カラダを張って調査した「クラブ内セクハラの実態」

86%のブラジル人女性が、クラブでセクハラを受けたことがある。

女性の権利向上を狙うブラジルのNGO団体「Think Olga」が、ショッキングな調査結果を公表しました。

男性には敬意をもって女性と接してほしいというメッセージを伝えるために、彼らはシュウェップス社と協力して、タッチセンサー付きのドレスを作りました。そして、実際に女性がクラブで男性にどのくらい体を触られるのかを検証することに。

ほぼ1分に1回
体を触られる

5303174931939328
© 2018 Ogilvy Brasil

3人の女性が特注のドレスを着て、サンパウロのクラブに潜入しました。

3時間40分を過ごした結果、体を触られた回数は平均157回。ほぼ1分に1回のペースでセクハラを受けていることが明らかになりました。

しかし……

5301303399940096
© 2018 Ogilvy Brasil

「一体どんな人が木曜日の夜にダンスを目的にしているんだ?」

こうした意見も動画では見られました。

女性はダンスを楽しみにクラブに行ってはいけないのか。オシャレのために好きな服を着てはいけないのか。

撮影されたのはブラジルですが、日本でも会社やバイト先、電車内でのハラスメントの事例が多く見られます。しかし、周囲の反応を恐れて声を挙げられない被害者が多く存在するのも事実。

被害者がSOSを出しやすい環境をつくること。ハラスメントをする人が自らのふるまいを見直し、相手に敬意を示した接し方をすること。これらの心がけが性的被害を根絶するためには大切なんだ、と気づかされる動画です。

Licensed material used with permission by Ogilvy Brasil
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが、昨今のセクハラ問題について思うこと。
とあるサッカークラブが発表した両親へのメッセージが、全米で大きな反響を呼んでいます。本人たち以上に親が熱を上げ、過剰な期待が子どもたちへのプレッシャーに…...
去る1月18日、イギリス政府はクラブやバー、パブ、ライブハウスの存続をサポートするために、ある声明を発表しました。その背景には「ユニークなイギリス文化を守...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
そもそも、普段使いのバックパックに「どれだけ防水性を求めているか」という話はあります。が、それはさておきです。
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
米大物映画プロディーサーのセクハラ・性的暴行疑惑、あの大物女優アンジェリーナ・ジョリーらも被害を受けていたとして、世界中に騒動が広がり注目されている。そん...
一見簡単そうに見えますが、実はスゴイ!と話題になっているゴルフの動画があります。パンパンパン!ボールを的確に打つ男性に話題沸騰無数に並ぶゴルフボールを、2...
ハリウッドの大物プロデューサーが、長期に渡り女優に性的な嫌がらせをしていたニュースが連日報道され、女性に対するセクハラや性暴力の問題が今再び議論されている...
セクハラ被害で辛いのは、加害者からの心ない嫌がらせであることは言うまでもない。しかし、それだけではない悲しい現実がある。声をあげたところで、周囲から受け入...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
1930年から70年頃にかけて閉鎖されていったパリの地下鉄のホームの数々。どれも歴史の深い建造物ばかりのようですが、閉鎖されたままにしておいたらもったいな...
美意識の高い人々からインスピレーションを受け、「どんなにカッコイイシーンでも、一般人がするとどうなるのか」をコメディアンのCeleste Barbeが、カ...
例年、受賞者や女優らの華やかなファッションで注目をあびるゴールデングローブ賞。けれど、先日行われた第75回の授賞式は、過去のものと比べてまったく異なる式と...
女性に対する性的犯罪があとを絶たず、大きな社会問題となっているインド。政治家の「夜中にで歩かなければ被害にも遭わない」という発言に対し、反発が集まり、SN...
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
Netflixオリジナル『ナルコス』のシーズン3の配信が9月1日より始まりました。その広告として作られたのが、コカインを利用したもの。人気すぎて、設置され...
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
古今東西のカルチャーについて独自の視点から好き勝手に論じる『ジェフの勝手にカルチャー論』。Vol.44
チュール生地や刺繍など見た目からして、やわらかさを感じるドレスで女性のカラダを包み込む。「Paolo Sebastian」がInstagramで公開した写...
7月8日に開催された欧州最大のLGBTのパレードとも言われるロンドン・プライド・パレード。7月20日に行われた組織調査によると、マイノリティ人種のLGBT...
昨年、クリスマスイブイブ(12月23日)にジョー・バターンのライブを観てきた。ラテンミュージックは、クリスマスにバッチリ合うことを知った。ラテンといえば思...
女性にとって必需品の生理用は、毎年大量のプラスチックごみとなって排出されます。この問題を解決するために、世界初の「再利用できるタンポン」が開発されました。
男性が女性をナンパをしているところを見かけることがあります。そんな状況にうんざりしたNoa Jansmaさんは、自撮りを通して、世の男性にあることを訴える...