ナースが結婚相手としてスペックが高い理由

職業別、合コン。やったことあります?

Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそうです。職業柄彼女たちが身につける「たくましさと優しさ」は、とても魅力的で、いつしか結婚したい…なんて思うかも。

タフで、頭もキレる

ナースは「タフで、かつ思いやりに厚い」という、なかなか特殊なタイプ。

短期の患者さんや、できることなら手をつけたくない汚い現場の片付けに対応しつつ、周りを安心させる「余裕」まで持ちながら、さらに頭もキレる。

きっと、パートナーシップの精神も強く、恋人とも一緒に成長できるように力を注いでくれるはず。そして、敏腕マネージャーのように大枠を抑えながらも、きめ細かい気配りで物事を進めてくれるの。

心強いサポートで
あなたのベストを引き出す

恋愛においても、彼女たちは「スーパーパワー」の持ち主。毎日、サポートが必要な患者さんたちと過ごしているからか、自分の愛する人にも、いつだってベストを引き出そうと接してくれる。だから、問題点があるときはすぐに解決策を導いてくれるはず。

いつだってパートナーをサポートして、相手が成長できるようなチャレンジ環境を生み出すのも得意。

さらに、彼女たちはプレッシャーにも強い。人の死と向き合いながら働いているからか、カップルの「小さな争いごと」程度にはとらわれない。きっと、相手を傷つけてまで争うほどのことじゃない、って分かっているのよね。

人生には「限りがある」と
知っている

そして何より、彼女たちと一緒に過ごす時間は楽しくて仕方がないと思うの。人生にはいつか終わりがある、ということに気づいているから「生きている間に全力で人生を楽しもう」って感じているのかも。それはもちろん、パートナーと一緒にいるときも同じ。

ここまで理想的なタイプは、正直いないと思うの。何でも知っている彼女たちだからこそ、最高のアドバイスもできる。失敗したって「次に成功すればいい」って応援してくれるわ。

ナースと結婚すると、たくましさと幸せが掴めるもの。そして、自信が身について、ありのままの自分を愛せるようになる。「愛情いっぱいの安定した関係」が手に入るわ。

Licensed material used with permission by Thought Catalog
恋愛においての絆の深さは、「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライター、Anjali Sareen Nowa...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
インターネットの発展の裏側には、実は社会の格差が生まれていた。この記事では、デジタルディバイドの意味や種類について解説しながら、デジタルディバイドによって...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
メーガン・マークルという名前を聞いたことがありますか?日本でもリメイクされた米テレビドラマ『Suits』で知られる女優です。彼女は今年イギリス王室の王位継...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
一週間のなかで、きっといちばん憂鬱な水曜日に読んでほしい、クリエイティブディレクター・坂田ミギーの水曜連載コラム。第九回のテーマは「結婚の目的」です。
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
たとえ女性同士であっても、一緒に旅をすれば普段とは違う相手の一面に気づくもの。その相手が結婚を意識した彼であれば、旅の持つ意味はより重要なものになります。...
「川崎市立日本民家園」内の藍染め工房「川崎市伝統工芸館」が用意したのは、政府から支給されたマスクを持ち込み、藍染め体験をおこなえる期間限定プログラム。
ジョバンニ・ボッカチオの作品「デカメロン」をモチーフにした、BookCafe&Bar「デカメロン」がオープン。店内では、お酒を中心としたメニューの提供やア...
元彼のことは吹っ切れていますか?相手に合わせてばかりいませんか?
30代なら特に考えたいことかもしれない。そして、結婚したいと考えている人ならなおさら慎重にいきたいところ。「Elite Daily」で紹介されていた、ある...
一見して優しそうなのに、結婚後に暴力を振るうタイプを隠れDV系と言います。ここでは、書籍『ブラック彼氏』から、彼らの特徴を紹介。パートナー選びの参考に。
「YourTango」のブロガー、Bailey Gaddis氏のパートナーは海が大好き。そして、彼女曰く「海好きの人を結婚相手に選ぶと最高に幸せ」なのだと...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
「Elite Daily」のライターAlison Segelさんは、恋愛停滞期を迎えているのだとか。いろいろ考えたすえに、それはすべて自分のこの5つの性格...