【結婚のホンネ】恋人のうちに知っておくべき「結婚10の真実」

World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非、読んで欲しい内容。
ソーシャルブックマークサイト「reddit」の過去のスレッドに「カップルへ贈るイチバンのアドバイスは何ですか?」との質問が上がりました。2,000件を超える回答のなかから、Santillano氏が厳選した10人のメッセージ。結婚の理想と現実、リアルです。
shutterstock_165772163 (3)

たとえ、恋人と一緒に過ごした期間が長くても、結婚は勇気のいる“冒険”のようなもの。よく、「結婚は人生すべてを変える」なんて言葉を耳にします。彼らが言うには、結婚はある種「仕事」のようなもので、それが何を意味しているかなんて、あなたにはきっと判らないはずだと。
たった紙ぺら1枚と2つの指輪で、人生の何がが大きく変わるというのでしょうか?あるカップルは劇的に変わるかもしれません、またその逆だって。つまりは、それぞれのカップル次第。大きな期待感や人生が投げかける、変化球にかかっているのです。
結婚するにしても、ひとりの恋人と長い間一緒にいるとしても、恋愛関係で注意するべきことを知りたいだけだったとしても。あなたが知っておくべき、大切なアドバイスがここにあります。すでに結婚を経験した人たちから聞いてみることほど、真実への近道はありません。
この古い「Reddit」のスレッドが、既婚者をはじめ、すでに何年もパートナーと人生を歩んでいる人からのメッセージが込められていました。参考になるものも、心の底から勇気づけられるものも、ときには正直に、結婚の残酷さを伝えているものも。
shutterstock_143294011 (1)
01.「結婚して、夫婦共に過ごす時間は、思っているよりもロマンチックなものじゃない。だから、夫婦というよりも、親友って感覚でいるべき。でないと続かないから」
02.「説明がつくものは愛ではなく、“利益の交換”だと読んだことがある。彼女の美しい髪、完璧な笑顔、セクシーな体を愛するかもしれないけど、時とともにプロポーションは変化するし、人生はカーブボールを投げてくるからね。どんな変化にも対応できる自信がなければ、それは愛ではなく、ただの欲情さ」
03.「とにかく、恋人のうちにたくさんデートすることね」

shutterstock_36807868

04.「新しい肩書きができようと、同じ人だということを忘れないで。ボーイフレンドの癖が夫になったとたん、許せなくなったと関係が悪化する人もいる。『私たち結婚したのよ、もうそんなことしないで』肩書きに惑わされるのはよくあること。夫婦は一生寄り添うものと決めつけるから、重荷に感じてしまう。ガールフレンドの子供っぽい癖だって、妻になっても変わらないんだし」
05.「嘘をつかないこと。夫婦間のこじれは、嘘から始まることが多いからね。でも、大丈夫。真実を受け止められる関係なら、何だって乗り越えられるから」
06.「ケンカになったら、相手に理解されようとする前に、あなたが理解する努力を!」

shutterstock_174099602

07.「どんなに些細なことでも、感謝と愛情を忘れずに表現すること。ゴミを捨ててくれてありがとう。ダイニングルームのアレンジ素敵だね、今日もキレイだよ。そして愛してる…」
08.「何でもオープンに話しをする機会をつくり、自分をさらけ出すことをためらわないこと。一緒にお風呂に入るとか、ベッドの中で難しい感情的な会話をするとかね」
09.「カップル間での責任を、半々に分担するべきという考えは捨てたほうがいい。なぜって、お互いが100%の責任を担っているんだから。お互いにサポートするべき」
10.お互いに愛していると伝え合おう。会う度に、別れる度に、一日何度でも。手をつなぎ触れ合おう。考え、感情、冗談、飲み物、とにかく何でもシェアしよう。そしてお互い助け合おう。互いを最優先にして、ボトムアップではなく、トップダウンで妥協し、後悔しないようにしよう。与えることなく受け取ることは止めよう。小さいことを気にし過ぎず、たくさん笑って人生を楽しもう。

Licensed material used with permission by Vicki Santillano

「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
生き方や家族のあり方が多様化している今日このごろ。とはいっても「結婚」は、大きな決断のひとつ。できるだけ隠しごとは最小限に抑えた状態で踏み込みたいものです...
「結婚」この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思っちゃたら、一生後悔し続けるかも。「...
長年にわたり世界中の「お酢」を探求してきた専門家が語る、お酢の魅力。
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
「YourTango」のSteve Austinさんは、10年間の結婚生活を経てようやくうまく付き合っていく方法が掴めてきたそう。長く付き合っていくのなら...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
10歳以上年上の彼氏と結婚する際には、何か注意しておくことはないのでしょうか。前もって確認しておいたほうがよいことを知っていれば、年の差があっても安心して...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
体の内側からキンキンに冷やしてくれるデトックスウォーターの紹介です。
職業別、合コン。やったことあります?「Thought Catalog」のライターErin Cossettaさんがオススメするのは、ぶっちぎりでナースだそう...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
恋愛においての絆の深さは、一緒に過ごす「期間」ではなく、そもそもの「相性」にあるのかもしれません。2ヶ月ほどで今の旦那さんとの結婚を踏み切ったというライタ...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
しょっぱい出来事、甘い生活、酸っぱい青春、苦い思い出、渋い体験、辛い失敗……。人生は「旨い」ことばかりではありません。
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下だったり、大学生だったりする彼氏と付き合っているならなおさらですよね。きっと結婚なんてま...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...