「いい旦那さん」になる男性、21のサイン

人生の中でも最大の決断の一つ、結婚。運命の男性を見極めるのって、とても大変。結婚した後に、後悔はしたくないですよね。 主婦兼ライターのStacey Becker氏は、ここで紹介するような特徴を持つ男性と結婚すべきだと薦めます。あなたの彼には、いくつ当てはまりますか?

01.
好きな朝食だって
ちゃんと覚えている

21-marrying1 スクランブルエッグとチーズを挟んだトースト。絞りたてのオレンジジュースとブラックコーヒー。あなたの大好きな朝食を忘れずに、さりげなく用意してくれます。

02.
「今から家に帰るね」
こまめなメッセージを送ってくれる

「後10分でバーを出るよ。また後でね」と、家に帰る前に簡単なテキストメッセージを送ってくれる男性。彼らは、義務だと思ってやっていません。相手を安心させるために小さな気遣いをしているだけ。

03.
風邪をひいた時は
熱心に看病してくれる

21-marrying2 あなたが頭痛を患った時は、頭痛薬とコップ1杯の水をそっと持ってきてくれます。安静にできるよう、細心の注意を向けてくれるのです。

04.
「今何してる?」
休み時間にも電話してくれる

話を聞きたかったり、単に仕事の様子をチェックしたかったりと要件はさまざまですが、休み時間にも電話をしてくれます。 つまり、あなたのことを四六時中気にしているのです。

05.
なぜか子どもから慕われる

21-marrying3子どもを見かけたら一目散に彼らのところにいきます。持ち前の明るく楽しい性格で、子どもたちも集まってくるのです。彼は憧れの存在。子どもからも慕われています。

06.
どんなに忙しくても
10分でも会うようにしてくれる

一緒に過ごせる時間がどんなに短くても、時間を作るのは当たり前。彼にとってあなたは最も大切な存在で、最優先事項なのです。

07.
電話やメッセージにも
必ず答えてくれる

21-marrying4 数日間音沙汰なし、なんてことはありません。約束をすっぽかすこともないし、遅刻だってしません。

08.
前の恋人とは
スッパリと関係を絶つ

彼のスマホの電話帳からは、以前の恋人の電話番号は消去されています。昔の恋を引きずることが、いい結果を生まないと知っているのです。

09.
人がうらやむ
大きな夢を持っている

21-marrying5彼は常に夢見る人。宝クジが当たった時のプランも、綿密に立てているのです。そんな彼の夢に、あなたもグッと感じているはず。

10.
サプライズプレゼントが得意

誕生日や記念日には欠かさず、プレゼントをしてくれます。相手を思ったプレゼントをすることはもちろん、ユーモアも忘れません。例えばあなたの好きな曲を歌う時には、歌詞を嫌いな上司のことに変えて楽しませてくれます。

11.
外出するばかりじゃなく
家で一緒にゴロゴロしてくれる

21-marrying7 高級レストランでお金を使うばかりでなく、家で食事をしながらゆっくり映画鑑賞して二人の時間を大切にしてくれます。

12.
強い忠誠心で、
相手を裏切らない

お気に入りのサッカーチームが得点を奪われた時は、まるで少年のように叫びます。どれほどチームの成績が悪くても、熱心に応援し続けるのです。 この忠誠心は、家族や友だち、パートナーにも同じこと。裏切ることは決してありません。

13.
遠く離れていても
親友を大切にする

どんなに離れていても、昔からの親友を大切にします。親友を大切にするというのは、結婚相手を大事にすることにもつながるのです。

14.
席を譲ったり、ドアを開けたり
見知らぬ人にも親切

21-marrying9

どんな人に対しても思いやりをもって接します。優しい彼はみんなから愛されます。

15.
他人の声に左右されず
自分の意思がある

周りの意見で自分の意思を曲げたりせず、空気を読んで周囲の行動に合わせたりしません。 友だちが朝の4時までお酒を飲んでいるからといって、無理やり付き合おうとはしないのです。

16.
着飾らなくたって
カッコイイ

ブランドなんて気にせず、自分の着心地がいいものを着ようとします。それでいてカッコイイのが彼の魅力。

17.
最低でも
1日1回は笑わせてくれる

21-marrying6 笑いのセンスも抜群で、人を笑わせるのが大好き。一緒にいると、笑顔がたえません。

18.
気分を上げてくれる

あなたが不機嫌な時のなだめ方を熟知しています。一緒に散歩にいくなどして、気分をガラッと変えてくれるのです。

19.
夢や目標を応援してくれる

まるで自分ごとのように、相手の夢や目標をサポートしてくれます。

20.
何もつけなくても
彼の香りが好き!

21-marryingギュッと抱きしめられる時、彼の香りに思わずうっとりしてしまいます。特に香水なんてつけなくても、ありのままが一番。

21.
最大のファンであり
最高の理解者でいてくれる

周囲と話す時、彼は常にあなたのことを誇らしげに話します。彼は誰よりも分かってくれる理解者であり、あなたを心から応援するファンなのです。


この記事のライターStacey Becker氏は、結婚する前に相手を見極めることの大切さを書籍「Knot the One」でも書いています。発売は10月27日を予定。

Licensed material used with permission by Stacey BeckerOriginally published by Thought Catalog

今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
ラブラブな夫婦生活をおくるライターAnjali Sareen Nowakowskiからのアドバイス。読めばやっぱり、単なる“おのろけ”。ところが、まんざら...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
アメリカで活動するイラストレーターのPatsy Chenさんは、旦那さんのRayさんと飼い犬のFifiとの日常をマンガ化して、その和む夫婦のやりとりと、ワ...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
「FamilyShare」の記事では、奥さんのことが大好きな旦那さんがとる、8つの行動が紹介されています。ライターのTiffany Fletcherさんの...
かさばるし重くて持ち運びに不便、そして氷の準備。この面倒をすべてを省いてくれるクーラーボックス!
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
恋愛の本質は、自分よりも大切にしたいと思える相手と出会うこと。いつもは自分のことで頭がいっぱいなのに、恋愛をすると不思議と相手を優先するようになってしまう...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
大切な奥さんには、やっぱり「素敵!」って思われたいですよね。