この季節に「おひとりさま」であることは、むしろポジティブかも。

ライターTayi Sanusiさんの言うように、恋人がいない現実にときどきメソメソしちゃうもの。とくにこれからの季節、X'masにバレンタインデーと、カップル行事が増えるだけに、意識するなというほうが酷だったり…。

でも、でもですよ。

シングルでいられるのなんて、きっといまのうち(キッパリ!)。だったら誰にも口を挟まれず好き勝手できるうちに、やりたい放題やっちゃうってのもアリ。おひとりさまを楽しむための「ソロ・デート」。もちろんアメリカ版ですけど、Sanusiさんの提案を見る限り、これ日本でもいけそう。

5be035a08ef777bf671869b0a285d4737c2eab4f

恋人がいないと、新しい彼を見つける必死さから「ひとりの時間」の大切さってをないがしろにしてしまうときがあります。ですが、何も彼がいなくたって外へ出掛けて楽しめるはず。自分を大切にする時間として“ひとりデート”をおススメします。

「隣の芝生は青い」なんて言葉があるように、私たちはどうしてもないものねだりをしてしまう。とくに周りがみんな彼氏持ちだと、余計「おひとりさま」が身にしみたり。ですが、近年では社会的プレッシャーも緩んできているため、いくらか焦りを感じずパートナー探しが出来るようになってきたはず。

誰かと一緒にいるストレスを取っ払って、シングルでいるのってじつはお得な点がいっぱい。早速この6つのひとりデートアイディアを参考に、シングルライフを満喫しちゃいましょう。

01.
のんびり一日“スパ三昧”

5a2916067aee17411f696c72be7729f9b7eef9bc

どうしてか過小評価されがちですが、ひとりで行くスパほど最高なものはありません。ジャグジーにソルト・バスにサウナ…もうこれ以上補足する必要はありませんよね?

少し贅沢がしたい気分なら早めにきてスパを楽しみ、午後からはマッサージを予約してみましょう。待ち時間に退屈しちゃわないよう、雑誌や本の持参も忘れずに。

02.
ストレスから解き放たれる
一泊二日の気まま旅

とくにストレスフルな環境で働いていると、夜のお出掛けだけじゃいまいちリフレッシュし切れないもの。財布の紐を緩める余裕があれば、一泊二日でどこかへ出掛けると満タンまで充電ができるはず。

ひょっとしたら、数時間離れた場所にある小洒落た港町がずっと気になっていたのでは?好き勝手できる時間をカラダが欲しているなら、この際に与えてあげましょう。

03.
あえてHAPPY HOURに
ひとり読みふける

51b1f33b8cabbd53aabc484a31c8b327dfbf0866

ハッピーアワーの時間帯に本が読めるほど静かなバーを見つけるのって至難の技。でも、シックなホテルのラウンジだとしたら?いつものバーよりも間違いなく落ち着いているはず。クラフトカクテルと粋なスナックを片手に、読書タイムなんてどう?

04.
ワインとタパスで
リッチな気分を味わう

できることなら毎日シャルキュトリにヴィンテージのワインを飲みたい…。(これはあくまでも私の願望です)

もしワインが苦手なら、自分へのご褒美と思ってタパス料理屋さんでサングリアをピッチャーで頼んじゃいましょう。ビールを愛してやまないあなたなら、クラフトビールのブルワリーを訪れるのも最高のひとり夜デートですよ。

05.
ローカルなフードマーケットで
ちょっぴり贅沢なお食事

B734d9a15e088092fb811b9132699d061a775ea6

ニューヨーカーにとって食のパラダイスと言えば、チェルシーマーケット。どれにしようか迷いすぎて、もはやパニックに陥りそうなくらいです。できるだけたくさんの食べ物が食べられるよう、ちょびちょび攻めるのが私流。

ニューヨーカーじゃなければ、とびっきり美味しい食が口にできる地元のフードマーケットを見つけ出せば◎。

06.
ヤギとヨガをする

未だに私はヤギ・ヨガの存在を信じられずにいますが、もし私のようにヤギが大好きなら「ヤギが遊びまわる野原で太陽礼拝」なんてモッテコイでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「幸せじゃないなら別れちゃえば?」そう口にするのは簡単ですが、なかなか離れられず、今の恋愛をうまくいかせようと試行錯誤するカップルも多いはず。でもその恋愛...
周りとは群れず、際立つカリスマ性を放つ孤高の存在。今回「YourTango」が注目するのはこの手の「おひとりさま」。だから魅力的なのか…と納得してしまう1...
デートの相手もいないし、今週末もまたひとり…。なんて思っているみなさん、シングルならではの、恋人がいる人にはマネできない贅沢な週末の楽しみ方があるんです。...
いま、シングルの女性たちに届けたい記事を「Elite Daily」よりピックアップしました。「街を行くカップルたちを羨むような目で見てばかりいては、モッタ...
皆さんは今、仕事を楽しんでいますか?仕事に対してどんな感情を抱いていますか?「独身のうちは、恋愛よりも仕事に精を出すべき」と説くのは、「Elite Dai...
そうです。確かにそうなんです。「独り身」のときと「恋人あり」のときでは、日々の生活のリズムがまったく変わってきます。「ScrollDroll」のインスタに...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
どんなに独立心が強い女性でも、毎日ひとりで過ごしたいわけじゃない。「Elite Daily」のAllison Isaacsonさんが、そんなシングル女性の...
ライターJen Soule氏がまとめた「20代シングル女子」の頭の中は、恋愛のことでいっぱい。彼氏なんて要らないと強がる自分と、やっぱり欲しいという正直な...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...
みなさんは恋人を選ぶとき、どんな理想を持っていますか?たとえば、自分の話をきちんと聞いてくれる。浮気をしない。自立していてクリエイティブ。など、いろんな要...
なかなか恋愛がうまくいかない…。そんなあなたに知っておいてほしい「7のコト」があります。構えないで気楽にしている方が、いい運って巡ってくるのかも。01.相...
フロリダ州・マイアミに住むLauren Ellman先生(以下、ローレン先生)は、「THOUGHT CATALOG」で恋愛関係、デート、自己愛、ワークライ...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
男性をきゅんとさせるポイントは、あなたのどこに隠れているのか。それを見つけるだけでも、大きな進歩になるはず。「Elite Daily」の記事をもとに、恋愛...
「The School of Life」が紹介しているのは、いつまでもシングルでいることのメリット。あなたは「愛」について真剣に考えているからこそ、1人を...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
初デートに行って「なんかこの人とは合わないな…」と思うことはありませんか?「Elite Daily」のライターAlexia LaFataさんは、大手マッチ...
バックパッカーの女の子たちから聞く話ほど、刺激的で面白いものはありません。さまざまな経験をしてきた彼女たちは、他の女の子とは違った魅力を持っています。「I...
初デート用の「チェックリスト」を自分でつくって、基準をはっきりさせておけば間違いは防げる。Elite Dailyによれば、デートの合間に見定めるべきリスト...