あなたとの結婚を考えている男性がする「7つの行動」

 

そろそろ結婚を考えはじめた男性って、あからさまに彼女への接し方が変わります。たとえば「I Heart Intelligence」のRobyn Reischさんが記事にまとめているような、こういう行動をとるようになるんです。

01.
「愛してるよ」と頻繁に言ってくる

「好きだよ」じゃなくて「愛してるよ」を頻繁に言えるのは、あなたのことを、1ミリの迷いもなく大切に思ってるから。

ロマンチックなムードのときしか「愛してるよ」と言えない男性には要注意ですけどね。ムードに流されて口が滑った可能性もあるし、ムードをつくるためだけに言っている可能性もあります。

もし、何度も言ってくれるようなら、そのことばを信じてOK。

02.
子どもの話題を
やたらと引き合いに出してくる

 

子どもの話題を出すのは、あなたと結婚した未来を思い描いている確実な証拠。

もし相手が、まだあなたとの結婚を考えていないなら、そういう発言はしないはずです。だって、勘違いさせてしまうだけですもの。

03.
自分の親友や家族に
会わせたがる

あなたのことを、自分が大切にしている人たちに紹介したがるのは、あなたもその大切な人のうちのひとりだから。この先も一緒にいたいと思っているから。あなたという人間のことを誇りに思っているから。

04.
あなたのことを楽しませるのに必死

あれこれ工夫してあなたをハッピーにさせようとするのは、とっても深い愛。きっと、もし結婚したとしたら、笑顔あふれる家庭が築けると思うんです。

でも、あなたも彼をしあわせにする努力を怠ってはいけません。彼のやさしさに甘えていては、いつの間にか愛想をつかされてしまいますよ。

05.
2人でゆっくり過ごす時間を
いつも楽しみにしてくれる

プレゼントを贈ったり、「今日も素敵だよ」と褒めことばを言うのは、べつに好きでもない相手にだってできること。だけど、2人で過ごす時間をできるだけつくる努力は、ほんとうに好きな人にしかできないこと。

06.
あなたのことを
なんでも知りたがる

自分に置き換えて考えてみてください。好きでもない、大切に思っていない相手のことを知りたいとは思わないでしょう?となれば、踏み込んだ質問をしたいとも思わないでしょう?

「この人のことを知りたい」とは、あなたへの興味・あなたへの愛・あなたへの思いやり、この3点が揃ってはじめて生まれる気持ちなんです。

07.
セックスの回数は減ったけど
手をつなぐ回数は増えた

 

ふたりの絆を深めるのは、セクシャルな行為以外にもたくさんあります。そのひとつが「手をつなぐ」ってこと。

夜寝るとき、外出するとき、などなど。前よりも手をつなぐことが増えたなあ、と思うのなら、それは、彼があなたをずっと感じていたいとか、ふたりの関係をまわりに見せつけたいと思ってる証拠かも?どちらにせよ、愛らしい!


 

アメリカで活動する詩人Criss Jamiはこう言っています。

運命の人と出会うために一生を費やす、というのはおかしなことです。
きっと、待ちくたびれて、妥協して選んだ相手と付き合うタイミングが訪れるでしょう。

でも、その相手と真剣に付き合っているうちに、だんだん運命の人であるかのように錯覚すると思うのです。

運命の人に出会うことより、いま側にいてくれるパートナーを運命の人に磨き上げることに、一生をかけるべきではないでしょうか。

もし、あなたが彼からのアプローチを心から喜べないのだとしたら、それは、運命の相手を探しているからなのかもしれませんね。
でも、Criss Jamiが言うように、生きているうちにあなたとドンピシャにマッチする運命の相手と出会える保証なんてありません。

もし彼が、いまは不完全な相手なのだとしても、すぐに「この人とは結婚しない」というジャッジを下してしまうのではなくて、まず、あなたが求める理想の相手に育てる努力をしてみてください。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
気象観測機器「Storm Cloud Weather Predictor」。雲の形をした容器の中にある結晶が天気によって変化するので、朝起きてカーテンを開...
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
付き合って9年目。そろそろ結婚も視野にいれはじめていて、相手にその気があるか確かめたい。でも、どうしたらいいか分からない…。と、困っているあなたにご紹介し...
言わずもがな、結婚は大きな決断。でも、彼のどこに判断基準を設ければいいんでしょう?ここで紹介するのは「Lifehack」ライターHenock Tesfaw...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
Your TangoのライターJillian Kramer氏は、女性の幸せについて書かれた書籍『Choosing Me Before We』の著者、Chr...
朝にやらなきゃいけないことや、考えないといけないことって、じつはたくさんあります。コーヒーを淹れたり、朝ごはんを食べたり、服を選んだり、今日の仕事のことを...
もともとは結婚願望がなくても、「この人だ」と思える相手といると、その願望は自然と芽生えてくるもの。「Elite Daily」のLaura Argintar...
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
今のパートナーとの将来に確信を持つためには、この5つの質問に挑むべき!と豪語するのは、「Elite Daily」のライター・Anjali Sareen N...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...