なんで私たちは、一緒になれないの?「不完全な指輪」

途切れのない輪の形から、「永遠」の象徴とも言われている指輪。婚約指輪や結婚指輪はとりわけ、特別な意味を持ちますよね。

完全な輪になっている指輪が多い中、オーストラリアの人たちが、繋がっていない「不完全な指輪」を左手の薬指にはめ始めました。

そこに込められた意味とは?

真ん中で途切れた指輪

一部分が欠けてしまっている、不思議な形の指輪。永遠の象徴であるはずの輪っかが途切れています。

Acceptance(受け入れる気持ち)が、欠けているんじゃないかしら」

結婚の平等を訴える
Acceptance Ring

「Acceptance Ring(受け入れる気持ちの指輪)」と名付けられた、不完全なリング。実はこれ、「一人ひとりが繋がっている世界」をミッションに掲げるAirbnbが発表した「結婚の平等」を訴える指輪でした。

オーストラリアでは、まだ同性婚は法的には認められていません。三分の二もの国民が「誰もが結婚できるようにすべき」と考えているにも関わらずです。

その制度は、この指輪と同じように不完全なものである、ということを表現しているのです。

「この隙間を埋めないといけません」

どんな人も
パートナーと結婚できるように

「私たちが」

「私の親友が」

「私自身が」

みんなが結婚の平等を獲得できるまで、この指輪をはめ続けるという人々。こうして「受け入れる心」の輪が広がっていきます。

こちらの指輪はe-bayで販売中ですが、日本への発送は行っていないようです。

でも、自分でカスタマイズした画像をSNSでシェアすることで、ムーブメントに参加することもできます。このメッセージに心が動かされた人は、Airbnbの特設サイト「Until we all belong.」を覗いてみてください。

Licensed material used with permission by Airbnb

関連する記事

最近聞かない日はないともいえるジェンダーの話。この記事では、LGBTQの意味やLGBTQへの取り組みについて紹介していきます。
北アイルランド議会は今月13日より「同性婚」を認める法律を施行した。初めて認められる見込みの同性婚カップルは、バレンタインデーあたりで結婚式を挙げる予定だ...
LGBTに関する法整備で世界に大きく遅れをとる日本。そんな状況でも、企業が婚姻の平等に賛同するメッセージを発信することは、社会を変える大きな力になるという。
オーストリアで「Siri」と「Alexa」の結婚式が挙げられました。多くの人に見守られながら、誓いの言葉を述べ、2人は“婦婦”と認められることに。AI同士...
シングルオリジンのカカオ豆とオーガニックのきび糖だけでつくる、Bean to Barチョコレートの専門店「ダンデライオン・チョコレート」が新たに開発したプ...
今から20年前の2001年4月1日、オランダは世界で初めて同性婚を認める法律を可決した。世界で初めて正式に結婚した同性婚カップルのヘルト・カステーゲルさん...
オーストラリアで同性婚に反対する団体は、IT'S OK TO SAY “NO” (ノーという意見表明をしてもいいのですよ)という意見広告を掲げた。それに対...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
ネイティブアメリカンの社会には、LGBTQの人たちに対する差別はなかったようです。彼らがどのようにジェンダーを捉えていたのか、人と違うことを理解していたの...
4月5日、「Starbucks Coffee Korea(スターバックス コーヒー コリア)」は、2025年までに全店で使い捨てカップを廃止すると発表。使...
6月26日、アメリカ合衆国最高裁判所が、同性婚の権利を正式に認めた。今後全ての州で同棲婚が認められ、結婚で得られる税控除などの権利を所有できるようになる。...
完璧にというには程遠いが、ジェンダー不平等は解消されつつある。カリフォルニア州バークレー市は、単語に含まれるジェンダー差までもなくすつもりだ。
オーストラリアの議会で、ある男性議員は同性のパートナーにプロポーズ。ちょうど、同性婚を合法化する法改正案を審議しているところでした。答えは「YES」。議場...
アメリカ国内では、同性婚の合法化が進んでいる。2014年の10月7日、アメリカにおいて新たに6つの州で同性婚が合法化することが決まった。新たに加わったのは...
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
結婚指輪といえば、プラチナ。婚約指輪といえばダイヤモンドが定番。最近は日本でも「指輪を買わない」という人が増えていますが、そうは言っても多くの女性にとって...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
なくしてしまったはずの結婚指輪が、奇跡的に見つかった。天にも昇るよろこびを経験したのはMary Gramsさん。畑で農作業中に、薬指にはめていたはずの指輪...
この「Arranged」という名のゲーム。いわば、すごろくです。遊びながら南アジアの女性問題、結婚問題を実感させるボードゲーム。いったい、どんなものなので...

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
古今東西、竹を有効活用した製品は数多くあります。しなやかで丈夫な素材の特性を活かした自転車フレームもそのひとつ。アフリカ各国でつくられ、海外へと輸出される...
イタリアのデザインスタジオ「Formafantasma」のウェブサイトがリニューアル。古きインターネットを彷彿とさせる文字だけのデザインに称賛が集まってい...
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
9.11を機に、国を守ろうと戦地へ向かった若い兵士たち。彼らは現在退役兵として暮らしているが、生きる目的を見出だせずにいた。そんな中、1人の元軍人が、アフ...
今年の「国際女性デー」にイギリスのフローリスト「Interflora」が男女の格差を“赤” と“白”のバラで表現したキャンペーンが話題となっている。
自然界の存続に実は多大な影響を与えているハチがいま、絶滅の危機にさらされています。捨てれば捨てるほどハチを救える「紙」が、世界ではじめて開発されました。