思いきって恋人と別れるべき「3つのサイン」

Power of Positivity」に掲載されていた、恋人と別れるべきサインをまとめた記事から、一部を抜粋して紹介しましょう。

恋人との関係に疑問を感じている人は、とくに要チェックです。

10年後に振り返った時に
後悔のない恋愛を

endrelationship2付き合っている時は情熱的になり、パートナーの欠点には目が向かないもの。でも、知らずのうちに恋人から傷つけられているかもしれませんよ。

二人の関係を改善しようとしても、うまくいかない場合がほとんど。もしかしたら、今の恋愛関係を続けるよりも新しい相手を見つけたほうがいいかも。

01.
些細なケンカでも
暴力的な結果に…

endrelationship3どんな関係であれ、虐待や暴力はゼッタイにNG。虐待を正当化することは簡単ですが、その言い訳に耳を傾けてはいけません。

身体的な虐待は、いかなる理由でも許されるべきではないのです。体だけでなく、トラウマとなり心まで傷つけてしまいます。

02.
デートの内容など
自分に決定権を持たせてくれない

endrelationship5一人が相手をコントロールする恋愛関係は、健全ではありません。お互いがパワーバランスを保ち、助け合うことが必須。

もし一方的に決めたり、支配権を握ったりするような相手なら別れたほうがいいかも。

03.
反応が怖くて、
話し難いことがある

endrelationship4話し合いもせずに、長続きする恋愛はありません。難しい話題でも気負いなく話せることが大切。恋人の反応が怖くて、コミュニケーションを避けているようなら要注意。どんな話でもできてこそのパートナーです。

Licensed material used with permission by Power of Positivity

恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこはライターAngel Chang氏も同意見。さら...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
ここでは「Elite Daily」のライター・マリアが書いた、恋人と別れた時のアドバイスを紹介します。別れるってカンタンじゃない。それがたとえ円満だったと...
彼のためにも、自分のためにも。
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいるかもしれません。数少ないデートをドタキャンされたり...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
恋の終わりはネガティブなイメージで捉えられがちですが、逆を言えば新しい恋のチャンス。「そのうちいい仲になれるかもしれないから」と関係をダラダラ続けてしまう...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
Elizabeth Stoneは、恋愛依存体質の女性に対して、しばらくは独りを楽しんだらどう?とオススメしています。モテてる感じがして気持ちいいかもしれな...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介。現在、ニースと東京・原宿に『KEISUKE MATSUSHIMA』を構える、オ...
「別れる!」というのは簡単だけど、本当に口にして大丈夫?「Elite Daily」から、恋人に別れを切り出す前に、後悔しないために考えたい4つの点を紹介。...
「Collective Evolution」でライターのMark DeNicola氏が、今の恋人とこれからも付き合っていくべき8つのサインを紹介しています...
自分と似ている人が好き、っていうのもわかるんだけど。
今から20年以上前に、特別な愛情関係における男女2人は、どのカップル(夫婦)も同様に、3つのステージを辿っている。ということを見つけ出したのが、専門家であ...
恋人に求める条件……「やさしさ」。これ、アメリカでも似たような状況があるようで。以下に紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターCaitlyn ...
恋人に好意を抱けば抱くほど感じてしまう、やきもちや嫉妬心。何となく、女性の方が嫉妬するイメージが強いですが、なにもやきもちをやくのは女性ばかりではありませ...