「君とは、結婚できません」と決めた男たち。破局後は幸せなのか?

「結婚」


この言葉。あなたは幸せに感じる?それとも重く感じる?

自分の結婚式でも知り合いの結婚式でも「おめでとう」と周りから祝福されて、2人で最期のときまで暮らしていく。人生をともに歩いていける人に巡り会えたら、それは最高の幸せ。でも、たとえば相手が浮気していたり、どちらかの“心にシコリ”があったり。もしも、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった……」と、思ったら。

Elite Daily」で、愛についての多くの記事を書いているJen Glantz。今回は、結婚するのをやめた10人の男たちのその後を綴っている。彼らは幸せをつかんだのだろうか。


 

結婚式にゾッとする?
自分の「気持ち」を確認してみて。

結婚式の直前に、ものすごいストレスとプレッシャーを感じてしまう人もいる。式の直前まで考えて、「本当の気持ち」に気づいたなんてことも。

もしかしたら、あなたも結婚する準備ができていないと気づくかもしれないし、本当は相手を愛していないということに気づくかもしれない。 もしくは、相手が浮気していたり嘘をついていたり。自分を愛していないという現状を見つめ、冷静になることだって。 

家族や友人に結婚式をキャンセルするしようと言わないといけない。これは、一度は生涯を共にしようと決めた相手をもう見たくもないという事実に気づいてしまうのよりも辛いこと。

「結婚をやめたいから、結婚式も挙げられない」そう、自分がパートナーに電話で伝えるところを想像してみて。 悪夢を見ているようにゾッとした? そのような状況に直面した以下の10人がどのような行動をとったのか。読んでみたらちょっと共感できるかも。

01.
出会い系アプリに登録したよ。

ジョーイ(27歳)
人生とか結婚とか、けっこう夢見ていたんだけどもう疲れたよ。これからはもっと現実的になろうと思う。僕らの関係はしばらく悪化していて、結婚式はもはやお互いの我慢比べみたいになっていたんだ。しかも、最終的には失敗。

結婚式の一ヶ月前に別れることになって、その晩家に帰ってから出会い系アプリを3つダウンロードしたよ。それで、彼女と別れたつらい気持ちを早く忘れられたんだと思う。

02.
15年ぶりに泣いた。

6427082678599680

ヘンリー(28歳)
僕はあんまり感情を表に出すタイプじゃないから、最後に泣いたのは11才のときに祖父が亡くなったとき。僕にとっては父親みたいな存在だったから、ものすごく悲しかったんだ。

婚約者が浮気してたってわかったとき、本当に最悪だった。めちゃめちゃ泣いたよ。

03.
ラスベガスに逃亡した。

ブレット(28歳)
俺は結婚式から逃亡したんだ。ラスベガスへの片道切符を買って、そこで働いている友だちの家に転がり込んだんだ。

結婚式の一週間前、朝起きて、ふと思ったんだ。「ダメだ。いま結婚なんてできない」って。ただ、もうそれじゃダメだって思ったんだ。バカげた考えだって思うだろ?でもそんな気持ちのまま結婚するほうがもっとバカげているよ。

だからラスベガスに行ったんだ。2週間ほど、どこにいるのかは誰にも言わずにね。

04.
1年間、誰とも付き合わなかったんだ。

6310001735892992

トロイ(27歳) 
僕らの場合、お互いに「あんまり相性が良くないんだ」って気づいたから、結婚式を止めることになったんだ。僕もちょっと世捨て人みたいになっちゃって、何週間もアパートから出ずに、めちゃくちゃ太ったよ。

元婚約者は僕には合ってなかったわけだけど、またひとりになっちゃったのはつらかったんだ。みんな僕に他の女の子と付き合うように勧めてきたけど、結局また他の人と出かけたりできるようになるまで、1年かかったよ。

05.
新しいパートナーを見つけたよ、精神科医のね。 

5000495466807296

クレイグ(30歳)
僕のセラピストの名前は、ジェシカ。彼女は僕の母親くらいの年齢だけど、立ち直れたのは間違いなく彼女のおかげだよ。婚約までしたのに彼女が「あなたのこと、愛しているかわからなくなったの」と言って、結婚式の計画が崩れ去っていくのは、本当につらかった。

ジェシカは僕を立ち直らせて、もう一度元の生活に戻る手助けをしてくれたんだ。僕は半年以上、週に一度は彼女に会いにいってるよ。

06.
ミッション『彼女を取り戻す』が開始。

ドン(27歳) 
俺は本当に最悪の男だったよ。夜遅くまで友だちと出かけて、飲み歩いていたんだ。彼女のこととか、結婚式の計画とか、全部無視していた。何ひとつ手伝わなかったんだ。彼女から意見を聞かれたときも、俺はただ呆れた顔で彼女を見て、テレビの音量を上げただけだった。彼女のことを愛してないわけじゃなかったんだけど、テーブルクロスをどうするかとか、どうでもいいことだと思っていたんだ。

