「エジプト版ウォーリー」を探せたら誇りに思うべき理由

イギリスで出版され、その後世界中で愛されている『ウォーリーをさがせ!』。子どもの頃、豆粒サイズの彼を一生懸命探した人も多いのでは?しかし、ここで紹介したいのは「エジプト版ウォーリー」。しかもただ探すだけではありません。深いメッセージも込められています。

なぜエジプト?メッセージ?考える前にまずはトライしてみてください。

以下3枚のイラストの中には、ウォーリーの代わりに「女性」がいるそうですが、あなたは見つけられますか?

ヒントは左上

さあ次も。諦めないで!

そこまで
難しくあるべきではない

実はこれらのイラストは、海外の広告代理店が日本人イラストレーターと共に、UN Women Egyptの運動としてウォーリー風に作り上げたもの。エジプトでは女性が労働人口の23%しかいない、という事実を風刺しているのです。1枚目はテクノロジー業界、2枚目は政治、3枚目は科学分野の様子が描かれていて、これら3つは、将来的に特に状況が改善されそうな分野とのこと。

さらに、それぞれのイラストの右下を注視してみてください。こんなメッセージが書かれています。

テクノロジー/政治/科学で女性を見つけることは、そこまで難しくあるべきではない。 平等のため、皆で一丸となって取り組もう。

この運動に携わった広告代理店のFiras Medrows氏からもこのようなメッセージが。

「労働人口の中で女性の割合はとても低いですが、この問題は未だにほとんど注目されていません。このように時間を費やして見る広告を作ることで、この議題への関心を高めたいのです」

見つけられましたか?

(1枚目の答え)

どうでしょう。見つけられたあなたはもしかすると、男女が平等に働くということに対して理解が深いのかも?ちなみに私は答えを見ながらでも時間がかかりました…。

このプロジェクトには、絵本『迷路探偵ピエール』を出版した「IC4DESIGN」という日本のデザイン事務所も関わっています。4/1(土)〜4/14(金)の間、広島市中区袋町8-18「ref.(レフ)」にてイラスト展を開催中。

Licensed material used with permission by Salt & Water design studio, DDB DUBAI and IC4 DESIGN
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
エジプトの古代都市メンフィスの市長だった人物の墓で見つかったのは、なんと約3,300年前のチーズ!世界最古のチーズとみられています。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
もっと愛犬や愛猫との旅がしやすくなるように。そんな想いから、デルタ航空がアメリカ国内線にて、ペット専用のケージ「CarePod」を提供し始めている。
8月初旬、Xboxを開発したゲームデザイナーでもある物理学者Seamus Blackley氏がツイートしたパン作りの様子が話題に。そのパンに使われている酵...
みんな大好き『ウォーリーを探せ』。群衆に紛れた赤白ボーダーのメガネくんを探す。世界中の老若男女を虜にするそのシンプルすぎるミッションは、ときに我を忘れるほ...
ごはんとパスタと豆、これらの炭水化物を一皿で食べる。世の“低糖質”の潮流に逆らうかのようなこの組み合わせは、エジプトに実在する国民食の「コシャリ」。なんで...
ギリシャで初となる女性大統領が誕生する。選出されたのは、エカテリニ・サケラプルロ氏。政治の要職に就く女性がほとんどいない、という現内閣への批判も当選の後押...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
「ローランド」が開発した「TAIKO-1」は、叩く強さや位置で音色を変化させ、さらには異なる種類の太鼓や拍子木、ほかの楽器の音まで奏でる電子和太鼓。
ミルクをコーンスターチで固めた、エジプトを代表するデザート「マハラビア(メハラビア)」。現地で食べる味は濃厚でクリーミー、かつ大脳皮質を揺さぶるような強烈...
漫画『王家の紋章』には、古代エジプトにタイムスリップした主人公が腕の骨を折り、治療を受けるシーンがあります。約3,000年も前に骨折治療なんてできたのか、...
8月2日、サウジアラビアで「男性保護者」の許可がない女性のパスポート申請を認める国王令が公布された。21歳以上の女性は、父親や夫などの男性親族から許可を得...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
地獄の底から這い上がってきたようなバケモノの姿をしたウォーリーやドナルドたち。これは、デジタルアーティストのWil Hughesによる作品で、彼がもともと...
「東京メトロ」と「富士ゼロックス」が共同開発した個室型のワークスペース「CocoDesk(ココデスク)」が、2月20日より、明治神宮駅、溜池山王駅、池袋駅...
NPO法人「True Animal Protein Price(TAPP)」が今月5日に発表したレポートによると、肉製品は環境や健康維持にかかるコストを反...
2014年に設立された「eXXpedition」。クルーは女性のみで編成され、海洋プラスチック問題の注意喚起とその解決策を模索している。
ワーキングホリデービザを取得できるとして、海外で働きたいと考えている人が注目しているカナダでも、移民・難民の権利に関する問題は未だに根絶できていません。
2019年8月、ミラノやユトレヒトなどに建設される住宅「垂直の森(Bosco Verticale)」のデザインを手がけた建築家ステファノ・ボエリが、カイロ...
テクノロジーが進化し、どんどん便利になる今日この頃。目新しいアイテムも魅力的ですが、一方で「昔ながらの知恵」に立ち返りたくなることもあります。たとえば、消...
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
女性の活躍が進んでいるとはいっても、人数としてはまだまだ男性の方が多い政治の社会。もしもそれが、逆転したら?そんなイラストを公開した「College Hu...