アメリカで行われた
太っ腹すぎる「ケロッグ」の企画

魅力的なお菓子の企画がアメリカで行われました。加工食品メーカーの「ケロッグ」が製造する大人気のクラッカー「Cheez-It」に絡むもので、これがとってもユニーク!

5月初旬、ケロッグが米国内のどこかに一年分のCheez-Itを保管する“秘密の部屋”を用意したとリリースを発表。人気すぎて在庫が心配になったというものでした。「このクラッカーは見つけた人がもらえる」とも伝え、14日には場所のヒントとなる動画も公開。

その数日後……ラッキーなファンが秘密の部屋を発見!約束通りクラッカーをもらえるとのことで、見つけた女性は大変うれしそう。自分の大好きなお菓子が一年分もらえるなんて、正直羨ましいですよね。

© CHEEZ-IT/Twitter
Top image: © Kellogg Company
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
アメリカの宝石会社が展開している「プロポーズアンバサダー」なる企画があります。投票で選ばれたカップルが、米国内の6都市をまわって最高のプロポーズ場所を見つ...
「スカンジナビア航空」が展開中の太っ腹プロモーション。23ヵ月の幼児から11歳までの子どもの基本運賃(税金などを抜く)が無料というもの。航空券の申し込み期...
「Hound Labs」はカリフォルニアの企業が開発したブレスチェッカー。アルコールを検知するだけでなく、吐き出された息に含まれるマリファナ成分も発見できます。
自宅にいながら個人輸入ができちゃうオンライン輸入食品店(勝手にそう呼んでいるだけ)「iHerb(アイハーブ)」を活用して「#おうち時間」をもっと充実させよ...
アパレル業界の廃棄課題に取り組むブランド「Rename(リネーム)」がおこなうアップサイクルプロジェクト「Rename X(リネームクロス)」から、リラッ...
5月29日にアメリカで発表された「Skai」は、水素を燃料にして飛行する航空機。結論から言うと、水素自動車よりも先に普及するかもしれません。
紹介するのは、アメリカ・アトランタに期間限定でオープンしているラーメン屋さん。「中村家」と名乗っています。でも、名前よりもラーメンに注目です!
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
新型コロナウイルスがアメリカで猛威を奮っていた最中、アメリカ全土で豆腐の売り上げが急上昇していたというデータが発表された。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
炭酸水で割って楽しむもよし、ミルクで割ってチャイラテとして楽しむもよし!スペシャルティコーヒー専門店「LIGHT UP COFFEE」から、コーヒーのクラ...
自然のものとは思えないような鮮明な木々の色に驚くはず。紅葉というよりも、赤、黃、緑、紫とまるで花畑。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
アメリカンダイナー風のポップなインテリアにパステルカラーを組み合わせた室内がかわいい部屋。「The McFly」と呼ばれていて、アメリカ・テキサス州ダラス...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
「Marry an Amsterdammer(アムステルダムの人と結婚せよ)」アムステルダムで始まった新しい旅の企画です。地元の人と指輪交換含むウェディン...
着用型ロボット、パワードスーツ「ATOUN MODEL Y + kote」は、腰と腕を同時にアシストし、重いものをカンタンに持ち運ぶことが可能。腰への負担...
「Yahoo! JAPAN」トップページより、甲子園の全試合の生中継に簡単アクセス。5Gを駆使したVR映像や多視点映像、見逃し配信も無料で視聴可能!
ひとくくりにできるわけないとは思っていながらも、アメリカは「太り気味」で「ポジティブ思考」みたいな会話、心当たりがありませんか?「The Infograp...
「Epic」の社員には、5年に一度、旅を目的とした4週間の特別有給休暇が付与される。
「FoodSwitch」は、自分が手にとったお菓子のバーコードをスキャンすれば、それよりもヘルシーな製品を教えてくれるアプリ。
日本では日常の足として愛されている「ママチャリ」。そんなママチャリがアメリカで普及しないのには、こんな理由があったんです。
一体何味なのか公表されないまま発売される「ミステリーオレオ」。フレーバーを当てた人のなかから抽選で5万ドルが当たるという夢のような企画。2019年今年のフ...
アメリカ・ペンシルバニア州にあるカーネギー・メロン大学のある研究チームが、同国内のクサい場所を共有できるアプリ「Smell MyCity」を開発しました。