4ヶ月間婚約していたんだけど、彼女はある日荷物をまとめて出て行ったんだ。彼女は、結婚式も僕らの関係も全部終わりだって言ってた。そのときになって初めて、自分がどんなに身勝手で、好き勝手やっていたかに気づいたよ。それからは全力で彼女を取り戻すために動いた。3ヶ月かかったけど、最終的には彼女も考え直してくれたよ。

07.
結婚式はやめて、2人で駆け落ちすることにした。

4902626852339712

ポール(32歳)
他のやつが言わないことを教えてやるよ。「結婚式はストレスだらけだ!」。本当に人生のありとあらゆる問題が浮き彫りになってくるんだよ。俺の母親が結婚式を仕切りたがって、みんなとケンカし始めたんだ。

結婚式なんて2人の関係の邪魔でしかないし、自分たちが良くない方向に変わっていくと思ったから、俺らはもう結婚式関連のことは全部やめることにしたんだ。2人の関係に向き合うことだけを考えることにした。それから1年くらいして、駆け落ちしたよ。そのほうがずっと簡単だったからね。

08.
両親と一緒に住むことになった。

 

サム(29歳)
婚約者だった彼女と同棲していたから、彼女に別れを切り出されたら、行くところがなくなったんだ。なんで彼女が別れたがったのか、僕には全然わからないよ。僕たちは6年も付き合っていて、婚約して2ヶ月だった。彼女は突然、別れたいって言い出したんだ。ふさわしい男じゃなかったのかな。

住む場所がなくなったから、両親のところへ引っ越したよ。1年経ったけど、僕はまだ子どもの頃に使ってたツインサイズのベッドに寝ているよ。

09.
仕事を辞めて、全部捨てた。

 
5930902957850624

セス(26歳)
僕は、結婚を決めるには若すぎるって思ったんだ。24才で婚約したんだけど、当時の僕はマーケティングアシスタントとして働いていて、シカゴに住んでいた。そして、自分の人生が窮屈すぎるって感じていたんだ。だから、全部をリセットすることにした。彼女との関係も、仕事も、契約していたアパートも、全部捨てた。それから荷物をまとめてバックパックを始めたんだ。4ヶ月間、ひとりでタイを旅行してきた。それはもう、大革命だったよ。

10.
恋に落ちた…犬と。

4889662761992192

ニック(33歳)
犬は良き友だよ。とくに婚約者が浮気ものの嘘つきだってわかったときには、最高だね。だから僕は、犬を飼うことにした。こんなに恋に落ちたことは、いままで一度もなかったよ。

Illustration byオザキエミ
Licensed material used with permission by Elite Daily

【TABI LABOのsarahahができました】
 
・TABI LABOでこんな記事が読みたい

 ・こういう記事が好き

 ・何か聞きたいこと、伝えたいこと
 
などなど、匿名でポチッと受付中です。こちらからどうぞ!
男性はどんなときに結婚に踏み切ろうと思うのでしょうか?プロポーズを決めた男性12人の答えを、『Elite Daily』のRachel Shattoさんがま...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
世界中のビールファンを熱狂させるデンマークのクラフトビアバーが渋谷に復活Mikkeller Tokyo〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目19-1...
「SON OF THE CHEESE」「BY ME STAND」「Sober」など数々の注目のファッション&スポットをプロデュースする東京カルチャーの体現...
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
ある人は言いました。「準備をしないことは、失敗に備えているようなものだ」と。「Elite Daily」の既婚者ライターJasmine Vaughn-Hal...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
「恋は盲目」という言葉通りに、どんな事でも許してしまいがち。でももし今の彼にこのような特徴や性格があれば、将来の結婚は考え直して、別れを決断した方が良いか...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
あぁ、なんで男性ってこんなに女性のことわからないんだろう?男ってみんなこうなの?と思っている女性のみなさん。今度から理想の男性のチェック項目に「姉妹がいる...
付き合いはじめてもう◯年、年齢的にもそろそろ結婚を意識する時期だけど…。「本当にこの人でいいの?」と、なかなか決断に踏み切れないのも事実です。そんなときに...
結婚式の写真は一生残るものだから、痩せようと決心する女性は多いと思う。が、もし他人から押し付けられたらどうだろう?そもそも自分でその必要性を感じていなかっ...
自慢の一張羅を着るおじいちゃん。お気に入りのアクセサリーを身につけるおばあちゃん。シニア向けクラブ「The Posh Club」に参加している人たちは、年...
左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたい。でも、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声を...
「Elite Daily」の男性ライターPaul Hudson氏が紹介しているのは、幸せで長続きするカップルに共通する12のコト。いつもすぐに別れてしまう...
昨今、結婚に重きを置く若者がグンと減ってしまっているのは、アメリカでも日本でもとくに「ミレニアル世代」に関しては共通しているよう。だから「I Heart ...
幸せな結婚生活を夢見ている人は多いと思いますが、実際はそう甘くはない。そんな目を逸らしたくなる内容の記事が「mindbodygreen」で話題になっていま...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
結婚を決意するのってどんな時?何が決め手になる?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。男性には、“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく...
日本では紙一枚で婚姻関係が結べないゲイのカップルが、家族や友人だけでなく、メディアを読んで「人前式」を行いました。ゲイ同士の結婚が、世の中にどんな意味や影...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...