相手にとっては重たすぎる、パワポでつくった「デートの企画書」。

ロンドン在住の同性愛者Ben Velzianさんは出会い系アプリ「Tinder」を介してTomさんとマッチング。Tomさんは軽い気持ちでBenさんに「初めてのデートはどこに行きたい?」と問いかけます。

ここで、Benさんは考えました。

普通に答えたのではインパクトに欠ける。せっかくの初デートなのだから、熱意を見せなきゃ!BenさんがTomさんへの情熱を伝えるために取った行動は、初デートのプレゼン資料を作ることでした。

「デートでどこへ行くかの提案書」

パワーポイントで本格的な資料を作成しちゃったBenさん。プレゼン資料は6ページにもわたるのですが、その熱意がスゴ過ぎ!かいつまんで紹介します。

【概要】

・僕とTomがデートするための会場を提案。
・7/31から、君は3週間イタリアに行く。
・天気はあまり良くないようなので、屋内で楽しめるアクティビティの推薦。
・僕は肉が食べられないので、肉料理以外を出すレストランの提案。

■提案1

・John Soane美術館はどうでしょうか(日没後のキャンドルがステキらしい)
・John Soane美術館は、建物自体が歴史的建造物。世界中から集めたコレクションを彼の家に集め、内装を美術館として利用しています。初デートにはもってこいの場所ではないでしょうか。

■提案2
ミレニアムドームのアート迷路 

・画像参照。ここはアーティストのギャラリーの中にある迷路。リーズナブルで面白い施設と思います。ここが良かったら、急いで整理券を取らなければならない。
・僕は行ったことないけれど、ハウスメイトは行って楽しかったと話している。

■提案3
ジャンクヤードゴルフ 

・多分経験あるはず。東ロンドンに住んでる人は絶対やってるはず。
・Brick Laneのコースの提案(あまりヴィンテージものの服は好きじゃないのだけれど、君が好きなら要相談)。当コースはWentworthのスクラップチャレンジ。ジャングルっぽい服を着ていくことがおすすめ。

【結論】

・提案はいろいろしたが、君がパブで飲むことを望むならば、それも大賛成。
・他の提案があれば教えて欲しい。
・会えるのを楽しみにしている。

資料重すぎ?熱意ありすぎ?
まさかのアカウントブロック(涙)

気合いたっぷりのプレゼン資料を送ったBenさんでしたが、Tomさんの返事は来ないどころか、なんとアカウントブロックをされてしまったんだとか(驚)。熱量たっぷりの資料が、もしかしたら重すぎたのかもしれません。

失意のBenさん。プレゼン資料をTwitterに投稿したところ、これが大きな話題となり、「じゃあ僕とデートしよう!」というユーザーまで現れました。チャンスはどこにあるかわからないし、熱意は必ず誰かに伝わる。良かったですね、Benさん。素敵なデートを楽しんで!

Licensed material used with permission by @velzzb
カレとの初デートを控えて心配が山盛り…。そんな不安の解消法を提案するのが「Elite Daily」のRachel Shattoさん。彼女が提案する初デート...
日本でも展開して欲しいと願いたくなる魅力的なお菓子の企画がアメリカで行われました。加工食品メーカーの「ケロッグ」が製造する大人気のクラッカー「Cheez-...
デザインチーム「Nyokki」が作る「逆から履歴書」は、過去の自分ではなく、未来の自分を先に伝えることで、働く姿を想像してもらう画期的なアイデアだ。
10月22日よりAirbnbもGoToトラベルキャンペーンが適用になりました。そこで今回は、Airbnbと協力して、おすすめの宿をピックアップ。泊まりたい...
好きな人と初めてのデート。どうにか成功させたいと思いますが、どうやってアピールすれば好印象を持ってもらえるのかを考えるのは、非常に難しいですよね。「The...
「ルームメイトがプロムのパートナーを探しているの!」とある女の子のFacebookポストに、とびっきりクリエイティブな方法でアピールをした大学生がいます。...
2月14日のバレンタインデー。カナダのバンフ国立公園にあるスキー場では、リフトにパートナーのいないスキーヤーが男女ペアで乗るスピードデート企画を実施。
あなただったら、なかなかデートをしてくれない相手を振り向かせるために、どんな方法を使いますか?スマホでメッセージを送る?電話でアピール?あえて手紙にする?...
最初のデートとは、試食のようなもの。つまり、そこで「おいしい」と思うかが肝なのです。そして多くの場合、最初に引っかかりを感じた点は、惜しくも修繕されないケ...
コスプレイヤーで街がごった返す日本の「ハロウィン」。今年はお家で楽しんでみましょう!お家でハロウィンを楽しむアイデアをまとめてみました!
日本と海外の恋愛観の違い。今回は、デートを重ねて「やっぱり違うな…」と相手に感じた時の対応について。
選考から落ちないためにも、履歴書の第一印象を強くさせたいと思いますよね。そこで、海外の人気ビジネスサイトのInc.から、会社が履歴書で「会いたい」と思うよ...
アメリカの宝石会社が展開している「プロポーズアンバサダー」なる企画があります。投票で選ばれたカップルが、米国内の6都市をまわって最高のプロポーズ場所を見つ...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
仕事を探している時、履歴書を書いて自己表現するのは、私たち人間にとっては当たり前のこと。しかし、犬が同じことをしてみたらどうだろう。これが意外にオモシロか...
香川照之氏が新たにプロデュースする「草花と昆虫のエシカルブランド Insect Garden」は、再生ペットボトル100%素材などのエコ素材を使用。ブラ...
創業130年を超える老舗が作る利便性バツグンのスマート財布。2方向で素早く開閉できる「時短L字型ジップ」や、開けてすぐに取り出せる小銭入れの位置など、財布...
自分の履歴書を少しでも目を引くためにも、いろんな工夫をすると思いますが、アーティストであるAndy Morrisさんは自分自身のLEGOとそのパッケージを...
「Microsoft」と「LinkedIn」が発表したのは、履歴書を効率良く作成するための新機能。Wordで打ち込みながら、参考にできる成功者の履歴書を確...
4月15日、デーティングアプリ「Dine(ダイン)」はオンラインデート機能「オンラインレストランDine」をリリースした。このオンラインレストランではフー...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...
デザイナーでアーティストのDawayne Kirklandさんは、自分の履歴書をラップしてウェブメディア会社に応募しました。そのラップ動画が話題となりました。
いくつになっても、初デートは緊張するもの。相手の前で、変なことを言って嫌われたら…。そんな考えが頭をもたげ、巣の自分をさらけ出せないのは、きっと僕だけでは...