男性が「つい夢中になってしまう」のは、こんな女性

Elite Daily」でいくつもの恋愛記事を執筆し、多くの共感を集めているライターPaul Hudson氏。ここで紹介する「男性が絶対に手放したくない女性の共通点」をまとめた記事も、100万シェアを突破したそうです。

01.
しなやかな「知性」を感じる

世の中をしなやかに生き抜いていくためには、知恵とホスピタリティが必要。話す内容や言葉の選び方にその人なりのセンスが光るからだ。

単に賢いというだけで上から目線で話すのではなく、知識を活用し、相手が求めていることに的を得たアドバイスを与えることができる女性。知性はその人自身の品格も表わすのだ。

02.
内面からにじみ出る美しさ

人によって異なる「美」という概念。美しさの本質は個性にあり、その個性はあなたに内在する価値ではないだろうか。自分らしさを知っている女性ほど、オリジナリティを発揮する方法の幅も広く、自分の美しさをよく理解してるもの。

内面から輝きを放つ女性に出会ったら、絶対に手放したくないと感じるはず。 

03.
母親のような優しさがある

ともに人生を重ねていくうえで、優しく思いやりある女性がパートナーでいてくれたなら、どんなときでも心に平穏を保っていられることだろう。

他人の気持ちにより添い、母親のような大きな愛で包み込む女性。本気で家庭を築きたいと思ったとき、こうした母性を持ち得る女性は選考のうえでの重要なポイントだ。

04.
物怖じしない冒険心

長い人生、ときには単調でつまらないものと感じることだってあるだろう。たとえそれが恋愛であったとしても、どこかで刺激が薄れてくるとマンネリ感は拭えなくなる。

エネルギッシュでアクティブな女性、冒険心があって何ごとにも前向きな女性は、男性の人生を楽しくさせてくれる嬉しい存在。

05.
一途にひとりの男を愛する

ある意味、男性視点の典型かもしれないが、恋愛に発展したあとも、女性に比べて男性は、自己中心的な思考に偏りがち。その一方で女性は、愛する人だけに専念する能力があるように思えてしまう。

心の底から男性を愛し、全てを捧げることができる女性に、決して裏切るようなことをしてはいけない。

06.
個性を尊重し合える

人生をともに歩んでいくためには、パートナーの意見に歩み寄り理解することも必要。一方、お互いの主張すべき点は遠慮せずに伝え合わなければいけない。

同じ幸福を共有でき、互いの欠点を認め合える仲ならば、いつまでも関係にヒビが入ることはないはずだ。

07.
ただ何となくでも
居心地がいい

深く愛する人の側にいることは、まるで自宅でお気に入りのソファでくつろいでいるかのような居心地のよさに似ている。窮屈さとは無縁なリラックス感を味わうことができるから。

この「居心地のよさ」だけは、いくら大金を積んだって、やすやすと手に入るものではない。

08.
間違いを指摘してくれる

男性はときに愚かとも言える間違いを犯す生き物。その欠点を気づかせてくれる女性はかけがえのない存在だ。

自分の時間を割いてまで、その問題をともに悩み考えてくれる。ひとりで答えを導き出せず、迷宮に陥るときには明かりとなってくれる。そんな女性は絶対に手放したくない。

09.
情熱的な生き方をしている

情熱であふれた人ほど、生きる価値を見い出せていると思って間違いはない。それでも、ひとりだけで情熱を傾けて行くには体力もいるし、ときには誰かに甘えたくもなるだろう。良き理解者の存在があってこそ、そのものに注力できるわけだから。

