お見合い結婚をして7年。「真実の愛」について私が学んだ7つのこと

お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられないほど幸せ」と語る彼女が、愛についての大切なことをまとめています。

その日のことは、鮮明に覚えている。

私はゴールドの刺繍が鮮やかな赤のドレスに身を包んでいた。メイクは決して完璧ではなかったけれど、いつもより美しく見えた。幸せを感じていたから、きっとそう見えたのだろう。

その日は私の結婚式だった。でも、それはあなたが想像するような典型的なものとはかなりかけ離れているだろう。

私は彼のプロポースに対して、顔も知らないまま「イエス」と答えた。

結婚は親同士の紹介によるお見合い結婚だった。電話でやり取りをはじめた私たち。最初はそんなに好きじゃなかったけれど、だんだん惹かれていき、2ヶ月の交際を経て一緒になることを誓った。

お見合い結婚などうまくいかない、心から幸せになることなんてできないと考える人は少なくない。それでも、実際に私たちは結婚7年目を迎えた。そして、信じられないくらい幸せを感じている。

夫と一緒に過ごした7年間で、人生と愛にまつわる多くのことを学んだ。これらのことは夫婦が長く良好な関係を保つために知っておくべきことだと思う。

01.
記念日デートなんかより、
日々の生活こそが大切

女性は記念日や誕生日のデートに執着する生き物だとされている。私も以前はそうだった。

でも、旦那はプレセントを贈るようなタイプではない。彼はとても表現豊かだが、何かをプレセントをすることは苦手なのである。

それに加えて、記念日のデートも好きじゃない。特別な日など存在せず、毎日に同じだけの価値があると考える。日々をどう過ごすかということが、彼にとってもっとも大事なこと。

次第に、私も彼の考えに影響を受け、同感するようになった。数字にこだわっただけの特別なデートなんて忘れよう。その瞬間こそがもっとも大事なのだから。後々振り返ると、特別なデートよりも、一緒に共有してきた日々の生活の思い出を覚えているもの。

02.
愛だけではうまくいかない

映画や小説の影響で、私たちは結婚とは情熱的なものだと信じている。愛情だけで結婚がうまくいくなら素晴らしいことだが、実際は情熱的な愛だけでは足りない。幸せな結婚生活を送るには多大な努力が必要なのだ。このことは、「誓います」と答えた瞬間から意識する必要がある。

03.
真実の愛は、
成長の中にある

一日中彼のことを考え、一時間おきに電話して何をしているかをチェックするのは、愛などではない。それはただの病気である。

真実の愛は個人の成長の中にある。相手のポテンシャルを最大限引き出してあげること。彼を今までで一番良い自分にさせてあげること。

覚えておいてほしいのは、あなたが成長できないと感じるのであれば、それは愛ではないということだ。

04.
対等などない

結婚においては、正しい両者の比率など存在しない。割合は日々様々である。

ある日はあなたのほうが彼より貢献し、ある日は彼のほうが貢献したりする。またあるときは、あなたの0の貢献度に対して、相手が100をもたらす日だってあるかもしれない。

日々の数字よりも、相手の意識に注意を向けること。彼には家のことを手伝いたいという意志がある?彼女はサッカー観戦についていってあげたいと思っている?相手の気持ちに対して、ふさわしいポイントを与えてあげること。

05.
嫌なことより、
ポジティブなことに注目

自分の感情の奴隷になってはいけない。考えを上手くコントロールし、自分の不幸を他人のせいにしてはいけない。あなたの人生は、あなたのみが所有しているものなのだから。

嫌な出来事より幸せな出来事の数をカウントするよう意識すると、結婚生活に劇的な変化が起きた。思考を変えるようにしたその日から、人生が信じられないくらい改善されたのだ。

06.
健康状態がふたりの関係に
大きく影響する

人生における問題のほとんどは、不健康なことが原因だったりする。が、それでもなお私たちはそのことを軽視している。特に女性は男性よりも広い範囲で気をつけなければいけない。

私は過去に、ダイエットをしたことがあった。しかし、結果は出ず、精神的にかなり消耗した。私はイライラするようになって、そのことで夫との関係も悪くしてしまった。

不健康な状態は自分の機嫌に反映される。そしてそれは、周りの人への振る舞い方にも影響する。ほんの些細なことで機嫌を損ねたり絶えず文句を言ったりしていたら、それは自分の健康状態をチェックする必要があるというサイン。

07.
常に感謝の気持ちを
忘れない

このことは、あらゆる面で役に立つ。何かを当たり前に思う気持ちが生まれなくなり、人生に深みと明るさをもたらすのだ。

Licensed material used with permission by YourTango
More content from YourTango:
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
ちょっとしたことでグラグラと心が揺れて、ひどい時は相手を疑ってしまうことだってあるのが恋愛ってもの。でも、こんな不安定な恋から抜け出したい時にこそ、本当の...
幸せな結婚生活を夢見ている人は多いと思いますが、実際はそう甘くはない。そんな目を逸らしたくなる内容の記事が「mindbodygreen」で話題になっていま...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
結婚カウンセラーのSheryl Paul氏は、多くの人が結婚に対して幻想を抱いているといいます。ここではそんなPaul氏が「mindbodygreen」で...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...
31歳にしてヴァージンを失いました。いい年して今さら…。だってなんだか怖くって…。結婚するまでしちゃいけないって思ってたし。イタイって聞いてたし。 でも一...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
だから嬉しい!だから苦しい!
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
ひとりの相手と半世紀ほど共に過ごすことになる結婚生活。そんなに長い期間一緒にいるのならば、「運命の人」と人生を歩んでいきたいもの。でもそれが誰かって、どう...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。でも、中には真実とは対照的な「有...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
「Thought Catalog」のライターJames S. Fell氏は結婚26年目。その大ベテランの彼曰く、離婚率が高くなった現代社会において、25年...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...