「別れる」なんて簡単に言っちゃいけないこと、忘れないで。

「嫌いになったわけじゃないけど、この人といても自分のためにならない気がする。お互い新しい一歩を踏み出すためにも、もう別れたほうがいいのかも…」

確かにお互いに高め合える関係は理想。でも、そんなにさっさと別れを切り出して、本当に大丈夫?「Elite Daily」のAlison Segelさんの記事から、別れを切り出す前に自分に問いかけるべき4つの質問を紹介しましょう。

最後の言葉が、ズシンと来ます。

01.
この恋で感じるのは、痛みだけ?

Af75685466c5a4801f0e9c4757f45fc1fae39e7a

関係は成熟していくにつれて変化していくもの。ときには驚くほど心地良かったりもする。いわゆるハネムーン期には毎日がバラ色って感じで、パートナーにももう夢中。どんな仕草も癖も世界一魅力的に見えるのよね。でも数ヶ月経つと顔を見るのも嫌になって、「あぁ、呼吸するのやめてくれないかしら」なんてひたすら願っちゃうのも自然なことなの。

でもそんな時期も結局は一時的なものだったりするのよ。ラブラブ期間にそれが終わるなんて信じられなかったように、今は信じられないことかもしれないけど。なんとかしてちょっとは楽にできそうな兆しがあるんなら、関係を断つにはまだ早いわよ。

02.
問題をオープンに話し合った?

2d01ff005c537c1401dad1093dd84a88037cb1d7

まさか「話し合ってもムダ」なんて思ってるんじゃないでしょうね。いざぶちまけてみると驚くわよ。それだけで解決することも山ほどあるんだから。どうせ別れたら全部おしまいなんだから、それなら飾らない言葉で腹を割って話した方がいいに決まってる。争いを避けておきながら関係は切るなんておかしいでしょ。

話し合ってみて、ダメだったらスッキリ終わるし、乗り越えられたら絆はさらに強くなる。モヤモヤしててもいいことないわ。

03.
パートナーに期待しすぎてない?

1540650efa262cf728b22eb4dac6e542925c5083

謝るのも、電話もデートのお誘いも、話を聞いてもらうのも、何もかも相手任せにしていない?そんな状況じゃ心の底から失望されて当然よ。恋人だからといっておんぶに抱っこでいい思ったら大間違い。そんな状態、相手に寄生して、負担だけをかけているってことじゃない。

二人の関係がどこかいびつで、それがわだかまりの原因なんだとしたら、どちらかが依存しすぎてないか冷静に考えてみた方がいいわ。場合によっては、共依存になってることもあり得るけど。

04.
本当に、本当に後悔しない?

747ccf4742066aa81fb56d739da38cad56729062

最悪なのは、別れてすぐに後悔すること。すぐに復縁したくなったり、メッセージを送りたい、電話したい、「あぁ間違ってた、なんて事したんだろう」なんて頭を抱えて、もう他の人となんて幸せにはなれないような気がしてきたり。壊すのは一瞬でも、完全に元に戻すことはもうできない。それも踏まえて本当に本当に、後悔しない?怒ってなくても、そう思う?本当にあなたが望むこと?思ってることは、全部言った?

別れの言葉は、ケンカになるたびに言っていいようなことじゃないの。脅しや、むしゃくしゃする日の気晴らしに使っていいものなんかじゃない。一度は近づいた二人が、もうその後の人生で関わらない。そういうことを決める言葉。「別れる」なんて簡単に言っちゃいけないこと、忘れないで。

Licensed material used with permission by Elite Daily
恋人との関係をこのまま続けるべきか、それとも別れるべきか。きっと誰もが考えたことがある、悩ましく重大な問題です。世界中の何百万ものカップルが、日常生活の中...
失恋から立ち直るのって、どうしてこんなにも難しいのでしょう。恋人と別れて、SNSのフォローも外して、連絡先も消して、偶然会ったりしないように相手のいそうな...
失恋が、あなたの人生にどんな影響を及ぼすのかーー。今回紹介したいのは、そんな記事です。「Elite Daily」で数々の恋愛コンテンツをヒットさせているP...
「Elite Daily」のライターJulia Guerraさん。彼女が説いていた、失恋から立ち直るための小さなステップを紹介します。
ハイドパークやヴィクトリア・アンド・アルバート博物館、サイエンス・ミュージアムからも近い好立地。1泊11万円ほどで、ベッドルームはふたつあり、最大6名まで...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
アメリカの研究によれば、別れを告げるときは、必要最低限の優しさ、且つストレートに言うのが、相手を傷つけるリスクが低いそうです。ここでは、言うべき具体例を含...
失恋の傷は、時間と新しい恋でしか癒せません。それは米メディア「Elite Daily」屈指の恋愛マスター、Paul Hudson氏も認めるところ。でも失恋...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
「別れ」という事実を受け入れるだけでも、相当辛いのに。
あなたには、いつまでたっても忘れられない「恋人」はいますか?気持ちは分かりますが、そのせいでなかなか前に進めないなんて、とてももったいないことです。残酷な...
自分から別れを切り出せない。そうなったら一緒にいる理由は、『情』や『寂しさ』なのかもしれない。EliteDailyより、パートナーとの関係が惰性になってい...
どんな別れも、何かしらの痛みを伴うもの。「Elite Daily」のPaul Hudsonさんは、つらい恋愛経験を乗り越えて「13の貴重な学び」を得たと言...
タクシー配車サービスを運営するUberが大胆な発表をしました。優秀なドライバーの大学授業料を肩代わりするとのこと。
大事に想うパートナーがいるなら、関係を長続きさせたいと思うのは当然のこと。愛おしい恋人と今後も仲良くしていきたい方に参考にしてもらいたいのは、人気の恋愛ラ...
日頃の彼の行動、改めて思い出してみてください。
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
「もし、別れた恋人同士が友達に戻れるなら、2人はまだ愛し合っているか、そもそも最初から愛し合っていなかったかの、どちらかだ」 こんな言葉があるように、別れ...
円満なカップルは、「正直に伝えること」と、「秘密にすること」の線引きがうまいのかもしれません。なぜだかいつも、恋人との関係をダメにしてしまうという人は、参...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいるかもしれません。数少ないデートをドタキャンされたり...