「本命の女性」にしか見せない、13のサイン

セフレとは「セックス」に重点を置き、恋人は「愛」に重点を置く関係。でもこの境界線って、意外とグレーだとも思う。

最初はセフレだったのに、徐々に想いが大きくなる……なんて愛の形もあるでしょう?と、『Your Tango』のOssiana Tepfenhartさん。

彼女曰く、ただのセフレではなく「彼女にしたい」と思い始めると、彼らは非常にわかりやすい行動で示してくるのだとか。男って、単純な生き物なのよね。

01.
好きな人がいないか聞いてくる

人は愛を告白する前に今後のふたりの成功率を予測するため、まず相手に探りを入れるもの。

他に心配するべきライバルがいるかどうか、気になってしまうのよ。

02.
前より「熱のこもった瞳」で
あなたのことを見ている

男性から好意を示されている時って、「視線」でなんとなくわかるもの。

たとえ、既に体の関係を持っていたとしても、あなたを切望しているような目で見つめてくるのなら、それはきっと恋人という名目を欲しがっているから。

ネコちゃんのようにウルウルな目でそれを訴えてくるのなら、彼は確実にあなたのハートを射止めたいはず。

03.
最近、プレゼントをくれる

男は、ただのセフレにわざわざプレゼントなんて買いません。

会うたびに何かしらプレゼントをくれるようなら、「急にどうしたの?」なんてストレートに聞いてみるのもありかも。

だって彼は、もう喉から手が出るほどあなたに恋い焦がれているはず。

04.
おしゃれなデートに連れて行く

彼がもしセフレという関係に満足しているのなら、"Netflix and chil"ゾーンから抜け出すことはおそらくないでしょう。

でも外でのデートに誘ってくるようなら、セフレ以上の関係を求めていると思っていいはず。

05.
友だちに紹介される

言わずもがなですが、これは付き合って数ヶ月経ったカップルがすることです。

友だちに紹介してくれるのは、あなたを「彼女」と呼ぶ日を望んでいるに違いない。

06.
イイところを見せようとする

たとえば夕飯を作ってくれたり。

あなたが彼の家に泊まることも一切嫌がらず、むしろお泊まり用の歯ブラシを用意してくれるくらい。あなたともっと一緒にいたいことを、行動で示してくれるんです。

07.
彼からは、異性の話をしない

男とは、自分のお目当ての子にしか興味がないもの。セフレの前でも、平気で今気になっている子の話をするでしょう。

一緒にいても、ほかの女の子の話があがらないのなら、興味の対象はあなただから。

08.
まだ正式に付き合っていないのに
カップルらしいことを望む

たとえばあなたにご馳走を食べさせてくれたり、おうちでワインの試飲ができるようボトルを何本か購入したり、疲れたあなたを癒す夜を準備してくれちゃうのは、もはや「僕を選んで」と申し出ているようなもの。

09.
他の男性の話をすると、
ちょっぴり嫉妬される

男とは基本的に縄張り意識が強く、自己中心的。

でもあなたを少しでも独占しようとしているのなら、それはセフレ以上の関係を求めているから。これは彼の気持ちを聞き出す、いいタイミングかも。

10.
抱きしめられる回数が増えた

男だって、ロマンチックな妄想を抱くもの。

その妄想にあなたが巻き込まれている時点で、あなたを彼女にしたいという気持ちが膨らんでいる証拠。

だってあなたとの関係が、想像できてしまっているのだから。

11.
何かを伝えたそうにしている

子犬のような瞳であなたを見つめてくるのなら、もう気持ちはバレバレでしょう。

あなたに気持ちを伝えたくてしょうがないけど、彼らは心を開くことに臆病になっている。男って意外と心配性。

だからこちらから話題を振ってあげて、心を開きやすい雰囲気を作ってあげるのもひとつの手でしょう。

12.
「今は友だちでいたい」
という想いを尊重してくれる

最初はセフレとしか見ていなかったけど、いつの間にか本気で好きになっちゃった…これは男性サイドからも女性サイドからもよく聞く話。

ふたりの関係がいつかセフレ以上のものに発展する成功率は、50%というところでしょうか。いずれにしても、一度「彼女にしたい」と言ってきたのなら、あなたの想いが傾くまで彼は願っているはず。

13.
「付き合わない?」
って軽いトーンでわざと言ってくる

ここまでわかりやすい告白ったら……ねぇ?

Illustration byオザキエミ
Licensed material used with permission by Your Tango
More content from YourTango:
自身もセフレ扱いされた経験があるという「Elite Daily」のライター・Alisan Segelさん。彼女は恋愛アドバイザー・Jacqeline Ni...
あなたの恋人は、腕枕をしてくれますか?どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極める...
明日はホワイトデーだから、プレゼントもずっと前から用意している。そんな男性は、素敵だと思う。ただ、そのプレゼント本当に大丈夫?女性たちの生の声、集めました...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!