未婚者が知らない「結婚の真実」7つ

「結婚=幸せ」とシンプルに考えたいところですが、「めでたしめでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練が。

Elite Daily」のライター・Jasmine Vaughn-Hallさんは、お互いを深く愛すことは、結婚においてほんの第一歩目でしかないと説明。落ち着いた結婚生活を送る彼女でも時折頭をよぎるという以下7つのことは、既婚者も未婚者も心に留めておきたいことでしょう。

01.
結婚生活は
人それぞれ違う

0ef5da6e502bcfc810e93050bc653a6c37eb57d0

結婚という言葉で結ばれているカップルはこの世にごまんといますが、「結婚」の定義は人それぞれ。というのも、実際のところ結婚生活とはカップルによって大きく変わってくるものなのです。結婚がまだなら、まずそういうものであると心に留めておきましょう。

これは結婚すると、案外スムーズに理解できるものだったりします。

02.
周りが言うほど
縛り付けられない

私は、束縛されることは性に合わない人です。だから私が選んだ夫は、私を縛りつけようとしたこともありませんし、この先も縛り付けたりはしないでしょう。彼は、結婚しているからといって束縛をよしとはしないんです。

私は結婚の誓いを交わす前から「結婚はきっと素敵な旅なんだろうなぁ」と楽しみにしていましたが、それでも結婚生活を自分の全てにはしない、と決めていました。

03.
婚姻届を提出することは
ゴールではなく始まり

「一枚の紙をサインするだけ」なんて言うと気軽に聞こえますが、この「紙」は重みのあるものです。

もちろん中には結婚にこだわらず一緒にい続けるカップルもいるでしょう。でも婚姻届を提出し誓いを交わしたのなら、それは二人がこれから共に歩むことを約束した、ということ。そしてそれはゴールではなく、冒険の「始まりでしかない」と心得ておくことです。

04.
良い妻・良い夫の
決まった定義はない

16c5dd36e52a614a0734eef6050991813b00741d

結婚生活が人それぞれであるように、一人ひとりが妻や夫に求めるものも違って当然。

創意工夫を好む私は、「妻」というアイデンティティを自分なりに解釈してきました。与えられた基準に従うのは、つまらないですからね。

05.
愛の形が変わっていくのは
避けられない

結婚を控えたカップルは、ラブラブな関係が一体いつまで続くのだろうか…と不安に思うこともあるでしょう。残念ながら、変化は避けては通れない道。でも、それが必ずしも悪い変化とは限らないと覚えておきましょう。

というのも毎日一緒に過ごすと、パートナーの新たな一面をたくさん目にするもの。すると彼らの見方も少しずつ変わってきますし、彼らの愛し方も変わってくるでしょう。ずっと同じようにパートナーを愛することは難しいですが、愛の形が変わってこそ二人は成長できるのです。

06.
コミュニケーションが
何よりも大事

誰もが言うことを口にするのは少し気が引けますが、やはり大事なことなので伝えることにします。だって誰とも話したくないと思うときこそ、腹を割って話し合わないといけないのが結婚というものだから。

最終的には、正直な気持ちを相手に伝えられるのがベスト。だから結婚する前も、結婚してからも、夫とのコミュニケーションは大事にしています。

07.
「幸せな毎日」は
自分たちでつくるもの

690e115144855dd53d02ff2a1780c010a7f65b72

時々、SNSでとてもプライベートな事情を投稿している人を目にします。Facebookを日記のように活用し、プロフィールさえ遡れば恋愛事情がまるわかり、なんてことも。私は自分のことは内に秘めておくタイプなので、結婚していようとそうでなかろうと、このようにSNSで自分のプライベートを公開することはないと分かっていました。

私は恋愛のエキスパートでも何でもありませんが、少しばかりの結婚生活を経て言えることがあるとすれば、自分の考えを信じること。幸せは、他人が決めるものではありません。「めでたしめでたし」は他の誰でもなく、二人がつくり出すものなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
結婚までに知っておきたいお金についてのあれこれ。ここでは、家計、社会保険料、年金についてのご紹介。シングル、共働きカップル、片働きカップルの3タイプに分け...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
幸せな結婚生活を夢見ている人は多いと思いますが、実際はそう甘くはない。そんな目を逸らしたくなる内容の記事が「mindbodygreen」で話題になっていま...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
どれだけ自信があったとしても、実際にやってみるまではどう転ぶかわからないもの。仕事や勉強、スポーツ…そして結婚だってそうです。ここでは、さまざまな事情で離...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...