「結婚しないのはなぜ?」10人のアメリカ人男性に聞いてみた

これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。

日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこんなふうに考えているのかも。

01.
準備できてない。

ブレンドン.W(24歳)の場合ーー。

もう彼女と4年付き合ってて、長い付き合いだなーとも思う。でも、今その準備が整ってるとは思えないんだよね。ネクストレベルみたいな感じ。ふたりとも同い年で、まだ24歳で、車もないのに結婚だなんて変な感じだよ。

02.
フクザツにしたくない。

ジョン・F(35歳)の場合ーー。

結婚するとどんな関係になるかは知っている。大学時代の友だちはみんな20代で結婚したからね。みんなスウィートな女の子を見つけては結婚していった。でも新鮮さはなくなり、不自由も増えるだろう。結婚するといろいろと面倒になるよね。恋人のことは好きだけど、みんなみたいに結婚することで、いまある良いところを台無しにしたくないんだ。

03.
完璧なタイミングを待ってる。

マッティ・J(28歳)の場合ーー。

結婚したいよ。でも、どうやってプロポーズしようか迷ってる。その瞬間を、完璧なものにしたいんだ。彼女も納得するようにさ。毎回そうしようとデートをセッティングするんだけど、実際にどうするかはまだ計画を練っているところ。興奮してるけど、ちょっと延期してるんだ。それが理由だよ。うまくいくかナーバスになってて、コレだ!っていうところにたどり着くまで引き伸ばしてるのさ。

04.
時間もお金もない。

カイル・P(29歳)の場合ーー。

結婚式はすごく高いし、とても時間がかかるもの。もう彼女とは3年以上一緒に住んでるけれど、いまはふたりともがむしゃらに働いてキャリアを積んでいるところだから。少なくともぼくはそうで、いまスグ結婚だなんて考えたらめちゃくちゃストレスフルだよ。お財布にとってもね。

05.
選択肢を残しておきたい。

スコット・B(26歳)の場合ーー。

彼女とは3年付き合っていて、もうずいぶん長い関係です。もちろん彼女のことは愛しているし、勘違いして欲しくないのですが、でも、選択肢がある状態を保っておきたいんです。彼女が運命の相手なのかわからないし、あとで離婚するのもイヤですから。あと数年付き合ったら100%確信できますね。一生付き合う人なんだって。

06.
彼女にその気がない。

 ヴィニー・N(25歳)の場合ーー。

ぼくたちはちょっと特殊で。こっちは結婚に前向きなんだけど、彼女にその気がないんだよ。親が最近離婚して凹んでるから、いま彼女の選択肢にそんなカードは存在しない。プロポーズしたら迷惑になっちゃうってワケ。

07.
さあ。考えたことなかった。

トム・S(27歳)の場合ーー。

みんなに質問されるなあ。いつプロポーズするんだ?って。ホンネを言うと、知らないよって感じ。いままで一度も考えたことなかったから。ただ付き合ってみたかっただけだ。たぶん、もし彼女がぼくに別れ話か結婚の提案をしてきたら、プロポーズすると思う。でも、聞かれるまでそんなことを意識したこともなかった。

08.
まだまだ始まってない。

グレッグ・L(28歳)の場合ーー。

4年付き合ってるけど、直近3年は彼女はトロント。ぼくはカリフォルニア。少なくとも、同じ国に住むようになってから考えることでしょう。

09.
ブラザーが誰も結婚してない。

ブレット・H(28歳)の場合ーー。

20代で結婚に焦っている人をたくさん知っている。でも、ぼくの20代後半の友だちはみんなニュージャージー出身。誰も結婚してない。そのうち、長く付き合っている恋人がいるのはぼくだけ。20代にしようって思うことでもないかな。30代になったら真剣に考えるようになるのかも。

10.
そんなに大事?

ランドン・B(32歳)の場合ーー。

なんで結婚が公式の関係になるんだい?ぼくは恋人と6年間付き合っているし、4年間同棲してる。仲も良いし、ふたりとも結婚が重要だとは思っていない。だって、何も変わらないってわかってるんだもの。

Licensed material used with permission by Elite Daily
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
世界でここだけ!日本発のクラフトビール「KAGUA」が樽生で楽しめるビアバーFar Yeast Tokyo Craft Beer & Bao〒150-00...
『Conserve the Sound』は、そんな失われつつある音を集めたWEBサイト。懐かしい!と思った製品をクリックすれば、その音を聴くことができます。
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
仲の悪い関係が続いているラッパーの50セント(50 Cent)とジャ・ルール(Ja Rule)。彼らのビーフはアメリカのメディアで度々取り上げられるのです...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
ロシア・ウラジオストクのランドマークである長さ約1300mにもわたる「ゾロトイ橋」。11月某日、どう見ても様子が異なる集団が、車両専用のこの橋を渡ろうとし...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
人生の中でも最大の決断の一つ、結婚。運命の男性を見極めるのって、とても大変。結婚した後に、後悔はしたくないですよね。 主婦兼ライターのStacey Bec...
付き合いはじめてもう◯年、年齢的にもそろそろ結婚を意識する時期だけど…。「本当にこの人でいいの?」と、なかなか決断に踏み切れないのも事実です。そんなときに...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...