「真実の愛」に出会えたとき、この3つの幸せを感じることができる。

付き合ったばかりの頃は、この人とずーっと一緒にいたいって、幸せいっぱいの気持ちに。けれど、しばらくすると、ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってある。恋愛には、予測できないことが起こる不安はつきもの。

でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、“本当の愛”が何なのかを考えるチャンスかもしれない。「Elite Daily」に綴られた「真実の愛だったら、決して変わらない3つの大切なこと」を読んでほしい。

多くの人が、本気の恋をして、交際をスタートさせていると思います。ただ、たとえそれが「真実の愛」でも、99%の確率で関係は長続きしないものです。誰かに恋するということと同時に、何かを失うリスクを負います。

でも、それがホンモノの愛なら、関係が永遠に続くかどうかに関係なく、いくつか決して変わらないものも。真実の愛かどうかは、長く付き合えるかどうかには、ほとんど関係ないのです。「真実の愛なら、心の中で永遠に続きます。死別・破局・離婚などいかなることでも、その愛を壊すことはできないはずです。」と、スピリチュアルアドバイザーのHeather Kristian Strangは「Elite Daily」で語っています。

真実の愛を経験したら、関係が終わってからも心の中に永遠に残るのです。たとえ、何があっても尊重して助け合い、互いに信頼しあう関係がずっと続きます。そうじゃない恋愛をしている時は、あなたとパートナーの心は醜くなり、本来の自分じゃない物事の捉え方をしてしまう可能性も。

でも、真実の愛に出会えば、相手の欠点が見えたとしても、あなたは二人の関係を大切にし続けます。さらに、パートナーと色々なことを分かち合いたいと思うはず。たとえ、お互いの幸せのために関係を終わらせたとしても、その気持ちが消えることはありません。では、真実の愛に出会った時に、どんなことを経験できるかを紹介しましょう。

01.
一人の幸せが、
“2倍の幸せ”に変わる

「恋愛関係を成り立たせるのは、未来への希望とワクワク感。あなた達は同じ将来に向かい、共通の夢と目標を分かち合うのです。」と、「Matchmakers In The City」の経営に携わるAlessandra Contiは語っています。

真実の愛と出会ったら、パートナーの成功を、“二人の成功”と自分のことのように喜べるようになるのです。競い合うこともしないし、批判する必要性も感じないはずです。だって、あなたはパートナーに何も言わなくても、どこまでも羽ばたけるチカラがあるって知っているんですから。だからこそ、彼が成し遂げることを、ワクワクした気持ちで見守れるのです。さらに、あなたは相手も自分に対して同じ思いを抱いていることを確信しているでしょう。

それが真実の愛だったなら関係が終わったとしても、お互いの幸せを願い続けることができるはずです。離れたあとも、相手の成功を心から喜ぶことができます。たとえ、陰ながら応援することになったとしても。

02.
別れ話のあとですら、
相手への「敬意」を忘れない

「相手への敬意は、欲望や“幼稚な心”にいつだって打ち勝つことができます。今の思いを永遠の愛にしたいのなら、パートナーにいつでも敬意を払うことです。」と、Alessandra Contiは語っています。

真実の愛を経験している時、二人にとっての重要な問題を一人で解決しようとはしません。お互いの考えを確認してから答えをだそうとするものです。そうすることで、相手の長所を新たに発見して、前よりもずっと強い絆で結ばれます。たとえ、パートナーの意見に同意できなくとも、相手の話すすべてのことを尊重し、真剣に向き合うことができるでしょう。

この先、離れ離れになったとしてもです。かつての恋人を尊敬する気持ちが、あなたの心から消えることがないのが真実の愛。たとえ、二人の関係が終わっても、その後も元恋人のことを良い相手だったと心から思うでしょう。それは、彼も同じ。

03.
最後は、「親友」となる幸せ

「愛は最終的に、親友のような真の絆に変わります。」と、「Three Day Rule」の恋愛専門コーチであるNora DeKeyserは説明します。

些細な出来事、失望したこと、大きな成功など、あらゆることを恋人であり、親友でもある彼に共有したいと思います。もし、彼と出会っていなかったら、最高の喜びを感じることができないし、エッチの後のゆったりとしたおしゃべりの幸せなひとときだってわからないままです。

たとえ、関係が終わりを迎えても変わらない気持ちがあります。離れ離れに暮らし、会話することがなくなっても、大切なことを相手に共有したいという思いは決して消えることがありません。それが真実の愛だったなら、かつての恋人との友情を築き、別れたあとも恋愛とは違う絆を深めることができるかもしれません。

そうでなくても、この愛に出会ったことで、あなたは残りの人生もずっと幸せを感じることができるでしょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
だから嬉しい!だから苦しい!
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...
結局愛情って、その人に関わっていく意思や、一体感をいうのでは…なんて考えさせられる、「愛のしるし」のセリフたちをどうぞ。
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
インターネット農学校「The CAMPus」が日本初となる「コンパクト農家の育成」に特化したオンラインスクール「コンパクト農ライフ塾」の第2期生の募集を開...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
この恋、間違ってるかな?本当に今の関係を続けて大丈夫かな?恋をしていると、そんな不安に襲われることも多い。でも、恋人といてこの「10のこと」を感じるなら「...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人の...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
世界初、完全食のチョコレートが誕生した。各種ビタミンやミネラルなど27種類の栄養素をふんだんに使用し、栄養たっぷりの食材ばかりで作られた「andew」は現...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
時を超え、シンプルかつ大切なコトを私たちに教え続けてくれるブッダ。「Higher Perspective」に掲載された「真実の愛」に関する記事も、一見する...
「お母さんの料理は"愛"が込もっているから、そこらのレストランよりも美味しいのよ」。この愛とは、立派な食材なのか、否か。
今は想いが一方通行だけど、そのうち両想いになる可能性を秘めるのは、楽しい片想い。けれど、付き合ってるのに「片想い」しているように感じるのは、恋愛において最...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
5月16日、NASAが長期間の隔離生活が心身に及ぼす影響を調べるために、ロシア・モスクワでおこなわれる実験の参加者を募集し始めた。これは月や火星への有人飛...
「コールマン」のBBQグリルシリーズの電動ファン付き新モデル「クールスパイダープロ/L ファン」があれば、スマートにBBQを楽しめそう。
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
好きな人とのエッチって、なんであんなにも気持ちがいいんでしょうか。「好き」の気持ちが強ければ強いほど、気持ち良さも増すような気が。今回は、エロに溺れながら...
女性ライター・キャンディスは、「Elite Daily」にこんなことを書いていました。居心地が良いからと惰性でする恋愛じゃなく、上辺だけの軽いものでもない...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
あなたはレズが男性を愛することは、不思議だと思いますか?愛とは形式ばったものではなく、様々な形を持つものだと話すのは、その毒舌で正直な書き口調が好評な「E...
恋愛においての絆の深さは、「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライター、Anjali Sareen Nowa...