情熱のすばらしい面はむしろ、他人へと伝染する能力。彼女の生きる力があなたにも必ずや活力を与えることになるだろう。

10.
女性としての強さと
気品を兼ね備えている

好みの違いはあれど、意外に多くの男性が望むのが、強さと女性らしさを兼ね備えた人。一見、正反対とも思えるこの2つの性質、実は表裏一体のものではないだろうか。

自分への誇りや正直さは「強さ」となり、気品ある「美しさ」は男性にとって癒しとなる。

11.
自分の人生に対する
ブレないビジョンがある

他人から何を言われようが、歩む道を信じて突き進める勇敢な女性はあなたに多くの好影響を与えてくれるはず。自らの行動に責任がある人は、言い訳をしたり、他人に責任をなすり付けたりしないもの。

自分が幸せに近づくことで周りをも幸せにできると信じている人ほど、ブレない自信がある人だ。

12.
彼女なしの将来が
想像できない

時に、思いもよらないくらいに愛おしさを覚えることがある。そこに理由はない。もしその相手が彼女であり、将来も隣にいて欲しいと思うなら、絶対手放さないように。

ただ私たちは、失ってはじめてその存在の大切さに気付く。と同時に、チャンスは何度もあるものだと思ってしまう。それは逆だ。一度失ったら元に戻れることは、ほとんどない。

Licensed material used with permission by Elite Daily

おすすめ記事

関連する記事

「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
男性が求めるべき女性は、こうであってほしいーー。そう語るのは、「Elite Daily」の恋愛エキスパート、Paul Hudsonさん。彼女がもし、「絶対...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
たいくつなコーヒーの味に刺激をプラスする「Ujjo」は、コーヒー専用のホットソース。
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
いかにもセクシー服装をしている女性の姿より、セクシーじゃない女性の普段の姿や行動が、男性にとってそそられるそうです。例えば、歩く姿やユーモアのある時や、好...
あなたの彼女が、恋愛の「勝者」である10のサインをご紹介。
好きな男性とスキンシップする女性たちの姿。幸せいっぱいな気持ちが伝わってくる。恋愛がめんどくさいと思っている人も、Lorraine Sorletの描くカッ...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
6月3日に登場した有料サブスクリプション「Twitter Blue」では、新たにBookmark Folders(ブックマークフォルダ)、Undo Twe...
経済的な自立が難しい女性をサポートするためのプロジェクトで作られたアクセサリー。でもね、辛い過去があってもみんな楽しそうなんです。
「芯のある女性」に学ぶ20の恋愛術をご紹介。是非参考にしてみてくださいね。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
少しの恋を楽しむなら、時にはカラダだけの関係もありなのかもしれません。でも、本当に大切な人と親密な関係を育みたいのなら、相手を思いやり、誠実でいることが何...
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
今回語ってくれるのは、Elite Dailyの敏腕コラムニスト、Alexa Mellardoさん。恋愛についてのズバズバ主張が、女性たちの共感を集めている...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
長続きするカップルは知っている「ルール」「NGワード」「マンネリ解消法」「友達と恋人のバランスの取り方」「良い影響」など、いまパートナーがいる人に読んで欲...
「Elite Daily」ライターGigi Engleさんの記事によると、どうやら女性は無意識のうちにダメな男性を選んでしまう傾向にあるそうです。その訳を...
彼女に殺されかけた男が、なんとその彼女に法廷でプロポーズしたという話。しかも、どうしても彼女と結婚したいからという理由で、裁判官に情状酌量を求めたとのこと。
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
結婚する夢の意味とは?相手、シチュエーション、心理別に夢占いの専門家が解説します。
誰かと付き合うと好きだからこそ不安になってしまうことがある。でもそれ、上手く処理できないと地雷となって関係が修復できない形まで崩れてしまうかも。そうなる前...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
恋愛を中心としたコンテンツが多い、NYで人気のウェブメディア「YourTango」。ここにArianna Jeret氏が書いた「パートナーにするなら、うお...
とても仲良しでいい雰囲気だったのに、いざ付き合うことはなかった…という時、男性はどんなことを考えているのでしょうか。気になる女性と付き合わずに「キープした...
宿泊先を貸す人も借りる人も「女性限定」で、さらに「完全招待制」。女性が安心して旅行を楽しめるサービス「Golightly」のご紹介。