結婚する前に必ず克服しなければならない「8つの恐怖」

ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hallさんが、「結婚する前に克服するべきこと」をリストアップした記事も、同じメッセージを秘めているように感じます。

今の幸せだけを頼りに結婚に踏み込まず、まずはこの8つが克服できているかを自分に問いかけて、後のトラブルを回避しちゃいましょう。

24f51ec865b754bc6b784e5f31ca819637e0e359

パートナーにコミットすることを恐れているのなら、自分がなぜその恐怖を抱いているかを紐解いてみましょう。もしその恐怖が、結婚に対する固定概念からきているのなら、パートナーと「結婚に対する考え」を話し合ってみること。ふたりにとって「結婚」は何を意味するのかを知ってこそ、この恐怖に打ち勝つことができます。

46d9e5480d25ec3b5c3cc1df6c94571b7108b045

人間、誰しも傷つくことはできるだけ避けて通りたいもの。でも全く傷つかないなんて現実問題ムリなこと。だから相手に、多少傷を負ってでも一緒にいる価値を見出せるかどうかがキーになります。

もちろん意図してあなたを傷つけてくる人とは一緒にいるべきではありませんが、知らずに傷つけてしまうこともあるものです。だからこそ即座に突き放さずに話し合える環境を作ると、新たに見えてくることもあるはずです。

Ad2ef981323b33814c472c67b098d28484f5fe2e

「完璧」だと慕う相手と自分を天秤にかけてしまう日も、時にはあるでしょう。ですが相手があなたと一緒にいるのも、あなたに惹かれているからなのです。その事実をしっかりと受け止めて、恐怖を打ち砕きましょう。

25ccbc2761e69c9251d73a5d40804ee87e12c1f9

ケンカや言い争いは、恋愛にはつきもの。むしろ本音でぶつかり合う場面なしでは、仲を深めるのも難しいでしょう。ケンカをしてこそ、関係が強化されていくのです。

「ケンカなんてしないほうがいい」なんて主張を持つ人は、まだまだ恋愛初心者である証拠ですよ。

020984c8100d2ba7a39f58f02d913cbc2ccc5636

関係を育むふたりが、長い人生の過程で多かれ少なかれ変わるのは当然のこと。大事なのは、その変化にお互いがどう順応するかです。

まず、今と全く同じようにずっと相手を愛することは不可能に近いと理解しましょう。今まで出くわさなかった一面を目にしていくたびに、愛もまた生まれ変わっていくのです。

B537dd3373cdd0c3c78879396ea968cd55d24261

結婚や転職、子どもを産むタイミング。人は無意識のうちに「何歳までにすべき」と考えがち。でも本来、これらのタイミングは人それぞれのはず。自分に合ったタイミングで寄り道をしながら、人生を歩んでいけばいいのです。

F7e618edc20f132567f3fe1b1f1054f38e26b771

周りの考えや意見を常に気にしていると、恋愛に注ぐエネルギーを無駄に消費してしまいます。愚痴なんて、言わせておけばいいのです。大事なのは、そばにいてくれる相手があなたを愛してくれているかどうか。それだけなのですから。

3204c7b268c06faf7d56249695d4d0263eb3f790

何も、パートナーの親と大の仲良しにならなくたっていいんです。ただし今後も長い付き合いになるのだから、怖がらず、誠実に接することは心がけましょう。

恐怖を抱えていると、ベストを発揮することはできません。人生を共にする相手とは、せめてその恐怖を分かち合える関係を築きましょう。パートナーがいれば、大丈夫。そうと思えれば、この先も怖いものなしのはずです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
よく聞く「恋人なら良いけど結婚はできない」というセリフ。あなたは一生を共にするパートナーを何で見分けますか?決定的に異なる8つのことをご紹介します。
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
10歳以上年上の彼氏と結婚する際には、何か注意しておくことはないのでしょうか。前もって確認しておいたほうがよいことを知っていれば、年の差があっても安心して...
スウェーデンの決済プロバイダー「Klarna」が、自社のプロモーションも兼ねて粋な方法で万引防止に乗り出した!動画には商品を持ったままポカ〜ンとする犯人の姿も。
「わたしはぁ……自分の気持ちとかを大事にしたいんですぅ……」にしても、ヒロインほんとに声小さい。
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下だったり、大学生だったりする彼氏と付き合っているならなおさらですよね。きっと結婚なんてま...
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
今のパートナーとの将来に確信を持つためには、この5つの質問に挑むべき!と豪語するのは、「Elite Daily」のライター・Anjali Sareen N...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
長年寄り添えば寄り添うほど、良くいえば落ち着く、わるくいえばマンネリ化するのが夫婦関係というもの。でもそんな日常の中に必ずあって欲しいのは、ふたりの愛を二...
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」のイベント「GIRLS FESTIVAL」でセルフィー&スナップを実施! プライベートに迫るアンケートも公開!
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
落ち込んだときや嬉しいとき。誰かにその体験談を共有できてこそ、痛みが軽くなったり、喜びが倍増するもの。そうして人と触れ合い、互いに刺激し合いながら切磋琢磨...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
結婚と家族セラピーを専門とするCarolina Castaños医師のアドバイスに基づいた記事を紹介します。
30代なら特に考えたいことかもしれない。そして、結婚したいと考えている人ならなおさら慎重にいきたいところ。「Elite Daily」で紹介されていた、ある...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...