科学的に出た結論はコレ!今まで史上最高の「デート」を過ごす方法

恋愛コラムニストであるボビー・ボックスが、熱く語ったのは、データで見る「初デート」。疑問が浮かぶところもありますが、男女問わず、共感を得ているようですよ。

「初デート=サイアク」になってしまうって?そりゃあ相手は、赤の他人だ。そう簡単にはいかないだろうさ。目の前で熱く語っている男が、白馬にのった王子様か、しょうもないチンカス野郎か。それを見抜くのが女性の仕事でもある。

そこで、デートにまつわる様々な研究や調査結果を読んでみた。食事の内容からファッションまで、デートで正しい選択ができるように、信頼できそうな情報をまとめてみた。

01.
まず、誘い文句はストレート。
かつ、行き先を具体的に。

1be762c77edd41a49b78f974984e2f6a95218691

Science Directに掲載された研究によれば、ストレートに誘われたほうが、人は誘いを受け入れやすい。いつどこになぜ行きたいのかを明確に伝えよう。

「今度一緒に出掛けようよ」はダメ。「なかなか落とせないのが面白い」という考えかたは古い。回りくどい言い方は、関心を持たせる方法としてはワーストだという研究結果もあった。

02.
最初はディナーが◎
(アメリカでは和食が人気)

典型的だけど、コレこそ王道。少なくとも研究結果の上ではね。

マッチングサイト「Match.com」が、5,500人以上を対象に毎年行っているSingles in America Survey(アメリカのシングルに聞いたアンケート)によれば、初デートが「食事とお酒」のコースではなかった人達は、2度目のデートを受け入れた人の数が大幅に少なかった。

じゃあどこに行けばいいのか。おしゃれな和食(寿司なんか)が一番だ。2度目のデートに行く確率が170%向上する。魚は好きじゃない?そんな時はなんでもいいからハズレのなさそうな「高級レストラン」に連れて行こう。次に繋がる可能性が50%向上する。

03.
食事の後に“お酒を一杯”

7eaf258307aaa81defb967a6f2cf0e009521b7f4

上で紹介した研究結果によれば、お酒を飲むと次につながる確率は高まる。カクテルを飲むだけで、137%も進展する確率が高くなるそうだ。理想は、“食後に一杯”。

04.
あのコーヒーチェーンもアリ?

Cloverという出会い系アプリの調べでは、北米のユーザー200,000人以上が、初デートに「スターバックス」がピッタリだと答えたそうだ。

これには、CloverのCEOも驚いたとか。まずは、気軽なデートで相手を見極めてから、と考えるのは自然かもしれない。

05.
スイーツを忘れずに

6943e78c9e516d29cd2b259a0bf49c890c2429c5

おいしい食事でお腹はいっぱい。じゃあさよなら?いえいえ。パーデュー大学の研究結果は、もう少しだけ食べ続けることをオススメしている。

水を飲んでいる女性よりも、甘いものを飲んでいる女性のほうがデートの誘いに応じやすい、という結果が出ているそうだ。変わった調査だが、貴重なデータである。

つまり、研究者たちの結論はこうだ。

「スイーツで関係を深めよう!」。

ちなみに、参加者にクッキーを出した実験でも、似たような結果が得られたという。

06.
女性は
赤い服を着るといい

デートで何を着るべきか。中国・華中師範大学の調べでは、女性は着る服によって性的な魅力を増強できる。より話しかけられやすくもなるとか。

写真に写る女性に赤、青、白の布を当てた時の印象を確認した実験結果であり、男性の場合も同様の結果が現れたそうだが、その変化の度合いは女性ほど顕著ではなかった。

07.
男性は
仕事の話をすると喜ぶ

22b38c2c6b5fbb5ef7ca55c333e4e1141088090b

デートアプリ「Zoosk」の調査では、初デートでするコト、しちゃいけないコトカップルに質問した。結果分かったのは、男性の66パーセントは初デートで(もしくは初デートのすぐ後に)仕事の話をしたいと考えている。

ちなみに、41パーセントは、初デートで相手の女性が持っている目標や、子供が欲しいかどうかについて知りたいと考えているようだ。じゃあ話さない方が良いこととは?

過去の恋愛話と、お金の話だそうだ

08.
予算はかけるべし

オンラインデートサイト「WhatsYourPrice.com」の調査によると、男性が初デートにかける予算は平均で80ドル。当たり前かも知れないが、デートにかける予算が多ければ、それだけ期待が大きくなる。

初デートに240ドル以上を費やした男性は、真剣な出会いのチャンスが34%向上したそう。予算が80ドル以下だった人は、どちらかと言えば体の関係が目的。あとくされのないセックスがしたい人たちだろう。

参考までに、マッチングアプリ「Tinder」のユーザーは、平均予算が19.20ドルとあらゆるメディアの中でも一番安価だった。しかし、ここで注意しておかなければいけないことは、あくまでデートがナマモノであるということだ。以上の参考データはどれも指針にはなれど、机上の空論ともなり得る。

たとえば「Tinder」。じつはこのアプリ、ぼくと婚約者が出会ったきっかけの場でもある。そういう出会いだってあるのだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
セックスは、ある程度相手のことが分かるまで待つのが良しとされているようですが、実際は付き合いだした初期段階でセックスしておくべき、というのがこの記事の主張...
デザイン、サイズ、店舗を通して、本当の自分を表現したい全ての人を応援するアパレルブランド「The Phluid Project」。
いまやコーヒースタイルの定番になりつつある「コールドブリュー」。じっくり時間をかけて抽出するわけですが、これをもっと美味しく飲む方法がありました。
初デートに行って「なんかこの人とは合わないな…」と思うことはありませんか?「Elite Daily」のライターAlexia LaFataさんは、大手マッチ...
突然ですが、好きな人はいますか?もし答えがYES!なら、この記事に出会えたあなたはラッキーかもしれません。「Mic」でライターのNicolas DiDom...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...
出産ストーリーって、自分で経験したことがないと、何度聞いても腑に落ちることはないのでは?自分でリアルに感じることが難しいからかもしれません。けれど、Aly...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
ライターSara Calivaがわざわざ「Elite Daily」で記事にしたのは、デートを重ねるごとに見出してきた好感度アップのサインと、その逆のダウン...
ロンドン在住の同性愛者Ben Velzianさんは出会い系アプリ「Tinder」を介してTomさんとマッチング。Tomさんは軽い気持ちでBenさんに「初め...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
Tinderで知り合った、22歳の男性Josh Avsecさんと21歳の女性Michelle Arendasさん。3年かけてマイペースにメッセージを送りあ...
片思い中だけではなく、付き合ってすぐの頃は「恋愛の駆け引き」が、ふたりの間にまだあるからなのかもしれない。「Elite Daily」では、43%の人が初デ...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
最初のデートとは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思うかが肝なのです。そして多くの場合、最初に引っかかりを感じた点は、惜しくも修繕されないケ...
気になっている人とのデート中に、話を盛り上げるきっかけにもなりそうな、「Elite Daily」で見つけた6つの質問。なぜ、この質問をする意味があるのかも...
デートはお金のかかるもの。たしかにそうかもしれませんが、お金をかけたからといって楽しいデートになるとは限りません。ここでは、財布にやさしいカップルの過ごし...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
女の子と初デートに行くとき、あなたは精一杯のおしゃれをしていくでしょう。そして相手は運命の人になるかもしれない、と興奮しているかもしれません。でも、なぜか...
シングルでいられるのなんて、きっといまのうち(キッパリ!)。だったら誰にも口を挟まれず好き勝手できるうちに、やりたい放題やっちゃうってのもアリ。おひとりさ...