【調査結果】独身の人こそ、結婚に「永遠」を求めがち

アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。

いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り添って過ごすことだけが、必ずしも当たり前ではなくなってきているのかもしれません。

しかし、米・マッチングサイト「Match.com」が未婚者を対象におこなったアンケートによると、90%の女性が「結婚は永遠に続くものだ」と信じていたそうです。男性も、88%が同様の意見でした。離婚率が高いにも関わらず、未婚者の中ではなぜこのような認識が生まれるのでしょうか?

Elite Daily」のライター、Sheena Sharmaさんがまとめていました。

「永遠の愛」を
求めすぎているのかも…

アンケート結果によると「結婚相手への愛情が冷めてしまったら、離婚してもいい」に「そう思う」と回答したのが、3人に1人。未婚の人は結婚に対して「永遠の愛」を求めすぎていて、なかなか結婚にまで至らないのかもしれません。

必ずしも「運命の相手」が
現れるとは限らない

独身の人のほとんどは「運命の相手」がいつか現れると信じていると良います。たとえば「結婚した相手とは、死ぬまで一緒にいたい」という質問に対して、男性で47%、女性で56%が「そう思う」と回答しているのです。

もちろん、誰しもが永遠の愛を求めているでしょう。しかし、必ずしもそれが手に入るとは限ないのです。

離婚や再婚を「珍しい」とは
思わないで

「Match.com」のアドバイザーであるヘレン・フィッシャー博士は、この結果はアメリカ人の歴史にも原因があるとしています。

アメリカ人の多くは、キリスト教とユダヤ教を信じています。プロテスタントなど一部の宗派を除き、どちらの宗教も「離婚は良くないことだ」と説きます。なので、未婚のアメリカ人が「一度結婚したら、一生を添い遂げなければいけない」と思うのは、仕方ないことなのかもしれません。

また、離婚や再婚が珍しい、という考え方が古いのかもしれません。1回目の結婚相手との愛情がずっと長く続いている、というあなたは、とても運がいいのでしょうね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
30代、独身、彼氏なし、貯金はわずか。そんな独身女子が、女ひとりでマンションを買ってみて、絶対に知っておいた方がいいと思ったことを5つご紹介します。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
「運命の相手」は、どうしたらわかるだろうか?人生で体験することの多くは、幻のように実態がない。そのくせ不安や情熱といった自分の気持ちだけは本物で、頭の中で...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
ブリティッシュパブで味わうチップスとシェイク表参道の裏通りにひっそり佇む隠れ家カフェThe Shake & Chips Tokyo〒150-0001 東京...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
社会人になった途端、「結婚」の2文字に妙なリアリティを感じている私。早い子は職場で知り合った人たちと、ありえないスピードでゴールイン。こうなると、必要ない...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
日本ではいまだに、適齢期を超えても独身でいると、周囲からの視線が厳しくなる傾向があります。たとえ、キャリア的に成功していても、どこか哀れな目で見られたり、...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
今のパートナーとの将来に確信を持つためには、この5つの質問に挑むべき!と豪語するのは、「Elite Daily」のライター・Anjali Sareen N...