元宝飾店スタッフが語る、結婚指輪にみる男性のホンネ。

結婚に際し必要となるモノといえば、真っ先に思いつくのは「指輪」でしょう。左手の薬指にはめるリングは、やっぱり一生大切にしたいし。

そんな大切なアクセサリーですが、何から何まで自分の希望を込めたい女性に対し、「買ってくれる男性の身にもなってほしい!」と、声をあげる人物がいます。Kylie Stigar-Burkeさん、彼女もともとは、宝飾店のスタッフ経験を持つライター。あんまり聞く機会のない男性サイドの意見を、現場目線で伝えてくれています。

真剣な眼差しの奥にある
オトコたちの“不安”

294ea827e5c4212f0b9a31a1a29963fefa0a3f60

宝石店の1日とは、おそらく想像する通り。人が入ってきては高価なネックレスやイアリングをじーっと見つめて、口座の残高を確かめて、出口へと向かう。

その行為が繰り返される1日の中で、決まって私に深く印象を与えるのは、婚約指輪を購入する側の男性の方。

彼らが私の注目をさらうのは、いつもほかでは見たことのないような目つきをしているから。その目は興奮で彩られているものの、金銭面や将来面から生まれる不安が入り混じる。その目つきこそが、私の結婚への概念を変えることとなったのです。

指輪選びに参加できないオトコたち

Fd2dc339f161e47887934d82f09a0d8bf2b157e9

私の周りの子も大抵「理想の結婚式」を隅から隅まで思い描いています。Pinterest上で着たいドレスを全てデザイナー別で分類し、ケーキはフレーバーごととデコレーションごとの両方でそれぞれ分け、指輪もわんさかまとめてある。

私たちがそれに見るのは「未来」かもしれないけど、男性の目に映るのは「出費」。私たちが「楽しみ」と感じることに、彼らは少しばかりの「がっかり」が浮かぶのかもしれません。

だって、彼らは“指輪選び”に参加できていないから。一緒に選んでいる感覚がまったく生まれないのです。指輪くらい選んだっていいじゃない(一生夢見ていたわけですし)と軽く考えているかもしれませんが、彼らにとってこの指輪は人生の大きな決断を意味するのです。ならば自分だって意見したいはず。

だから婚約の話が出たら即座に「夢見る指輪」の写真を彼に見せまくるのはやめてあげてください。せめて「エメラルドカットのダイアモンドがついたホワイトゴールドの指輪」など特徴だけに留めておくこと。

指輪は一度きりじゃない

887acf7cd37591499f31f3b7065806f9fb96c5e0

それに、あなたの「夢見る指輪」の値段をよく見てみてください。「100万するけど、一生ものよ」なんて言うかもしれませんが、それは彼の予算を遥かに越えていませんか?

彼もそこまで予算外の提案をされてしまうと、婚約手前から期待に応えられないことに悔しさを覚えてしまうでしょう。大きな希望を出されてしまうと、数万する指輪しか買えない事実を口にするのも、はたまた結婚の話題を切り出すことにも足がすくんでしまいます。

じつはほとんどの夫婦は、結婚生活の間で結婚指輪の買い替えをします。たとえば記念日などでもっと高価で豪勢な指輪を買っていくカップルを私は見ています。すでに持っている指輪に装飾を加え、お店に置いてあるどの宝石よりも輝かしい指輪をまとうカップルもいます。

私も以前、お店で70歳になってようやく夢見た指輪を買える、と喜ぶ老夫婦に出会ったことがあります。大事なのは指輪の見た目ではなく、一生を過ごしたいと思える相手に出会えたことの方。きっと人生のどこかで、ゴージャスな指輪に出会える日がきます。

結婚を「理想を叶える機会」としてみないこと。それでは逆に特別感が薄れてしまいます。本当に彼と結婚したいのなら、ふたりのことはふたりで決めること。

それに、夫婦生活の第一歩となる場所で働く私から言わせてみると、彼はきっとウェディングのプランニングになりやまない興奮を抱えていますよ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
結婚指輪といえば、プラチナ。婚約指輪といえばダイヤモンドが定番。最近は日本でも「指輪を買わない」という人が増えていますが、そうは言っても多くの女性にとって...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
「お互いの足りない部分を補い合える」結婚相手の条件として、このポイントを重視する人もいるかと思います。が、実はそんなあなたにピッタリの結婚指輪がありました...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
途切れのない輪の形から、「永遠」の象徴とも言われている指輪。婚約指輪や結婚指輪はとりわけ、特別な意味を持ちますよね。完全な輪になっている指輪が多い中、オー...
今年4月に公開されてから2か月余りで動画再生回数300万回越えを達成した、話題のカップルがいます。オーストラリア在住のAnnaさんがプロポーズされて一番驚...
結婚式の夢は日々の恋愛を表していることが多いのですが、その意味は見た人の置かれている立場や心理的状況によってがらりと変わります。ひとり身の未婚で結婚願望が...
カリフォルニア州の山火事で、自宅を失ったDonさんとJulieさん夫妻。真っ黒に焼けてしまった家から2人は、結婚指輪を見るけると、DonさんはJulieさ...
「この人が運命の人だ」。 そう思ったら急に、彼もそう思ってくれているかな?いつプロポーズしてくれるかな?サプライズもいいけど好みの指輪かな?などなど、いろ...
そもそも「マヨありき」の味付けになっちゃっていたのかもしれません。
「彼女にすべて内緒のプロジェクトだからね。ドキドキしたよ」。画家のJared Heidenさんは、恋人Rachelさんへのプロポーズを地平線の見える気球の...
Jarviciousさんが、恋人に内緒でコツコツつくっていた手作りの指輪がとてもよくできていると話題になっています。どうやら、学生時代にジュエリー作りやメ...
みんなには、ぜったい内緒だよ?
よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
「もう、ほんとに大好き結婚したい!」って勢い余って口にしたら、すっごく微妙な反応をされました。
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
若いうちの恋人選びは「可愛ければいい」「ライバルがいるほうが燃える」なんて理由だったとしても、大人になるにつれて、内面的な部分やさりげない思いやりに目を向...
睡眠時無呼吸症候群をチェックするために、「Go2Sleep」は開発されました。指輪型のデバイスをつければ、ありとあらゆるデータを集めて、分析してくれるそうです。
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「結婚」と聞くと、どのような印象を持ちますか?真っ白なドレス、神聖な教会、愛し合うふたりの前に立つ証人、ピシっと決まった花婿に可愛らしい花嫁…結婚式のイメ...
結婚は◯◯歳までに──。こんなライフプランを描いているのは、何も女性だけではない。こう「Elite Daily」の記事で主張するのはライターのDan Sc...
「結婚=幸せ」なんてシンプルに考えたいところですが、「めでたし、めでたし」を手に入れるためには、たくさんの試練があります。「Elite Daily」の既婚...