男性が「結婚を前提」に考えるのって、何歳からなの?

「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
 
グサッ……って、聞こえた。あれ、なに、この言葉、もしかしてタブーでした?
 
「あ、そういえばケーキ買ってきたよ」って華麗に話題を変えられたから、その明らかに引きつった笑顔、気づかなかったフリをして明るく「食べる!」とか返事してしまいました。
 
それ以来、『結婚』周辺のワードを出すことはやめて、あの胸の痛みはパンドラの箱へ押し込みました。
 
彼のことが大好きです。このまま隣にずっと居たら、結婚しようっていつかは言ってくれるのでしょうか?それって、何歳になったらですか?
 
Elite Daily」のTayi Sanusiさんが、ズバッと解説してくれました。

昔から変わらないことだけど、「若い頃は遊びまわりたい」と思う男性陣が、大多数を占めています。

そこで聞かずにいれないのが、「じゃあいつになれば真剣になってくれるの?」という質問。

「答えはこれだ!」と一概には言い切れないものの、せめて「過半数は、大体いつ頃真剣になってくれるか」くらいは把握しておきたいですよね。

私の周りでも「なかなか彼が真剣に向き合ってくれない」という悩みを抱える友だちが数人いましたが、お互いを思いやる気持ちにギャップがあるのって決していい気持ちじゃない、と思います。

そういう交際をしたくないからこそ、意図的に大人な男性をチョイスする女性も珍しくない。私だって、そのひとりです。

大人だからって真剣な交際をしてくれるとも限りらないけれど、彼らを同世代の子を比べると、その違いはまるで陰と陽。私は《20代後半〜30代前半の男性》を指していますが、果たして本当にこの年齢層の男性が恋愛に真剣になるのかを検証すべく、「Elite Daily」はThree Day Ruleでマッチメーカーを務めるMichal NaisteterさんとデートのエキスパートEric Resnickさんに答えを探ってみました。

『生まれ育った街』の傾向を、
知っておくことが大切!

Naisteterさん曰く、男性が何歳から真剣になるかは「文化」に大きく左右されるらしく、「住む街」はかなり大切なポイント。

僕はフィラデルフィア(ペンシルベニア州最大の都市)を拠点としていますが、28歳から真剣になる男性は多いですね。これがアメリカ全体の数値になってしまうと、本当に様々でどこに当てはまりそうかなんて、見当もつきません。」

「同年代の異性カップルはうまくいかない」という仮説の真相を探ってみたところ、女性の脳のほうが男性の脳よりも早く"成熟する"ことが発覚しています。

どれだけ大人な対応ができるかで、健全でバランスがとれた恋愛が育めるかというのは決まってくるので、「脳の発達」に関わる教育も、少なからず関係してくるのかもしれません。

26〜35歳
この9年間を、逃さないで。

男性は時間に余裕があるため、ある程度年を重ねてから恋愛に真剣になる傾向にある、とNaisteterさん。

デートのコーチをしていると様々な実例を目にしますが、30代半ばでようやく恋愛に真剣になる男性が多いです

このような結果が出ているものの、相反するこんな意見も。

「最近になって、軽い付き合い以上の関係を求める20代後半の男性も増えてきているんです」

このふたつの結果を組み合わせると、20代後半から30代前半が「理想の年齢幅」と言えるでしょう。

なかには、「年上の男性との交際にはちょっぴり抵抗が…でも恋愛も諦めたくないしなぁ」と思う女性もいるでしょう。

この記事から読み取ってほしいのは、何も妥協したり諦める必要なんてないということ。

Naisteterさんが言うように、予期せぬ瞬間に男性の体内時計が動き始める可能性だって十分にありえます。それに、ひょっとしたら相性が合う人に出会えてようやく秒針が動き出す、なんてこともあるかもしれません。

最後にResnickさんとNaisteterさんの両者ともが口を揃えたアドバイスは、「彼らの本当の心境が知りたいのなら思い切って聞いちゃいましょう」というもの。

パンドラの箱は、結局見て見ぬ振りをしていても仕方がない。わかってはいたけど、いざとなるとやっぱり怖すぎる……。

でも、こんな気持ちを抱えている時点で、何かしらのタイムリミットからは逃れられないんですよね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
20代は目を肥やす時間。30代はそこでの学びをもとに自分にあった判断が下せるようになる年代。ライターSuzanne McKenzieのこのメッセージ(「E...
インドドラマ「Pehredaar Piya Ki」は王家の血を引く9歳男子が18歳少女に一目惚れし、結婚前提・親公認の真剣恋愛をする物語。しかし批判殺到で...
30代なら特に考えたいことかもしれない。そして、結婚したいと考えている人ならなおさら慎重にいきたいところ。「Elite Daily」で紹介されていた、ある...
これは、20代半ば〜30代半ばのアメリカ人男性に聞いた「結婚しない理由」。日本人男性にも通ずるところは多々あるのではないでしょうか。あなたの彼も、じつはこ...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
香川・高松にある「プシプシーナ珈琲」は、自家焙煎のコーヒー豆店。プシプシーナはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンさんのお母さんが飼っていた猫の名前です...
「結婚すれば安定が手に入る」と考える人も多いかもしれませんが、果たして「安定」とはそこまで望ましいものなのでしょうか。まだいろんなことに挑戦できる、ある意...
20代前半から一生懸命打ち込んできて、当時はついていくのに必死だった仕事も、今では余裕を持ってこなせるようになった。そうしてキャリアを積んでくるほど……気...
30代は人生において活力に満ち、転機を迎える時期。フォトグラファーのStephaneさんとライターのAnneさんは、世界中の30代にフォーカスしてポートレ...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
女性ライターZara Barrieが、赤裸々に綴ったのは、自身の経験を元に書いた結婚観でした。めまぐるしい変化に追われながら30代になった彼女ならではの視...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
男子校で出会いが少なかった。特徴がないフツメンで、友だちにはなれても恋愛には発展しない。性格はいいけどね、と評価される。大学生になれば彼女ができると思って...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下だったり、大学生だったりする彼氏と付き合っているならなおさらですよね。きっと結婚なんてま...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
10歳以上年上の彼氏と結婚する際には、何か注意しておくことはないのでしょうか。前もって確認しておいたほうがよいことを知っていれば、年の差があっても安心して...
自分は20歳若い!ということで、69歳のオランダ人男性Emile Ratelbandさんが「49歳」を正式な年齢と認めるようにと訴訟を起こしました。
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...