うまくいくカップルが、絶対にしないと誓っている5つのこと

「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン跡形もなく削除されたなんて場合も。でも一方で「色々あるけど、なんだかんだうまくいってる」なんてカップルもいます。その違いって何なのでしょう?

ここでは「Elite Daily」から、心理学者の見解をもとに、パートナーとの関係を壊してしまうポイントを紹介します。うなずきたくなる納得のものから、エッ、これってイイことじゃないの? と言いたくなることまで。

意外とシンプルだし、今日からさっそく気をつけよう。

01.
カッとなって
行動で不満を示す

7f39837dcfe8bda37012f46a1f72293d2f25b49b

パートナーに何か気に障ることを言われたとき、とっさに行動してしまうことってありません?荷物をまとめてその場から出て行くとか、作っていたご飯をゴミ箱に放り込んでトイレに閉じこもるとか。そこまでいかなくても、しばらく無視したり、それ以上の会話や相手を拒絶するような態度をとっていませんか?

ほんの一瞬でいいんです。少しだけ立ち止まって考えて、なんでそんなに動揺したのかを考えましょう。もしかしたらそこまで気にすることじゃないのかもしれないし、認めたくはないけど図星なことを指摘されて、逆ギレしている可能性もあります。

怒りを抑えろとはいいません。でもヒステリックな行動を起こすより、一瞬立ち止まって自分を見つめ直してみたほうがいい。だって、パートナーとの関係性って、ただ心地いいだけじゃなくて、本来そういうきっかけをくれるものですから。

02.
習慣に甘えて
変化を楽しまなくなる

付き合うようになると、日々の習慣の生ぬるい心地よさから抜け出せなくなることがあります。そういう「なんでもない日常」は、マンネリ化しない限りは良いことと言えるのかもしれません。でも、変化を起こすのに躊躇するようになったら要注意。

例えば、毎週土曜日は同じレストランに行っておきまりのメニューを頼むとか、ソファーで寝落ちするまでNextflixをふたりで観るために毎日家に帰る、とか。そういうものはふたりの経験を制限してしまうリスクもあります。お互いの世界を縮めているのと同じなのです。

同じことをひたすら繰り返してそれを当たり前だと思い、パートナーについてもっと多くを知ろうとしなくなるときというのは、愛が死ぬ瞬間と言っても過言ではありません。

03.
つい背伸びして
嘘をついてしまう

17994181cba0053531c94b6563f8feab9800dbd5

相手を騙す気がなくても、言っていることと実際にしていることが違うのはマズイもの。例えば「お前のことしか考えてないよ」と言いつつ女友達と遊ぶとか。

それだけじゃなく、キャパシティの問題であっても、有言不実行はダメ。ムダに期待させておいて結局約束を守れないなんてことがあったら、それはたとえ悪意がなくても「小さな裏切り」としてふたりの関係に少しずつ降り積もり、やがてお互いへの諦めムードが漂い出します。とにかく背伸びせず、等身大で付き合ったほうがいいでしょう。

都合よく側にいるときだけパートナーのことを考えていても、それは愛とは言えません。愛とはいつも相手に注意と関心を注ぐことです。パートナーの感情や望み、必要としていることを、側にいなくてもいつも見極めようとすること。その姿勢が愛情なのです。

とすれば、自分を良く見せようと嘘をつく暇があったら、相手のことを考えるくらいの気持ちでいるのが一番ではないでしょうか。

04.
自立せず、なんでも
「ふたり」で考えてしまう

いくら仲良しでも、個人個人のアイデンティティを忘れてしまったカップルは長続きしないもの。もし「自分とパートナー」ではなく「自分たち」と考えるようになってきたら、良い関係を築けなくなってきたサインかもしれません。

わたしたちの多くは、無意識のうちにパートナーと自分との境界線をあやふやにしがち。一体感を持つのは良いことのように思えるかもしれませんが、それによって自分では気づかないうちにパートナーに対して敬意を払わない態度をとったり、押し付けがましくなったり、支配しようとしたりしてしまうこともあります。

親しき仲にも礼儀あり。共依存の関係は、いつか歪みを生むでしょう。

05.
悩みや不安を
相手に話さない

D7caa2e4d7cb7f1724242dbd33e2db49c9fab8ab

上記の4つようなことをすると一般的にだんだん愛情が薄れていきます。でもさらに付け加えるとすれば、性生活のマンネリ化や、身体的な愛情の欠如で関係がうまくいかなくなる場合もありますよね。

ネガティブな思考が、結果としてセクシャリティの表現を妨げてしまうのです。例えば、あなたは特に恋人とセックスしたいと思えなくて、そのことに罪悪感を抱くこともあるかもしれません。でも逆に、それは恋人と腹を割って話し合うチャンスなのではないでしょうか?ひとりで悶々と悩まずに、ふたりの関係に何が足りないのかをじっくり話し合うことが大切です。

もっと正直に、オープンに、そして共感力を持ってコミュニケーションすれば、カラダの問題も解決に向かうはず。

Licensed material used with permission by Elite Daily
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
これから同棲を考えているカップル(もしくはすでに同棲しているカップルでも)に効く5つの抱負をKimmy Foskettさんが「Elite Daily」にて...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
中国でキャッシュレス化がどんどん進んでいるっていうのはよく耳にする話。で、他の国はどうなんだろう?と思って、いろいろ調べているうちに、意外な国が目に留まり...
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
人の関係はずっと同じとはいかないもの。長く一緒にいれば、どんなに仲の良いカップルだって、うまくいかない時期がやってきてしまいます。「The School ...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
ようやく彼を見つけたと思っても、なぜかいつもうまくいかないという「Elite Daily」のライター・Alison Segelさん。「どうすれば長続きでき...
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
あんなに小さいのに、こんなに「よくできていた」んだね。
あなたの今の恋人は、最適な恋人?それともただのいい恋人?カップルの相性は、あなたにとって今の恋人がどういう存在かでわかります。6つのポイントでチェックして...
付き合い始めの頃は、誰だって恋人に夢中になるもの。けれど付き合いが長くなるとふたりの関係は変わっていき、時には「心が離れていっているのでは?」と心配になる...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
EmilyとKevinのカップルは、付き合って5年。それだけ一緒にいれば、きっと言葉にしていない本音もいろいろあるでしょう。ということで、お互いの心の内を...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
恋愛関係で悩んでいる人へ。「何だか最近うまくいかない…」と感じているならば、何が原因なのか、まずは自分の胸に手を当てて考えてみましょう。もし自分に思い当た...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
我慢しすぎの恋愛をしていませんか?関係を続けていくためにはある程度の妥協が必要ですが、自分ばかり我慢していては恋愛も楽しくありません。今の関係に少しでも違...
ケンカするほど仲がいい、なんてよく言うけれど、彼氏とはケンカしなくても仲良しでいられるのなら、ぜひともそうありたい。「YourTango」に掲載されていた...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
お互いに対する思いやりもアップしそうな10個の「カップル目標」を提案するのは、「Elite Daily」のRachel Shattoさん。ふたりの関係に新...