04.
積極的に
マスターベーションを!

Kinsey Instituteによると、60歳から69歳の46.5%、70歳以上の33%の女性がこの1年の間にマスターベーションをしたと回答したそうです。あなたのおばあちゃんも、きっとマスターベーションをしています!そして、それって素晴らしいことだとも思っています。

「何年か前に、おばあちゃん家の地下の掃除を手伝っているときに言われました。『あなたが結婚するときにはバイブレーターをプレゼントするわ。男性がいつも相手をしてくれるわけではないから、自分のことは自分で面倒みられるようにしておかないとね』」-年齢不詳・女性「セックスと愛はイコールにはならない。セックスの相性がいいからといって、関係がうまくいくかというとそんなことはないわ。マスターベーションで自分を満足させられるようになっても必要だと思える男性が未来の旦那さま」-20代後半・女性

05.
自分の直感を信じなさい

Sweet anticipation

何事もやってみなければ分かりません。後悔することもあります。おばあちゃんたちも色々と経験して今があるのです。バーで出会った男性と一晩過ごすのも、今、お付き合いしている男性と一緒に住むかどうかも、自分の気持ちに正直になって考えてみること。気持ちに素直になれば、物事はいい方向に進むはずです。後悔も捉え方。経験として大切な自分の人生の一部になります。

「いまいちと思ったときは、やっぱりいまいち。雰囲気に流されてOKを出すのは辞めること。いいなと思うときには、そう思う理由がちゃんとあるはず」-年齢不詳・女性「選択肢は1つ。そして、賢く選択すること」-40代・女性「ワイシャツに自分の使っている口紅と違う色の口紅の痕をつけてくる男とは、どんなにいいところがあると思っていても別れなさい」-年齢不詳・女性

06.
焦って結婚し、
落ち着く必要などない

Pew Research Centerによると、女性の平均的な初婚年齢は27歳、男性では29歳だそうです。1960年には女性の初婚の平均年齢は20歳、男性は23歳だったため、晩婚化していることがわかります。自分のおばあちゃんの結婚した年齢は、おそらく自分の年齢よりも若い時だと思います。けれども、おばあちゃんたちは結婚を急ぐ必要はないといいます。

「初めておばあちゃんに彼氏のことを話したとき、すぐに言われた言葉。『まだ結婚して落ち着かなくていいんだからね』。おばあちゃんはすごく若いときに結婚して今は幸せだけれども、その当時はまだ結婚して子どもを産んで落ち着くことに前向きにはなれなかったと話してくれました」-21歳・女性「90歳になるまで、色々な経験をし、学んできた。そして、考え方が変わっていった。あなたが彼氏と結婚しても、事実婚でも、どちらでも構わない。あなたが幸せだと思えるカタチが大切」- 年齢・性別不詳

07.
セックスが常に
いいわけではない

セックスに対して、オープンなおばあちゃんたちの意見もありますが、セックスを容易にすべきではないという意見も少なくはありません。特に、男性が過去の異性関係を気にする人の場合は要注意です。

「小学校5年生のとき、おばあちゃんが話してくれたのは家族ぐるみで仲良くしていたというお医者さんを目指している男の子のことでした。彼は、たった1回セックスをしただけで女の子を妊娠させてしまい、勉強を途中で諦めなければならず、今では看護師として働いているそうです。医者と看護師では、似ていても全く違いますね。おばあちゃんの言いたいことがなんとなくわかりました」-21歳・女性「あなたはセックスしたことがある?私の故郷の韓国の村では、結婚したあとに、処女ではないとわかった場合は“返品”されても文句を言えなかったの。最近は、若い女性もセックスをしているけど、私はよくないと思う。そして、過去の異性関係を気にする男性とはうまくいかないと思うわ」-20歳・女性

08.
愛さえあれば
外見や富は関係ない

おばあちゃんに、鼻ピアスをあけていることを注意されたことはありますか?多くの年上の女性は、あまり偏見を持ちません。見た目で判断されたくないと思う人も多くいるでしょうが、ただ、純粋にあなたに、あなたが大切に想っている人と幸せになってほしいと願っているのです。

「どんな肌の色の人を連れてきても、気にならない。紫でも大丈夫。その人と一緒に過ごすことであなたが幸せならば」-20歳・女性「金持ちでも貧乏でも、好きになるときはなるし、ならないときはならない」-40歳・女性

09.
男性に見せたくない部分は
見せずに貫き通しなさい

Sweet anticipation

これが、長く仲良く過ごせる秘訣だとか。

「幸せな結婚の鍵は、男性が見たくない部分を見なくても済むようにしてあげること」-27歳・女性

おばあちゃんたちを見習って、これからのセックスライフを充実させましょう!

Licensed material used with permission by Mic

どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
付き合いはじめはベッドから抜け出せないほど“愛し合っていた”のに、いつしかその熱も冷め。気づいたらセックスは誕生日にしかしていない、なんて状況。これって普...
人それぞれに個性があるように、セックスの方法だってさまざまです。同じ恋人とのセックスでも「毎回同じ」ということはないはずです。でも、その1つひとつに違いが...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
恋愛関係においてとても大事だけど、なかなか聞けないセックスのこと。自分のやり方があんまり上手じゃなくて、相手を満足させられていないのかも、なんて不安が湧く...
私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
回数を重ねていくことで相手を知る面白さもありますが、もっとセックスを楽しむために、重要なのは、お互いのコミュニケーション。相手の好みの体位やプレイを早い段...
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
どれだけ指南書にそれらしいことが書いてあったとしても、結局のところセックスは心と心、カラダとカラダのコミュニケーション。お互いに満足できれば、もうこれに越...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第1回は、Gabriele G...
いつも優しくあなたを守ってくれる存在、おばあちゃん。ここで紹介するのは、Pucker MobでAlexa Thompson氏が書いた「おばあちゃんに感謝す...
セックスは、恋人との関係を心身ともに深めるだけでなく、免疫力を高めてストレスを解消し、長生きするための秘訣にもなるもの。ニュージーランド・カンタベリー大学...
21世紀を生きる若者たちが、自分と同じように悔やまないよう、Chachoさんは自身の祖母をモデルにして「僕のおばあちゃんは決して言わなかったけど、若者たち...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」第9回は、マドリードの家庭の味。
セックスについて話すのは、なんとなく恥ずかしくて避けがちなもの。でもパートナーとオープンに話しあうことで、お互いにより良いものになると思いませんか?セック...
愛し合うカップルなのであれば、相手のカラダが欲しくなるのは当たり前。でも、ストレスや慢性的な疲労、様々な刺激にさらされ続けている現代人、「そんな気分じゃな...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
欲しがればいつだってお菓子をくれたり、親よりも甘やかしてくれたり。人生経験が豊富な分、鋭いアドバイスをくれることも。いつでも優しく見守り、大きな愛で包み込...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第8回は、カリブ海に浮かぶ小さ...