「運命の相手」かどうかなんて、すぐにわからなくていい。それって本当?

「運命の相手」は、どうしたらわかるだろうか?

人生で体験することの多くは、幻のように実態がない。そのくせ不安や情熱といった自分の気持ちだけは本物で、頭の中で起きていることだから、本人にしかわからない。

つまり、人生の中で確かなものや約束されたものなんて、ひとつもないのだ。そう考えると、大切な誰かと永遠に続くかどうかなんて、わかるわけがないと思わないか?

そう語るのは、数多くの恋愛記事をヒットさせてきた「Elite Daily」の人気ライター、Paul Hudsonさんです。

さっそく、続きを見ていきましょう。

「確かなものなんてない」
つまり、可能性は無限。

こう考えてほしいんだ。確かなものがないということは「すべてに可能性がある」ということでもある。それが運命というものなのかどうかは別として、ここから何かが生まれているのかもしれない。

恋に落ちたり、永遠の相手に出会ったりーー。

これは自分が選択したことなのか。もしくは、運命なのだろうか。

その道は
自分で選んできたはずだ。

「すべては、重なりあうことで何かが生まれる」

これは、人生のすべてにおいて言えることだ。

意思に反して流れに身を任せていると、まるでラクに生きているような感覚になる。しかし現実には、自分の意思に反していることなんてひとつもない。考えてみてほしい。人生で起こる偶然のような出来事が、なぜ自分の身に起こったのかを。

偶然は、自分の手でつくりあげているのかもしれない。なぜなら、いま置かれている環境もすべて、自分の選んだ道を取り巻くものだ。今の道を歩んでいなければ、きっと悩まなくて済んだこともあるはずだ。

人は物事をシンプルに捉えて、それが結果にはあまり影響しないだろうと信じている。ところが自分の一部を切り取るたびに、少しずつ変化しているのが事実だ。この事実からかけ離れたものなんて、何もないのだ。

人生をシンプルにしようとしたとき、これらはあまり重要だと思われないまま排除されていく。しかし、こういった思い込みは仕方がないとも言える。すべてのことに限界があるように、認知力にも限界がある。いま生きる世界を、そして自分を取り巻く現実を完全に理解して処理する力なんて、誰ひとりとして持ち合わせてはいない。

確かな結果がわからないまま、暗闇のなかで狙いを定め、手探りで歩んでいくしかないのだ。自分の選んだ道がベストであることを願いながらーー。

「愛と人生」は
複雑に絡み合うもの。

好きだと思う誰かや、生涯を供にしたいと思う誰かに出会ったとしよう。しかし、その時点では相手が永遠のパートナーとなるかどうかはわからない。人生には自分の手に負えないようなシナリオがいくつもあり、恋人との関係性を変えてしまうからだ。

「永遠の愛」を誓うことは、これまで築かれてきた文化形成の中では必要かもしれないが、結局それも望みは薄い。

永遠の相手だと思っていた人と別れてしまったり、嫌いになったり…。それは、簡単に離れられると思っていた相手となかなか別れられないのと同じくらい、大いに可能性はある。

「愛の変化は予測できない」と言われているけど、少し違うと思う。愛は因果関係さえ理解できれば、ある程度はわかるものだ。

なのに行方がわからなくなるのは、愛と人生が複雑に入り乱れ、人々がその複雑さを飲み込めないことに原因がある。だから人は単純に「愛はミステリアスなもの」と解釈する。

ベストを尽くし
願い、祈ることはできる。

近所を歩いているとき、生涯愛し合うことになるパートナーと出会う可能性もあれば、何ヵ月も付き合わないとそれがわからないこともある。ひと目で恋に落ちてその後の人生を共に過ごすこともあれば、生涯の恋人と思って付き合っていたのに相手を失い、初めて過ちの大きさに気付くことだってある。

人と別れれば、新しい愛に出会うことができる。心機一転、今までとは違う大きな愛を築きあげることもあれば、逆もまた然り。どちらの可能性が高いかはわからない。それでも、そこに人生をかけた愛の可能性があるなら、それを手に入れるためにベストを尽くすべきだ。

成功するのか、失敗するのか。相手と永遠に続くかどうかなんて、すぐにわからなくてもいい。事実、わかりようがないのだから。

しかし、願うことはできるし、祈ることもできる。実現するためにベストを尽くすこともできる。

それでも、1日の終わりには何が起こるかわからない。何もかもを壊すこともあれば、何かを創りあげることもあるだろう。だったら自分の手に負えることに集中し、最高の結果が生まれることを祈ればいい。

幸せな結末が約束されていないのは残念に感じるかもしれない。しかしそれは、間違いなく「最高の旅路」となるだろう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
これまでに「運命の人」だと感じた経験は、何度かあるかと思います。でも、「違った」「思い過ごしだった」「出来心だった」という結末を迎えてしまうことも、同じく...
これまでも数々の恋愛記事を手がけてきたライターが、初デートで相手が「運命の人」かどうかを見極める3つのサインを紹介している。アプリなどを通じて短時間に多く...
運命の相手と出会って結ばれる。その始まりは、一目惚れもあれば、長い片思いの末にだということも。いずれも、何気ないことがキッカケで「心が通じ合い」愛を育んだ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
「Nice Balls」は、男性の体にぶら下がっているアレをモチーフにしたスクイーズ。要するに、ギューっと握って、ストレス解消ができるグッズです!
今あなたが一緒にいるパートナーは「運命の人」ですか?もし確信がないなら、辛い恋愛の末に運命の人と出会えたというAnjali Sareen Nowakows...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
恋愛映画やラブコメで必ずといってもいいほど登場する「運命の人」。現実にそんな人いるの?と疑うあなたに、今の相手が運命の人かもしれない「11のサイン」をお教...
運命の出会いとも言えるほどに相手のことを好きになっている3つのサインを、性科学者兼リレーションシップ・エキスパートの意見から紹介。相手の匂いが何とも言えず...
ニューヨーク、ローマ、パリの街中で、折り紙ドレスを着たバレリーナを撮影するプロジェクト『Pli.e Paris』。
ただ、幸せを与えてくれる人だからって、長く付き合うのにふさわしい相手とは限らない。Caitlyn Luce Christensenは「Elite Dail...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
"最高の相手"と出会えたとしても、それが"最高なタイミング"じゃなかったら…。その恋愛は発展するのでしょうか?「Elite Daily」の恋愛アドバイザー...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
最高の人生を手に入れるために必要なのは、運命の人との出会い?ネガティブな気持ちを振り払い、ポジティブに物事を見せてくれる相手と一緒にいると、この上ない至福...
良好な恋愛関係を築いていくためには、お互いが求めるコミュニケーションをどれだけ理解し合えているかが重要。何かあったらすぐ相手に伝えたい人もいれば、ひとりで...
運命の相手なんているわけない。そんな風に恋愛に臆病になってるあなたも、もしかしたらすでにソウルメイトに出会っているのかもしれません。海外メディア「High...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...