「肩出しトップス」で登校後、着替えた妹に姉がとった行動とは?

アメリカ・カンザス州に住む13歳の少女が、お気に入りの服を着て学校へ行きました。裾が広がりレースがついていて、肩が大きく開いたピンク色のトップス。「可愛い!」と思って着ていったのに、これが思わぬ展開に。

 服を着替えた少女
姉が見せた「対処法」

学校へ行くと、「胸と肩が出すぎている」と指摘され、結局お気に入りの服を脱ぐことになってしまった少女。それを知った姉のイザベラさん(18)は妹に着替え用のTシャツを手作りしました。けれど、これはただのTシャツではなく、妹の着替えに抗議するイザベラさんの思いが書かれています。

ドレスコード(服装規定)は:

ー若い人の体を性的な対象としてみることを促している
ー見る人がどんな考えを持ち行動をしても、それらの責任を
 着ている人に負わせることになってしまう
ーレイプカルチャーを続けさせてしまう
ーばかばかしい

イザベラさんは妹が着替えをしなければいけなかった事に対して、真っ白なTシャツを使って抗議。肩が大きく開いた服を着てきた少女の姿を見て、先生もハラハラし、異性から色目を向けられることを心配したのかもしれません。けれどイザベラさんは、服を変えなければいけない理由がそうだとしたら、それに従うという事は男性が女性をそのように見るのが当たり前で、女性がそれを受け入れて我慢するということ。そんなことは認められるべきじゃないと訴えたかったのです。

Twitterで反響も
意見は賛否両論

「よくやったわ!あのピンク色の服は妹さんにとっても似合ってる。不適切なことなんて何もない。良い手本ね!」

「ドレスコードには賛成しないけど、もし自分の娘が13歳だったら、あのような服は着ていないだろう。学校に任せておきなさい。あの服は襟ぐりが深いよ…」

イザベラさんの投稿には約6,000人が「いいね」をし、3,000人近くの人がリツイートしました。集まったコメントは、彼女を応援するものがほとんどでしたが、自分の娘だったらなどと言って、反対する意見もありました。しかし、そのようなコメントに対してもイザベラさんはこう答えます。

「あなたの娘さんのためにも考え直してみてください。肩が見えているから『襟ぐりが深い』と言って不適切だとみなすということは、娘の体を性的な観点から見ているということ。娘さんに教えてあげるとしたら不適切だと言う代わりに、もしこれが男の子たちの気を紛らわせることになっても、それはあなたのせいじゃないと教えるべきだわ

また、イザベラさんは、「女性をもっと敬うべき」とも訴えました。

普段、無意識のうちに行動したり発言していることは、社会問題にも繋がるということに気付かされる出来事でしたね。

Licensed material used with permission by Isabella Rossellini
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
さまざまな社会問題を、ポップで奇抜な「デザイン」と顔から離脱した口元に書かれている「シンプルな主張」によってオーディエンスに訴えかけるアート作品が話題。
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
ギリシャで初となる女性大統領が誕生する。選出されたのは、エカテリニ・サケラプルロ氏。政治の要職に就く女性がほとんどいない、という現内閣への批判も当選の後押...
作家/ジャーナリストの佐々木俊尚が「昆虫食の聖地」として話題の東京・日本橋にオープンした昆虫食専門レストラン「ANTCICADA(アントシカダ)」で「最先...
カナダが使い捨てプラスチックの禁止を発表。早ければ2021年にも実施予定です。まずは、レジ袋やストローなどの禁止から検討。今後、具体案を広げていきます。
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
米国「アーカンソー大学」の研究者は、カフェインが問題解決とブレインストーミングの2つの実行能力にどう影響するのかの研究結果を発表。その結果はカフェインは問...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
宮崎県・延岡市は、総面積のおよそ80%が山林だという。いまそこで問題になっているのは、誰にも整備されていない「放置竹林」だ。
「おやつ」をテーマにしたイベント「ほぼ日のおやつ展。」が、渋谷PARCO8Fのギャラリースペース「ほぼ日曜日」で、1月16日〜31日まで開催。出店するのは...
「フードロス(食料廃棄)」と聞くと、ピンとこなかったり、深刻な問題に聞こえる人もいるでしょう。でも、この問題を楽しく取り上げようとしている映画があります。...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
世界がもし1つの国だったら─。そんな理想を追求した動画がある。しかし中を見てみると、実は現代だからこその深刻な問題が浮き彫りとなった。一部の人々に偏る富・...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
ニューヨークの犬用洋服ブランド「between two naps(2回のお昼寝のあいだ)」の新作は「首元を保温してくれて、いつでもお昼寝できるように」との...
2020年12月29日、中国のIT企業に勤めていた23歳の女性が急死しました。毎日のように続いていた長い残業のせいで。この不幸なニュースは一気に同国で話題...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
10月2日、インドのモディ首相は国民向けの演説で、2022年までに国内における使い捨てプラスチックの使用を全面的に禁止するよう訴えた。
姉の失敗を見ながら育つ妹は、言ってしまえばお得なポジション。そんなの不公平!と思うことも多いかもしれませんが「妹なしで、今のあなたはいない」と、ライターの...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...