いまの恋愛に迷いがきたときに「思い出すべきこと」

恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中でその問題に直面し、今のパートナーと一緒にいる状態が本当にベストであるのかと疑うこともあるでしょう。

The School of Life」のこの動画、そういった恋愛の問題を見つめて解決するヒントが隠されています。

やっぱり、
大切なのは「知る」こと
そして「話し合う」こと

2a099542e8365c99f04eb1feb432ad4319848335
Image by The School of Life

私たちはみな、恋愛で幸せになることを期待しています。だからこそ、私たちはパートナーとの関係で性的な、あるいは心理的な不満を抱いたときに「本当にこれで良いのか。現状を打破するべきではないのか」と頭を悩ませます。

これまで観てきた映画や小説、友人との関係や出会い系アプリの情報から、たくさんの影響を受けながら、その問題と向き合うことになるわけです。

1116e26c3f98d272abd437c25934eb64bd254f03
Image by The School of Life

ところが、不思議なことに自分たち以外のカップルは、こんなふうに悩んでいないように思えて、孤独に苛まれることがあります。

かつては一度結ばれたカップルが、関係を続けるか、あるいは別れるかで悩むことは滅多にありませんでした。なぜなら宗教や社会、家の制約が大きく、また子どものいる夫婦の離婚は、子どものためにあってはならないことだと考えられていたからです。

けれど、社会のあり方や宗教の影響力が変わり、そのような制約はだいぶ薄れてきました。子どものためにむしろ離婚をすすめるような心理学者の声も聞きます。

こうして私たちには選択の余地が与えられ、その重さに悩むことも多くなったのです。今のパートナーと付き合いを続けるか否かを決定するのは、「ただ自分がどのように感じるか」それだけです。実際には、自分自身のために合理的な態度を取る努力をするというのは、本当に難しいもの。

悪い環境の本質を見抜き、自分自身と静かに対話するために、次のチェックリストを参考にしてみてください。

933132ba9d13d028e6fa80cc99bdc4a4b9069c46
Image by The School of Life

まず、自分が今のパートナーと一緒にいることで、どれくらい不幸になるのでしょう。それは相手に原因があるのでしょうか。5年後、別の誰かと付き合っている自分を想像してみましょう。未来のあなたは幸せそうですか?

もしかしたら、パートナーの方が本質的に悪いのかもしれませんが、ほんの少しだとしても、ふたりが抱えている問題のうち、自分が原因となっているものはありませんか?

こうして、周囲にお手本となるようなカップルがいないか探してみてください。

412c2241d421ae74a0f6b8c8486c27203e7a8433
Image by The School of Life

次に、今まで付き合ってきた恋人のことを思い出してみましょう。その人たちに比べて、今のパートナーはどれくらい相性が悪く思えるでしょうか。以前付き合っていた人の嫌だった部分を思い出し、それを今のパートナーが持っていないか考えてみましょう。そして、どういう人なら自分は満足するのか思い描いてみてください。

また、出会い系アプリなどで他の異性を見てみるのも手。その人たちをよく観察して、自分の相手が本当に別れるべき相手であるのか吟味してみてください。

大切なのは知ることです。自分の相手はもちろん、相手以外の人を知ることも大切。比較をすることによって、答えは自ずと出てくるものだと思います。

8cd4b8a43335cd779afe71ce550e7d1828aced8b
Image by The School of Life

そして、相手と会話をしてみましょう。否定的な言葉を投げるのではなく、落ち着いて、あなたが今どのように感じ、何に対して不安や不満を抱えているのかを丁寧に説明してみましょう。

あなたが今のパートナーと結ばれたとき、相手の家族を本当の家族のように考えることができるか、今の自分と相手の状況で新しい家族を迎えられるか想像してみてください。

さらに、どんなカップルでも22ヶ月(1年10ヶ月)一緒にいても良いセックスができるか、質問してみましょう。

D2690308e5a312a8bda6188de77f8c58bc91af17
Image by The School of Life

今のパートナーと別れることで、あなたはきっと孤独を感じ、新しい悩みや苦しみを手にすることになるでしょう。たとえそれでも、相手と別れて新しい希望を選択したいでしょうか。

30c3c61fe142bff49ebdab177568fecc45ebc889
Image by The School of Life

ここまで考えても、まだ「相手と別れたい」という感情があなたの中にあるのであれば、それはひとつの答えだと思います。悔いのないくらい熟考して相手とも話し合ったのならば、後悔することも少なくなるでしょう。

誰かとの関係を続けるのも終わらせるのも、大変なエネルギーを必要とし、不安に苛まれるものです。それでも、いずれ選択をしなければならないのであれば、後悔は限りなく少なく、できることはすべてするように。

Image by The School of Life
Licensed material used with permission by The School of Life
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
学生時代の恋愛では、なかなか気づけなかったこと。
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
オランダのスニーカーブランド「Maecer Amsterdam」が、あのNASAとコラボしたスニーカーを販売すると発表しました。
伊豆大島、奄美大島など、日本には50以上もの “大島” があるそうですが、ここで紹介したいのは、愛媛県にある癒しの楽園「八幡浜大島(やわたはまおおしま)」...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
「パートナーのため」と思ってしていることが、じつは想像以上にあなたの首を締めてしまっているかも…?だって「犠牲」と「妥協」のちがいは、恋愛にどっぷりハマっ...
「愛が薄れてしまったから」、「より理想と思えるパートナーに出会ってしまったから」。一度はうまくいっていた恋愛が幕を閉じる理由はいろいろあるでしょう。ところ...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...
自身も兄を持つライターが、独自の目線で、恋愛関係でおすすめな男性を紹介する。家族で、「兄」をいう役割をこなす男性だからこそできることがある、と彼女は主張し...