CAがオススメ。恋人がいても「ひとり旅」をするべき理由とは?

ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。

でも、「Elite Daily」の寄稿者であり、キャビンアテンダントであるKayla Cardilloさんによれば、離れることで絆は深まるものなのだとか。彼女が教えてくれた「恋人がいてもひとり旅をオススメする理由」を読めば、さっそく自分磨きの旅行に行きたくなるかもしれませんね。

お互いの関係が
絶えず新鮮

不思議なことに、恋人とは離れたほうが距離が縮まるものだと思う。これは私の経験だけど、新しいビキニを持って南国旅行に行ったあと、なぜか彼に会いたくなったの。新鮮な気持ちで彼に接することができるし、新しい風が吹き込む気がするのよね。

私はキャビンアテンダントだから、仕事柄ずっと同じ場所にいることはできないの。毎日同じ習慣を繰り返すこともできなければ、毎日同じアパートの同じベッドで眠ることもできない。もちろん好きな人と過ごす時間も、まちまちよ。でも幸い私の仕事のせいで恋人と別れたことは一度もないの。どちらかといえば、私はこのライフスタイルのほうが刺激的な恋愛ができると思ってるくらい。だって帰ってきたとき、離れてる間のできごとを話すのって楽しいじゃない?

仕事でのフライトはもちろん、私は基本的に旅に出かけるのが好きなの。だから付き合うなら、私が急にハワイへ飛び立つくらいでは驚かない人じゃないとダメ。みんながみんな、私みたいに突発的に「旅に出たい!」ってなるタイプじゃないとは思うけど、突然のひとり旅をしてみたり、ノマドワーカーと付き合ってみたりするのも、試してみる価値があると思うわ。

「当たり前のこと」に
感謝できる

"Absence makes the heart grow fonder" (会えない時間が愛を育てる) というフレーズ。これが本当なら、恋人から少し離れてみると、絆が深まるってことよね。反対に寂しさすら芽生えないなら、その人はあなたの「運命の相手」じゃないのかも。絆が強ければ、どれだけ離れているかなんて関係ないはずよ。

あと、ずっと一緒にいるといろんなことが「当たり前」になっちゃうでしょ?隣でいびきをかいてる姿も可愛いのは最初だけ。いつの間にか「うるさい」って感じるようになるかもしれない。いびきが原因で、ちょっとしたケンカが始まることもあるかもしれない。

一度離れてみると、恋人の大切さに気づけるわ。いびきが聞こえなくなって初めて、その大きな寝息がまた愛しく思えるもの。

つねにお互いが
自分を磨いていける

「どれだけ相手を想っているか」ということをお互いに再確認できるだけでも充分メリットがあるわ。でも、それ以上にお互いの人生がもっと輝いたらステキよね。だって、地下鉄で見かけた感じの悪いおばちゃんの話とか、毎日そんな話してたってつまらないでしょ?(人生に楽しさが必要な人であればね)。

それならば、見慣れないヨーロッパの電車でのできごとのほうが、よっぽど面白いと思わない?離れて過ごした時間を一緒に振り返ってみるのも、きっとひとつの楽しみになるし、それぞれが新しいことを経験していけば、いつも相手に話したいことがある状態でいられるの。

一緒に成長していくのも大事だけど、自分を磨いて成長していくのも大事なこと。そのためにも、行ったことのない場所へ足を運ぶのはベストな方法だと思う。新しい土地で出会った新しい自分を受け入れてくれる相手がいるのは幸せなことよ。

それに、ずっと一緒にいると見えてこないことも、離れてみることで見えてくるはず。人生はいつだって冒険だから、新しい場所へ足を運べば、もっと実のあるものになるわ。だから、恋人との別れが怖いからって旅に出るのを躊躇しないで。今の恋人があなたにとって最高の相手なら、今よりもっとステキな関係を築けるはずだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
愛してくれる誰かが近くにいると、困った時にすぐ頼ってしまう。相手との付き合いが長いほど、努力しないとダメだと思いながらも甘えちゃう。でも、そのままでは、い...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
『アリババ』は、11月11日の独身の日に、約2135億元相当の購入があったと公式サイトで発表しています。日本円にすると約3兆4700億円です。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
恋人とは、積極的に旅行に出かけましょう。そういう時こそ、普段の生活では見られない一面が良くも悪くも発見できるものだから。「相手のことはなんでも知ってる」な...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
常に彼氏がいる「安定」を「幸せ」と勘違いしていませんか?もちろん誰かに愛されることは、嬉しいこと。でも自分の好きなことを犠牲にしている関係なら、勇気を出し...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
あなたは、パートナーのことをどれくらい知っているだろうか。いつものデートだけでは、ありのままの性格や相手が見えないと思う。それは、お互いに印象良く見せよう...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
シングルでいられるのなんて、きっといまのうち(キッパリ!)。だったら誰にも口を挟まれず好き勝手できるうちに、やりたい放題やっちゃうってのもアリ。おひとりさ...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
冬が近づいてくると、理由もなくなぜだか寂しいという気持ちになって、シングルの人は出会いを欲するのではないでしょうか。いまは恋人が欲しくないと考えていたけれ...
Elizabeth Stoneは、恋愛依存体質の女性に対して、しばらくは独りを楽しんだらどう?とオススメしています。モテてる感じがして気持ちいいかもしれな...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
「恋人よりも、あなた自身の大切なことや幸せを優先するべき」。そう語るのは「Elite Daily」のライター、Emily Brookshireさん。良い恋...