リフトでスピードデート!?カナダのスキー場が「バレンタイン」に贈るマッチング企画

明日14日のバレンタインデー。この日、カナダのバンフ国立公園にあ「Mt.Norquayスキーリゾート」が速攻……いや、即効性のあるシングルたちのための企画を実施する。

当日は、スキー場に設置されたリフトに“パートナーのいない”スキーヤーのみが並ぶことが可能で、男女ひとりずつのペアでリフトに乗ることになる。

ポイントに到着するまでの間、ふたりきりの会話をしてもらい気に入った相手を見つけよう!という、ようはスピードデートの企画。

トップに到達したら、ふたりでカナディアンロッキーの景色に囲まれたパウダースノーの世界に向かうか、リフトに乗ったまま下り、新しい人とのシートチャンスに期待するか選択できる。

19〜21時のナイトスキーを利用して開催されるこのイベントは、18歳以上が対象。事前に45ドル(当日は50ドル)を支払えば参加可能だ。

もちろんリフトは乗り放題!でも、何度もリフトに腰をおろすようなバレンタインの夜は、誰も望まないはず。

Top image: © iStock.com/anatoliy_gleb
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
カナダのブリティッシュコロンビア州のホテルチェーン「Zed」では、バレンタインデーにカップルが割引料金で部屋を予約できる。さらに、サービスを利用した9ヵ月...
アウトドアブランド「パタゴニア」は、3月6日(金)より、上越・東北エリアの6スキー場を訪問し、スキーウェアやアイテムを無料で修理する「Worn Wear ...
海外で話題の次世代ウィンタースポーツ「スノーフィート」がついに日本上陸!
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
2020年〜2021年シーズンより「フッ素スキーワックス」を使用禁止すること発表した「国際スキー連盟」。それがW杯開幕直前だっただけに、現場は大混乱。
ロンドン在住の同性愛者Ben Velzianさんは出会い系アプリ「Tinder」を介してTomさんとマッチング。Tomさんは軽い気持ちでBenさんに「初め...
バンフから車で約1時間半ほどの距離にある都市カルガリー。同じアルバータ州にあるご近所さんであるにもかかわらず、バンフの影に隠れがち。でも本当は、他の都市に...
世界三大雪まつりとも称される「ケベック・ウィンター・カーニバル」。日本でも馴染みがある氷像や氷の滑り台、アイスバーなどに加えて、カナダならではのアクティビ...
カナダの最東端にあるニューファンドランド・ラブラドール州のフォーゴ島。この島の岩石海岸にポツリと建つホテル「Fogo Island Inn」。自然以外何も...
「BEAMS」は、プロ野球チーム「読売ジャイアンツ」との異例のコラボをスタート。ファッションとしてもぴったりな限定アイテム全12型は現在販売中!
カナダで紅葉といえばメープル街道。でもね、こんな素敵な場所もあるんですよ。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
デッドリフトと呼ばれる筋トレ(エクササイズ)の方法をご存じですか? メタボという言葉が一般化してからでしょうか、体を引き締める運動のなかでも、おなか周りを...
「株式会社ユキヤマ」が運営するスキー場情報アプリ「yukiyama」がフルリニューアルを。デジタルマップはもちろん、ゲレンデ状況やコースの確認、GPS機能...
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
日本最大級のボードゲーム専門店「すごろくや」に、誰とでも仲良くなれる「おすすめボードゲーム」を3つ紹介してもらいました。
トルコでは「香水」の消毒剤としての需要が高まり、コロナウイルス対策として大量に買い占められている。
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。カナダのセブンでは、特定の商品よりもサービス精神に興味を惹かれました。
プリンスエドワード島にある「West Post Lighthouse Inn & Museum」。海の目の前にあるこの宿では、他では決して体験できないほど...
カナダとオランダは、両国間の空の移動でパスポートをペーパーレス化する取り組みを発表。年内に試験を行い、2020年をめどにペーペーレスフライトの実現を目指す。
カナダの新聞社『Regina Leader-Post』は学校への配達を中止しました。理由はシンプルで、マリファナに関する広告が掲載されているためです。
だいぶ暖かくなってきましたが、GWくらいまでまだまだスキーが楽しめるところも多いので、こんなネタを。「WING JUMP」は、その名の通りスキー中につける...
ノルウェー発の「Sled Dogs」は、スキーブーツのソール部分に、スキー板がつけられた製品です。カンタンに説明をすると、アイススケートのように滑れるのだとか。