結婚相手にふさわしい男性「10の特徴」

言わずもがな、結婚は大きな決断。でも、彼のどこに判断基準を設ければいいんでしょう?ここで紹介するのは「Lifehack」ライターHenock Tesfaw氏から女性へと向けたアドバイス。こうした「ちょっとした思いやり」のある男性に惹かれる気持ち…分かる!

01.
一日の始まりは
「おはよう」のキスから

_232066861

彼との一日が、「おはよう」の挨拶代わりのキスから始まったら、ステキだと思いませんか?あなたへの変わらない愛情を表すコミュニケーション。彼からのキスによって、あなたも最高な気分で一日をスタートすることができるはず。

02.
“愚痴”にもちゃんと
付き合ってくれる

ミスが続いて散々な一日だったとしても、あなたがどんな今日を過ごしてきたのかを、ちゃんと聞いてくれる準備ができている彼。あなたが話し終えるまでじっと耳を傾けていてくれる。たとえ、どんな決断をあなたが下したとしても、迷いが出ないようしっかりサポートしてくれるはずです。いつも彼にそうしているように、彼も全力であなたのことを支えてくれるのです。

03.
シャツのまま
キッチンに立ってくれる

255512875

仕事から帰ってきてクタクタなとき、「さあ料理するぞ!」もうひと踏ん張り。これって結構キツいですよね。コンビニやデリで買ってきたおかずやデリバリーに頼るのは簡単。でも、あなたの負担を考えて、自分から台所に立ってくれる。やっぱり、手作りの料理を食べることほど、心の距離が近づくことはありませんよね。

04.
カラダの関係より
心のつながり優先

一日の終わりに、ワインを飲みながら雑誌をめくったり、テレビを観ながらのリラックスタイム。そんなあなたの側にいて優しく抱きしめてくれる彼。もちろん、それだけじゃありません。グラスが空いていればワインを注ぎ入れ、疲れている時にはマッサージもしてくれる。愛情は、ただ抱きしめ合うだけじゃなく、いつも気使いできる優しさにあるのです。

05.
独りよがりな
SEXに走らない

_246246151

セックスの最中、自分本位になられるのはあまりいい気がしませんよね。あなたを喜ばせることを優先してくれる彼。ロマンチックな気分をあなたが感じている時、陰ながら彼の努力があることを忘れないで。あなたが開放的だったり、情熱的な気分の時は、彼もまた自然と高揚して楽しんでくれるはず。ふたりだけのひと時を演出するためならば、そこがたとえベッドの上でなくたって!

06.
あなたの家族や友だちも
同様に大切に思ってくれる

生涯を共にする結婚。パートナーの家族や友だちと仲良くし、お互いを尊敬し合うことは重要なこと。魅力的な男性ほど、あなたの大切な人たちのことを愛し、理解し、受け入れてくれるもの。たとえば、友だちと出かけるあなたにいちいち嫉妬したりしない。あなたの家族が旅行から帰ってきた時は、空港まで迎えに行ってあげるなど。家族みんなが集まる場所に、彼を連れて行っても不安にならない。こんなことも、條件のひとつですよね。

07.
子どもへの優しさが人一倍!

118194805

子どもと一緒に遊ぶのが大好きな彼。あなたのお姉さんの家に一緒に遊びに行く時は、甥や姪とかくれんぼや鬼ごっこをして遊びます。子どもたちを安心させ、本を読んだり、子守をしてくれることも。可愛い子どもたちと一緒に、四つん這いになってまで遊んでいる彼の姿を想像できますか?

08.
ムダな浪費を抑え
将来のために貯蓄できる

職種に関係なく、自分の収入に見合った生き方をしている人ならば、お金の管理をきちんとできる人間である証拠。ふたりの未来を思い描いて計画を立てている彼なら間違いなしですね。

09.
信頼があるから
余計な心配は無用

292400078

クリスマスパーティーなど、特別な催しがある夜…彼は美しく着飾ったあなたを褒めてくれます。大勢の人がいる場所でも、あなただけを見つめる瞳。彼にとって大切なのは、あなたただ一人。言葉にしなくても、もう大切な存在であることは、強い信頼関係が裏付けています。彼の目を見れば、そう理解できますよね。

10.
自分を磨くことを怠らない

少なくとも、週に5回は運動やエクササイズを行っている彼。 ジョギング、サイクリング、ボルダリング、ジムに通ったりして体を動かします。自分の見た目に自信があり、身だしなみだけでなく、読書や情報収集を欠かさず、内面磨きにも気を使える。それは、一日でも長く、あなたとの人生を歩みたいと思うがゆえではないでしょうか?

Licensed material used with permission by Henock Tesfaw

「早く結婚したい」と思っているけど、なかなか良い男性に振り向いてもらえない…という女性のみなさん。男性陣の赤裸々な告白が良いヒントになるかもしれません。「...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
夏にピッタリの辛口白ワイン!「ヴィーニョ・ヴェルデ カザルガルシア」はボルトガル特産の微発泡性ワインとして有名な1本。世界中の料理となんでも合ってしまう味...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
リコッタチーズを単純にはさむのではなく、「スクランブル」にしてタコスの具材にした一品。
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
自分は完璧な女性と結婚することができた、と振り返るSteven Aitchison氏。そんな彼がブログで、男性が手放すべきでない女性の特徴を紹介しています...
もともとは結婚願望がなくても、「この人だ」と思える相手といると、その願望は自然と芽生えてくるもの。「Elite Daily」のLaura Argintar...
サンフランシスコ生まれの「The Chiller's Pack」は、クーラーが付いているバックパックです。缶ビールをキンキンに冷やせるようになっています。
付き合いはじめてもう◯年、年齢的にもそろそろ結婚を意識する時期だけど…。「本当にこの人でいいの?」と、なかなか決断に踏み切れないのも事実です。そんなときに...
付き合って9年目。そろそろ結婚も視野にいれはじめていて、相手にその気があるか確かめたい。でも、どうしたらいいか分からない…。と、困っているあなたにご紹介し...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...